草花/樹木/作物/季節・ガーデン

江ノ島の植物  快晴の昨日,江ノ島へ.のんびりするのが目的の第一でしたが,江ノ島の植物の写真を撮ってきたので,その一部をご紹介します.現在の江の島サムエル・コッキング苑はかつては「江ノ島植物園」と呼ばれていて,「江ノ島の植物」は決して的外れなテーマではない----

今日は暖かな1日でしたが,やや曇りがち. 一方,昨日は快晴. 仕事もなかったので,久しぶりに江ノ島へ行ってきました.のんびりするのが目的の第一でしたが,江ノ島の植物の写真を撮ってきたので,その一部をご紹介します. 江ノ島といえば: 海,ヨット,…

サクラウツギ  サラサウツギと間違えて購入して4年目.なかなか魅力的な花です.来客にも珍しがられてかなり好評.アジサイ科ウツギ属の植物で,学名Deutzia × hybrida 'Strawberry Fields’.D. longifolia と D. discolor の交配種で英国王立園芸協会ガーデンメリット賞を受賞した品種とのこと.

わが家では,今,二種の”ウツギ”が咲いています. 一種は一昨日初めて花を開いたバイカウツギ. 大好きな花です.属としてはバイカウツギ属になります. もう一種は,サクラウツギ. サラサウツギと間違えて購入して4年目.なかなか魅力的な花です. 鉢植え…

鎌倉材木座海岸まで散歩の道すがら,出会った花たちの名前をチェック.各ご家庭・お店の前に飾られた花たちの種類は豊富. 多くが園芸用に海外から入ってきたものですがかわいらしい花たち.わが家ではバイカウツギが開花しました.

昨日の夕方の散歩は,鎌倉材木座海岸まで.途中おんめさま(大巧寺)などに寄り道しながら. 紫陽花が咲くまで目立つ花は少ないのですが,各ご家庭・お店の前に飾られた花たちの種類は豊富. 多くが園芸用に海外から入ってきたものですがかわいらしい花たち…

カキツバタ3 ほとんど見ることができないのかな, あったとしても,今年は咲き終わっているだろう, などと勝手に想像していたカキツバタ.思わぬところで,今日で会うことができました.鎌倉鶴岡八幡宮平家池のほとりに紫の花.近寄ってみると,明らかにカキツバタでした.周りになにもないところに一群となって咲く姿は風情を感じさせてくれます.

一度は間近でみたいと思っていたカキツバタ. ハナショウブに追いやられてほとんど見ることができないのかな, あったとしても,今年は咲き終わっているだろう, などと勝手に想像していたのですが--- 思わぬところで,今日で会うことができました. 関西の…

カキツバタ2  あやめより少し早く開花するというカキツバタ.清少納言はこの花にやや批判的でしたが,燕子花図はこの花無しには描かれなかつたでしよう.短歌の世界でも万葉集から近世に至るまで短歌の歌題として詠みつがれてきています. かきつばた扇つかへる手のしろき人に夕の歌書かせまし 与謝野晶子

今年は,何とかカキツバタを間近で見ようと思い立ったのですが--- かきつばた(杜若・燕子花)1 yachikusakusaki's blog 遅すぎたようですね. わが家のアヤメは今日の雨と暑さが効いたのか,一つの花も見えなくなりましたが--- 大和市自然観察センターのホ…

かきつばた(杜若・燕子花)1  実は,まだ間近にカキツバタを見たことがありません.今年こそはどこかで--とは思つていますが.「アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培された」「日本原産」とされるカキツバタ.アヤメ(花あやめ)と異なつて,万葉集,古今集でも詠われています.杜若衣(きぬ)に摺りつけますらをの着そひ猟(かり)する月はきにけり 大伴家持  か: からころも き: 着つつなれにし つ: つましあれば は: はるばる来ぬる た: たびをしぞ思う 在原業平 

5月はアヤメ,カキツバタの季節.といっても,カキツバタを近くで見たことのない私. Iris laevigata - Wikipedia ハナショウブを中心とした菖蒲園で見ることができるのでしょうか?多くは,より華やかなハナショウブ中心のようにも思いますが--- 実はまだ菖…

今日もまた,別の友人が,私が初めて見る植物を届けてくれました. ウグイスカグラ.赤い実が魅力的ですが,画像で見るかぎり花もなかなかかわいらしいようです.赤い実は食べることができる! スイカズラ属とのこと.花も実も,色が違うだけでかなりスイカズラに似ているように思います.

