時事・社会

ニューヨークタイムズが “What the Future May Hold for the Coronavirus and Us?”(コロナウイルスと私たちの未来は?) という記事を載せていました.そのダイジェスト版のDeepL翻訳です.「ワクチンは入院や死亡を防ぐのに非常に効果的であるため,今年の冬は壊滅的な状況にはならないかもしれません」「来年以降のパンデミックの経過を予測するのはさらに困難」「科学者たちは,ウイルスとの間に“不穏な平衡状態”に達するだろうと予測しています」

パンデミックがいつまで続くのか? 世界中の人びとが知りたい近未来といえますが,科学者たちにとっても未来予測はなかなか困難なようです. ニューヨークタイムズが “What the Future May Hold for the Coronavirus and Us?”(コロナウイルスと私たちの未…

elderberryとして広く知られているニワトコ.「ハリーポッター」にでてくる魔法の杖(「死の杖」「宿命の杖」)は,ニワトコでできている---- 別の見方をすれば,欧米でelder treeを知らない者はほとんどいないということ.日本では古事記,万葉集にニワトコの古名「やまたづ」が登場し,迎えの枕詞として使われます.万葉集では古事記の伝承をもとにした衣通王の詠んだ歌として紹介されています.ここで言う「古事記の伝承」は,兄妹の道ならぬ恋を描き,最終的には自死してしまう悲しい物語.

欧米では,elderberryとして広く知られているニワトコ. セイヨウカンボク - Wikipedia セイヨウニワトコの実はジャムからサプリメントとして利用されているようですが,最近では「Elder Wand ニワトコの杖」の名前がよく知られていますね. 世界中で大ヒッ…

飲み薬「モルヌピラビル」米緊急使用申請についての記事三つ(一部抜粋)を掲載します.緊急使用を許可すれば,新型コロナウイルスに対する飲むタイプの抗ウイルス薬としては世界で初めて実用化されるもの(NHK). ▽60歳以上の人や,肥満,糖尿病,心臓病を持つ若い人が対象 ▽妊娠中のひとは服用できない.(New York Times) レムデシビルと同様,ヌクレオシドアナログであり,RNAの構成要素の一部を模倣した薬剤. "致死的変異誘発 "によりウイルスを死滅させる(Nature).

新型コロナウイルスに対する初めての飲み薬(モルヌピラビル)がメルク社で開発され,アメリカFDAに認可が申請されたとの報道がありました. 現在のところ,重症化リスクの高い軽症〜中程度の患者に向けた薬としての申請で,入院や死亡のリスクを50%低下さ…

各国の人口当たりの新型コロナウイルスによる累積死者総数のデータを,COVID-19 Data Explorer - Our World in Data からお示しします.パンデミックは世界を襲いましたが,人口100万人当たりの死者数が国毎にこれほどまでに大きく異なってくる(3人〜 5986人/100万人). 何がそうさせたのでしょうか?

昨日,新型コロナウイルスの世界の感染状況を話題として取り上げ,COVID-19 Data Explorer - Our World in Data から幾つかのデータをまとめました. yachikusakusaki.hatenablog.com 昨日のグラフ・表とは別に,各国の人口当たりの累積死者総数のデータもま…

改めて現在の世界と日本の新型コロナウイルスの感染状況を見てみましょう.世界の感染者総数は,2億3千万人を超え,更に増え続けています.日本は百七十万人.世界の感染のピーク第5波は下がりつつありますが,下げ止まる気配も.日本の第5波は従来にない感染拡大でしたが,驚異的なスピードで収束していきました.ワクチン+国民一人一人の感染対策の徹底の効果と思われます. 世界の死者数は減り始めていますが,東欧,北米は高いレベルで推移.日本は,感染の収束に伴い,死者も急速に減少してきています.

1日の日本の新型コロナウイルス感染者数は,今年に入って最も少なくなり,死者も急速に減っています. 第6波があることはほぼ確実と言われているものの,ここで一息つけることは嬉しいかぎり. 今日は,改めて現在の世界と日本の新型コロナウイルスの感染状…

新型コロナウイルスに対し,独自路線を貫いたスウェーデン.昨冬のアルファ株の拡大と共にロックダウン以外の様々な規制を取り入れ,最近ようやく規制解除.スウェーデンの現状について,ニューヨークタイムズが報じています.5月のBuzzFeed Japanの記事と合わせて掲載します.日本政府が取ってきた対応とマスクをのぞいて「ほとんど同じ」? 「他のスカンジナビア諸国よりも劣っていたが,より厳しい規則を持つヨーロッパの近隣諸国とほぼ同じ結果」に対し,封鎖されずに済んだことで、人々はかなり満足.

新型コロナウイルスによるパンデミックに対し,ほとんどの西欧諸国がロックダウンを交えた対策をとってきたのに対し,独自路線を貫いたスウェーデン. 当初は「集団免疫の獲得を目指している」とも報道され.注目されていましたが,昨冬のアルファ株の拡大と…

新型コロナウイルスをゼロにする戦略をとってきたニュージーランド.しかし,昨日10月4日,このゼロコビッド戦略を見直すことを表明しまた.ニューヨークタイムズの記事をDeepL翻訳で.デルタ株の感染力の強さに加え,「社会から疎外された人貧しい人たちの間での感染を認識しきれなかった」ことがゼロコビッド戦略の放棄につながったようです.患者数,死亡者数を抑え,市民生活の制限も最小限に抑えてきたニュージーランド.日本共々,With Coronaの生活へ,大きな破綻のない移行ができますように.

新型コロナウイルスをゼロにする戦略(ゼロコビッド,elimination strategy)をとってきたニュージーランド.感染者を押さえ込み,同時に市民生活の自由も享受してきました. しかし,8月に入ってデルタ株の感染者がみつかり,オークランドを中心に7週間のロ…

緊急事態宣言が解除になりましたが,コロナ前の日常に戻れるかというと,そうでもなさそうです.最も気がかりなことの一つが,ブレークスルー感染.初めから,ワクチンの効果が100%でないことは分かっていたこととはいえ,ワクチンをうって一安心した後の現実としては厳しいものを感じます.それでも,ワクチンには効果があるとしているイギリスとアメリカの報告記事を掲載しておきます.しかし,それにしても東京都のブレークスルー死亡者数は多すぎる気がする----英米の報告の一体何倍なのか?

緊急事態宣言が解除になり,ワクチン接種も先行国の仲間入りした日本.これで,コロナ前の日常に戻れるかというと,そうでもなさそうですね. 最も気がかりなことの一つが,ブレークスルー感染. ワクチンを規定回数うったとしても感染や重症化が全て抑えら…

最近急速にワクチン接種を進めてアメリカの接種率を超えたマレーシア,日本,そして韓国.ニューヨークタイムズが,何故急速にワクチン接種が進んだのか、アジアのワクチン接種の状況をレポートしています.「ワクチン接種が遅れていたアジアでは,どのようにしてワクチン接種が行われているのか? 現在,いくつかの国では,国民への完全なワクチン接種が米国を上回る勢いで行われており,より恒久的な日常生活への復帰への期待が高まっています」New York Times

第5波が収まりつつあり,緊急事態宣言も解除になりました.一人一人の行動抑制,そしてワクチンの力と思われます. 日本のワクチン接種は,順調に進み,接種率ではアメリカを追い抜き,驚きの目をもって見られています.ただ,日本のみが突出して急速にワク…

コロナ禍の中,行動制限を緩和する仕組みとして提言されているワクチン・検査パッケージ.例えばワクチン証明もしくは検査陰性証明で飲食店やライブハウス等への入場を許可するなどが考えられているようです.ワクチン証明/検査陰性証明の提示方法,使用する場等も含めて全て未定の状態ですが,BuzzFeedの記事は,「分かりにくい」検査陰性証明の部分の解説に充てられています.

ワクチン接種が進むに従って、これまで我慢してきたことができるようにしようと提言された「ワクチン・検査パッケージ」. ワクチン・検査パッケージの動向は|薬事日報ウェブサイト https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/taisakusuisin/bunkakai/dai7/vacc…

「国連総会ではワクチン格差が議題となった.接種完了者が1%に満たない貧困国がある中,先進国で進む追加接種は必要か.必要だとして,いつ,誰を対象にすべきか.感染予防と重症化予防の両面を考え合わせる必要がある」青野由利(毎日新聞) まさにその通り.しっかり議論を積み重ね,それを生かした決定を願うばかり.とはいえ,ワクチン接種を受けるのは国民.少しでも理解し,納得して接種を受ける必要があるでしょう.今日は,ブースター接種に関連した科学誌Natureの記事の抜粋を掲載しておきます.