昨日初めて月見草と待宵草に会うことができたと喜んでいたら-- 今日もまた,別の友人が,私が初めて見る植物を届けてくれました. ウグイスカグラ. 月見草,待宵草は,名前だけは聞いたことがありましたが,鶯神楽は名前も初めて聞く植物. 赤い実が魅力的…

夕方,友人のお宅でツキミソウとマツヨイグサ(オオマツヨイグサ?)を見せてもらいました.月見草は会うのは初めて. ワスレナグサ同様,名前も素敵で花も可憐.いい植物たちです.アメリカから来た花とのことですが--- 花の可憐さに加え,夕方になったら開いて,朝には終わってしまう. そして,月見草は夜になると花の色もピンクに変わる. そんなところが,日本人の心を捉えたのでしょうね.私も惹かれます. いい名前をつけてくれた先人に感謝.

5月はアヤメの季節. そして,もう一つ忘れてはいけないのがウツギ. 一週間ほど前から,サクラウツギが咲き始めました. 散歩の途中でもアヤメ属の植物,ウツギ属の植物と出会います. 野生化したキショウブが川に.そしてマルバウツギも半分野生化した姿…

アヤメ,ハナショウブ,カキツバタの季節.世界中で愛されているアヤメ属の植物を大まかな系統樹と主な種を集めてみました.どれだけ見分けられるか?私は全く自信がありません.見分け方はネット上で沢山見るのですが--- 花の形がユニークで,「アヤメ属だ」とすぐに分かるのですが,種の名前となると----

わが家ではアヤメが真っ盛り. 鎌倉海蔵寺では,水辺にハナショウブ,カキツバタ(はっきりとは見分けられませんが)も開花していました. わが家のジャーマンアイリス,ダッチアイリスは開花が遅れていてまだ咲いていません.手入れが悪いので今年は咲かな…

昨日は鎌倉海蔵寺へ.やや地味ながら優しい花たちにあうことができました.白い花たち:マルバウツギ,ヤブデマリ,バイカウツギ,セッコク,そしてハナショウブ(多分).池に咲く紫色の花はおそらくカキツバタ.

今日は曇のち雨という1日でしたが,昨日は晴れ.鎌倉海蔵寺まで行ってきました. やや地味ながら優しい花たちにあうことができました. 山門手前のお宅に,白い花.おそらくマルバウツギ. 脇門横の紫陽花に似た花,ヤブデマリ. かなり大きく育ったバイカ…

おんめさま(大巧寺)の小径を夕刻訪れると,黄色い小さな花に出会いました. マンシュウキスゲとのこと.黄色の美しい花です. ワスレグサ属の花で,同属には,よく知られたニッコウキスゲ(ゼンテイカ),ヤブカンゾウ,ノカンゾウなどが含まれます.ウィキペディア情報によれば,広義の「ワスレグサ」は,ワスレグサ属の植物全体を指すとのこと.このマンシュウキスゲもワスレグサと呼んで間違いではないことになる?

連休の鎌倉.混雑を避け,おんめさま(大巧寺)の小径を夕刻訪れると,黄色い小さな花に出会いました. マンシュウキスゲとのこと. 黄色の美しい花です. ワスレグサ属の花で,同属には,よく知られたニッコウキスゲ(ゼンテイカ),ヤブカンゾウ,ノカンゾ…

鎌倉おんめさま(大巧寺)でシャリンバイに出会いました.見過ごしてしまいそうな植物ですが--- フランスの「ゴブラン織」,イランの「ペルシャ絨毯」と並び世界三大織物に数えられる大島紬.この大島紬に必須な「泥染め」の染料として世界的にも名前が知られている!知りませんでした.植物分類としてはビワに近いバラ科シャリンバイ属の植物.