新型コロナウイルスのワクチンの接種が進む一方で,接種を終えて2週間以上たってから感染が確認される,いわゆる「ブレイクスルー感染」が報告されています. こうした中,世界ではワクチンの効果を高めようと接種が完了した人を対象に,3回目の「ブースター…

「自粛してください.家にいてくださいとなっても,そもそも家が精神的に安全な場所という前提がない人たちも一定数いる」「社会とか経済の損失以上に,文化と精神的なものも救っていただきたいと思います」「そもそも,なぜ夜がだめなのかっていうところ.時間帯として制限されて,完全に夜8時から働いている人たちの居場所を奪う政策だったなっていうふうに強く感じています」「医療がひっ迫した場合,僕らの仲間の難病の方々は,果たして救ってもらえるんですか」 NHK新型コロナ 市民と専門家の緊急対話

「歌舞伎町の研究をしていて,そこで働いている方々に話を伺う機会が多いんですが,当事者たちの気持ちは『すごくスケープゴート(身代わり)にされている』という部分があったと思うんです. 満員電車と人数は同じくらいなのに,夜の時間帯でなぜコロナが区切…

気になるデータ四つ 其の2 ③自粛の度合いに変化(昨年4月の緊急事態宣言のときと比較):『変わらない』54.0%,『当時より自粛するようになった』26.6%.『当時ほど自粛しなくなった』19.4%. ④コロナによって増えたであろう自殺者 3分の1ぐらいは,コロナによって経済的な困窮による.残りの3分の2ぐらいはこれ以外の理由,つまりコロナによって誘発されたかもしれない社会的なひずみによって亡くなっている.

昨日視聴したNHKの番組二つで,気になるデータが放映されていました. 番組は,首都圏ニュース.そして録画してあった「NHKスペシャル 新型コロナ 市民と専門家の緊急対話(9月19日放映)」. 昨日のブログでは,前半の二つについて記載しました. ①「今回の…

気になるデータ四つ 其の1 NHK首都圏ニュースから ①「今回の第5波で,先月以降,自宅療養中に亡くなった人はこれで49人になりました」 東京都では,8月中に「自宅などで亡くなった人」の内,112人が新型コロナウイルスに感染していたことが,警察庁の調べで分かっています.新型コロナの集計値からは警察庁の数字は抹殺されていく? ②「2回の接種後に亡くなった人はことし7月19日以降,都が把握しているだけで50人になりました」多すぎます.治療を受けられなかった?

9月22日は,NHKの番組を見ていて,気になる数字・データが満載の日でした. 番組の一つは首都圏ニュース9月22日から二つ. もう一つは,録画してあった「NHKスペシャル 新型コロナ 市民と専門家の緊急対話(9月19日放映)」中のデータ二つです. (1) 首…

mRNAワクチンに関するNatureとNew York Timesの記事二つ. (1)COVID-19との戦いで科学者たちを武装させた技術は,科学・数学分野で最も高額な賞である300万ドルのブレイクスルー賞5件のうち2件を受賞しました. 1つはメッセンジャーRNAと呼ばれる遺伝物質を細胞内に持ち込む方法を開発した生化学者.もう一つの賞は,次世代シーケンシング技術を開発した科学者. (2)Covidワクチンが幼い子供たちに強い免疫反応を促したとファイザー社が発表

昨日に続き,mRNAワクチンに関するNatureとNew York Timesの記事二つを引用します. Natureの記事は,ブレークスルー賞(ブレイクスルー賞 - Wikipedia)に関わって書かれたもの. 科学/数学の業績に対して贈られる最高額(300万ドル)の賞として知られ,今…