連休の鎌倉は,人出が半端ない状態.しかし,集まる場所は限られていて,一歩外れれば,また,時刻を少しだけずらしさえすれば,休日をゆったり楽しむこともできます. 私が訪れたおんめさま(大巧寺)もそのような場所. ただ,春も終わって,咲いている花…

庭の菖蒲(あやめ)が開花しました.私の感覚ではアヤメは初夏を代表する花.今日は「あやめ」を詠んだ歌をいくつか取り上げます. ただし,古歌では「あやめ」といえば,今のショウブをさすことがほとんど.  五月雨に水まさるらしあやめ草末葉(うれは)隠れて刈る人のなき 源実朝 //  風の音たえたる庭に光と影あつめつつそよぐ文目草(あやめ)ひとむら 宮柊二

アヤメが咲きました. 例年並みの開花日かなと思います.そして,アヤメが咲くと「もう春は終わった」と感じます. 5月は暦の上では夏.今年の立夏は5月5日. ただし,5月は「初夏であって」「夏ではない」という矛盾したイメージを持っていますが. (…

鎌倉安養院は北条政子ゆかりの寺として知られ,またツツジのお寺としても名が通っています.バス通りに面した垣根に満開のツツジが! 今の時期ツツジの花で埋め尽くされています. 「ツツジがこれほど大木になるとは!」というのが第一印象ですね. 夏早く至れる山や草叢にはげしく紅き躑躅の静まり 宮柊二

昨日とは打って変わって昼前から雨の鎌倉. つつじを訪ねて,安養院まで行ってきました.小さなお寺ですが,北条政子ゆかりの寺として知られ,またツツジのお寺としても名が通っています. 安養院 - 鎌倉市観光協会 | 時を楽しむ、旅がある。~鎌倉観光公式…

青空の下,鎌倉英勝寺から亀ヶ谷切通を抜けて東慶寺まで散策してきました.英勝寺は,先日蕾だった白藤がまさに見頃.白い花穂とかぐわしき花の香に囲まれ,至福の一瞬を体験できます.連休中の鎌倉ではイチオシといっていいかもしれません.亀ヶ谷の切通は,古の鎌倉を偲ぶことができる気にさせてくれる行程.東慶寺. 今見頃の花は特にありませんが,新緑を堪能でき,また,鎌倉の清らかな空気を存分に味わうことができます.

連休2日目.またとない青空の下,鎌倉英勝寺から亀ヶ谷切通を抜けて東慶寺まで. 英勝寺は,先日蕾だった白藤がまさに見頃. 棚の下に身を置くと,白い花穂とかぐわしき花の香に囲まれ,至福の一瞬を体験できます.連休中の鎌倉ではイチオシといっていいかも…

午前中小雨の中,由比ヶ浜まで散歩. 海はウィンドサーファーがかなり出てはいましたが,浜には親子連れ,若いカップルがチラホラ見えるだけ.帰路,お店の前のキンギョソウの鉢植え. 美しく咲きそろっていました.「金魚草」とはとても言い名前だと思います. 英名のsnapdragon(口を広げてぱくりとかみついた龍の姿に例えたもの)より金魚草に軍配を挙げたいですね.

連休初日は雨. 午後からは本降りになりましたが.午前中小雨の中,由比ヶ浜まで散歩. 海はウィンドサーファーがかなり出てはいましたが,浜には親子連れ,若いカップルがチラホラ見えるだけ.寂しいと言えば寂しい景色ですが,雨に霞んで水色に曇った景色…

「百花王」「花の王」と称される牡丹.牡丹の語源・名称,文化史,文学,等まとめてみました. 牡丹散ってうちかさなりぬ二三斤 蕪村   白牡丹といふいへども紅(こう)ほのか 虛子  わが春の二十(はたち)姿と打(うち)ぞ見ぬ底くれなゐのうす色牡丹 与謝野晶子   近よりてわれは目守らむ白玉の牡丹の花のその自在心 斎藤茂吉