「新型コロナウイルスのワクチンについて,厚生労働省は3回目の接種を行う方針を決めました」 3回目の接種により感染予防効果・重症化予防効果がともに大幅に高まるというイスラエルのデータが一流の医学誌NEJMに掲載されたこともあり,この流れは当然のようにも思われますが--- 話しはそれほど単純ではありません.「3回目接種の効果がいつまで続くのかは全く分かっていない」「重症化予防は2回で十分」「ワクチンが不足している途上国などでの接種を進めるため、少なくとも年末までは追加の接種を行わないようWHOが呼びかけ」

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を行う方針を厚労省が決めたとのこと. (例えばNHKの記事は ワクチン“3回目接種”実施へ 時期は?対象者は?最新情報まとめ | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース :とても良くまとまっているので,最下欄…

中国,オーストラリア,ニュージーランド,シンガポール,台湾は,国境を閉鎖し,入国を許可されたわずかな人々を厳しい検疫にかけ,内部的には,ロックダウンなどの制限を用いて感染爆発を早期に鎮めました.その結果,住民はほぼ通常の生活を送ることができたのです.この“zero COVID” strategyを採用した国は,「一般的に,緩和策を選択した国よりも良い結果を出しています」.しかし,感染力の高いデルタ型の拡大,国境閉鎖による経済的負担,ロックダウンの疲労,ワクチンなどが,均衡を変えつつあります.Science

新型コロナウイルス感染によるパンデミックに対し, 「“zero COVID” strategy ゼロCOVID戦略」 (「 “elimination” strategy 排除戦略」) をとってきた国々があります. 中国,オーストラリア,ニュージーランド,シンガポール,台湾 です. このブログでも…

「自宅などで死亡の新型コロナ感染者」8月は250人.感染による死者のうち,4人〜5人に1人は医療を受けられず,自宅に放棄されて亡くなったことになります.政府・地方自治体はどのような備えをしていたのか? 管首相は実績を誇っておやめになるのではなく,この250人の死者に心から詫びた上で官邸を去って欲しいと思います.また,東京都の小池都知事は112人の「自宅などでの死者」など,「オリンピックの成果」に比べれば大したことないとお考えなのでしょうか?

8月,「自宅などで死亡の新型コロナ感染者」が250人に急増したとの報がテレビ・ネットに流れました. (年代別内訳:50代が74人,70代41人,60代40人,40代34人,80代28人,30代23人,20代5人,90代4人,10代1人) (都道府県別:東京の112人が最も多く.埼…

「管さんとコロナ」(毎日新聞 土記 青野由利)は,”根拠のない楽観”で感染状況を読み誤った一連の対応をとがめ,新政権には「よりよい未来のために最悪を想定した対応力」を望むという内容.根拠のない楽観の具体例は 1. GoToトラベル停止の提言を無視. 2. 「ワクチン接種さえ進めば生活は元通り」イメージ. 3. 「人口の4割がワクチンを1回接種すれば,感染者の減少傾向が明らかになる」(記者会見).”根拠のない楽観”を後押しするために,政権は時には怪しげなデータを作っていました.つい最近も.

私が土曜日に楽しみにしている記事に,毎日新聞の青野由利さん(専門編集員)の「土記」があります.自然科学に弱い日本一般メディアの記事の中では出色.短い文章にまとめる力にも感服しています. その「土記」の昨日の記事は「管さんとコロナ」. 管首相…

ワクチン接種回数(人口当たり)で,日本はアメリカに追いつこうとしています.多分,今日明日のうちには追い抜くでしょう.日本も大したものと思ってしまうかもしれませんが,世界から見るとこの両国は決して「ワクチン最先行国」ではありません.先行国集団の最後尾といったところでしょうか.ワクチン接種が進んでも,規制を取り払ってしまうと,感染者が急増し,同時にワクチンを受けていない人を中心に死者も増加してしまうことが,アメリカ,イスラエル,イギリスで明らか.日本は新しいステージに向かってこれからが正念場.

日本のワクチン接種回数が,人口当たりにすると,アメリカに追いつこうとしています. 多分,今日明日のうちには追い抜くかと思われます. (現時点での接種速度:日本は100人当たり約1回/1日,アメリカは100人当たり約0.2回/1日) COVID-19 Data Explorer -…

東南アジアの新型コロナ感染拡大が続き,世界の自動車産業への影響が深刻になっています.マレーシアを除いて,人口当たりの1日感染者の数字は驚くほどのものではありませんが,余りの急激な感染拡大,そしておそらく医療体制の不備もあって,厳しい制限の長期化を余儀なくされています. そしてこれらの国々の多くはワクチン接種が遅れたことも感染拡大と死亡者増加に歯止めがかからなくない大きな要因の一つと考えられています.

「トヨタ,9月に世界で4割減産へ 東南アジアからの部品供給が不足」 これは,2021年8月20日付けBBCニュースの見出しです. https://www.bbc.com/japanese/58277673 東南アジアからの部品供給不足の原因は,新型コロナウイルスデルタ変異株の急速な感染拡大.…

「このパンデミックの数少ない光明の一つは,子供たちが比較的助かっていることです」もし子供たちが次々と倒れるようなことがあったなら,現在のパンデミックは何十倍も悲惨なものとなっていたでしょう.「何故子供たちが重篤化しにくいか?」に対する最も有力な答え: “子供たちがCOVID-19に対抗できた理由は,病原体に対する洗練されていないけれど迅速な反応である自然免疫反応にあることが,研究によって明らかになりつつあります” Nature

世界をおおう新型コロナウイルス(COVID-19). 「このパンデミックの数少ない光明の一つは,子供たちが比較的助かっていることです」(Kawsar Talaa,the Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health in Baltimore)(Nature) 本当にそうですね. も…

何回か今まで取り上げた「ワクチン接種先行国の感染者・死者について」を改めて整理するため, 欧州主要国・アメリカ・カナダ・イスラエル・日本を比較しました.大幅に出遅れた日本ですが,アメリカに追いつくところまで接種回数を伸ばしてきました.日本よりかなり先行してワクチン接種を進めた国々は,一旦,感染が収まったかに見えました.しかし,び急上昇する国(スペイン,イギリス,等)と感染者が抑えられたまま推移しその後緩やかに上昇していく国(イタリア,スウェーデン等)に分かれていきます.

今日も小雨交じりのとても涼しい1日でした. 夕食後,パソコンに向かって,まずチェックするのはやはり気になるCobid-19. 昨日は人口100万に当たりの死亡者の各国比較のデータを整理して掲載しました. 今日は,何回か今まで取り上げた「ワクチン接種先行国…

新型コロナウイルスによる死者は,ほぼ一直線に上昇し世界で455万人.日本も増え続けて 16,279人.今日は人口100万人当たりの死者数を比較しました.新型コロナウイルスによる被害を最も大きく受けている国々,何とか被害を食い止めている国々がよりはっきり見えてきます.最も被害の大きい国々は南米(ペルーは世界一)・東欧諸国.続いて西欧・アメリカ.そして中東.東南アジアはデルタ株の被害が深刻.オーストラリアは完全に押さえ込めるか正念場.ほぼ完全に押さえ込んでいるのが台湾,ニュージーランド,中国.

今日も雨模様に1日. 日曜日恒例の買い出し,常備食の準備等で,1日が終わりました. ブログの題材を考えても思いつかず--- またCobid-19に. 世界の死亡者がどれぐらい増えてきているか,まとめてみました. 昨年一月に初めて死者が報告された新型コロナウ…

「さらにワクチン接種が進めばしばらく感染者数は減少する可能性が高い.それは社会全体で接触も減って,なおかつワクチンで免疫を得ることとの掛け算の結果」「一時期減少していたとしても,その恩恵は期間限定のものなのです. 問題は,その時にどうするのか,です」「(3回目接種については)具体的な計画をする前から私たちのこの感染症に対する向き合い方や考え方の姿勢自体を見直した方がいい」“どんな社会を選ぶのか,経済学,人文学の専門家も交えて合意形成を” 西浦博 by 岩永直子 BuzzFeed

前回,前々回に続いて,BuzzFeed岩永さんによる西浦博さん(京都大学)へのインタビューの第3回 「ワクチンだけでは流行を抑えられない」 西浦博さんが国民的な議論を呼びかける理由 岩永直子 https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-nishiura-2…

第5波の感染拡大が,減少の様子を見せ始めています.西浦京大教授によれば 「総合的にみると、今の状態が続けば、感染者の減少はさらに続くと判断していいと思います」とのこと.なぜ感染者は減った?西浦さんが最もありそうだと考えているのは”仮説1:リスク認識による自粛と緊急事態宣言での接触減+ 仮説2:ワクチンの普及.「私権が制限され、経済的な影響も甚大である対策を打たずに済む可能性が出てきたのは、本当に良い兆候だと思います」

第5波の感染拡大が,減少の様子を見せ始めています. 西浦京大教授によれば 「総合的にみると、今の状態が続けば、感染者の減少はさらに続くと判断していいと思います。もちろん,接触が増えると感染者数は増加します。」 https://www.buzzfeed.com/jp/naoko…

防災の日の9月1日.感染者は150万人を超え,死者は,東日本大震災に迫る1万6141人.大災害です.そして,今も「未経験規模の感染続いている」ことは疑いない.「自分や家族の命を守るために必要な行動」がこれからも必要.とはいえ,朗報も.日本全体の感染者数にはピークアウトの様相がみえ,西浦京大教授も,この減少は見かけのものではなく,本当に減ってきているとしています.今後の予断は許せませんが.

9月1日は防災の日. 関東大震災から98年,東日本大震災から10年の今年, 日本は新型コロナウイルス災害のまっただ中. 感染者は150万人を超えました. 「新型コロナ 国内感染150万人超える “第5波”で加速度的に拡大」 https://www3.nhk.or.jp/news/html/2021…

死亡率2%で重症化率も高い新型コロナウイルス.同時に忘れてはいけないのが,いわゆる遅延症.小規模な研究は,かなり集まってきていますが,実態は不明な部分が多く残されていました.しかし,最近,中国のかなり大規模な研究報告が医学雑誌Lancetに発表されました.遷延する症状として挙げられているのは,疲労感,筋力低下,睡眠障害,味覚や嗅覚の変化,めまい,頭痛,息切れ/呼吸困難,不安,抑うつ. 入院歴のある人では「1年後でも49%が何らかの症状が続いている」というのは驚きです.

世界で2億1641万人が感染し,450万人の死亡者が報告されている新型コロナウイルス. 多くの感染者が無症状〜軽い症状で済むため抑え込むことが困難な一方,死亡率2%で重症化率も高いという手強いウイルス. 同時に忘れてはいけないのが,いわゆる遅延症(…

何とかおさまってほしい!願いが通じたのか--- 拡大のスピードは鈍化しはじめ,9月初めにはピークアウトとの予想も.感染者がたとえ減少に転じたとしても,高レベルで推移すれば,病院の逼迫度は増し,「在宅療養」の厳しい状況も易々とは解消されない.死亡者の数もしばらく増え続けるのでしょうが.とはいえ,この先,この第5波がおさまり,ワクチン接種が更に進めば,「新型コロナとの共存」の新たな局面に.近未来は「極端に変わることがない」ものの,予防接種率が高い社会ではより早く抜け出せるとのこと.

今までにない,感染拡大の危機的な状況が連日伝えられています. 「先月12日から始まった4回目の緊急事態宣言。しかし、人出は思うように減らず、感染は拡大、首都圏を中心に医療体制は危機的な状態になっている」 WEB特集 なぜ言葉は響かないのか | NHKニュ…

新型コロナウイルス 世界の感染者数は2億人を突破して,まだまだ増え続けています.上昇が顕著なのはアジア.デルタ株の猛威に曝されています.一旦上昇が止まってきたかに見えたヨーロッパ・北アメリカが再び上昇する気配 。一方, 世界の死亡者は400万人を優に超え,こちらも減少の気配がありません. 一筋の光明は,ヨーロッパ,北アメリカの死亡者が抑制されてきたこと.ワクチンの力でしょう.国・地域別では,日本の新規感染者は世界第6位!ただし,人口当たりでは54位.

朝の水やり. 休憩中のトカゲ君発見.全く動く気配なし.朝から休憩中? とても暑い日が続きます. 水やり以外は,食事の支度.他に何もする気にならない1日でした. ブログをまとめる気力も湧かず. 日々覗いているOur World in Dataから,世界の新型コロナ…