鶴岡八幡宮のぼたん園では,早くも牡丹が見頃になっていました. https://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2022/04/27/235253 豪華さから「百花王」「花の王」と称される牡丹(日本国語大辞典).日本各地に牡丹の名所は知られています. ニッポニカに…

モッコウバラ(木香薔薇) 人を引きつけずにおかない淡い黄色い花(白色もあります).歴史は古く,「紹介されたのは1807年」「『本草図譜』(1830)に『すだれいばら』と記載」「江戸時代から庭園樹として用いられる」とのこと.英語の一般名はバンクスローズ.「高さ6mまで勢いよく伸びる」「アリゾナ州トゥームストーンに植えられたR. banksiaeは、世界最大のバラの茂みであると言われている。宿屋の屋根を最大9,000平方フィート(840m2)覆い、幹の周囲は12フィート(3.7m)」

今の季節,街の所々でたわわに咲いた蔓バラ見かけます.人を引きつけずにおかない淡い黄色い花. モッコウバラ(木香薔薇)ですね.花が白色のシロモッコウバラと、黄色のキモッコウバラがあるそうです. よく見かけるようになったのは最近のように思ってい…

晩春の花たち  新緑が藤の花のうすむらさきで粧われ,春はもう終わろうとしています.わが家の庭,ご近所様,そして鎌倉大巧寺の小径から晩春の花たちを集めてみました.

4月もあと一週間を切り,春も終わろうかというこの季節. タンポポは既に種を飛ばし始め, 藤が新緑の山を薄紫に粧っています. この晩春の季節.どのような花が咲いているか? わが家の庭から,ご近所様,そしておんめさま(鎌倉大巧寺)から「晩春の花」を…

松の花は,よく見るとなかなか美しい姿をしていて,元気をもらえる花です.松が短歌によく詠われているのは知つていましたが,松の花は?万葉集にも,後の勅撰和歌集,さらには明治以降も,数は多くないものの,しっかり詠まれていました!  うす曇る空に並み立つ松の花伸び急ぐ日を我らも忙(せは)し 窪田空穂

鎌倉は今日も曇り空で,夕方からは雨. 春とは思えない寒い日が続いていますが,植物の季節の営みを乱すほどではありません.晩春の花たち,藤,つつじは続々と咲き始めています. 一方,この季節にたくさん咲いているのに見逃されている花が沢山あります. …

鎌倉の藤と言えば,実は,山あいの藤,と私は思っています. その山の藤は咲いているでしょうか?見上げてみると, 新緑の一部が薄紫色に染められていました.いつの間にか,山の藤も開花していました! 山つつじとのツーショットも. 神路山君がこころの色をみんした葉の藤に花しひらけば 西行

鎌倉光則寺,英勝寺に藤を訪ねた日々でしたが,鎌倉の藤と言えば,実は山あいの藤,と私は思っています. その山の藤は咲いているでしょうか? ----見上げてみると, 新緑の一部が薄紫色に染められていました.いつの間にか,山の藤も開花していました! もう…

シロバナフジも咲いているでしょうか? 英勝寺へ行ってきました.残念ながら,まだ固い蕾.連休頃まで待つ必要がありそうです.代わりに,その他の境内の植物たちに楽しませてもらいました. タケノコ,シャガ,タンポポ,ムラサキハナナ,ヤマブキ,シラユキゲシ.そして,もっとも華やかだったのはツツジ.晩春はツツジの季節でもあります.

鎌倉光則寺の藤は,もう見頃を迎えていました. yachikusakusaki.hatenablog.com yachikusakusaki.hatenablog.com 光則寺の藤は,薄紫色の品種で,おそらくノダフジ(狭義のフジ). ノダフジにはたくさんの園芸品種があって,白花のシロバナフジもよく知ら…

藤は咲いている?光則寺へ2 山門をくぐって境内を入ると,本堂の左手に,かなり大きな藤が植えられています. 山門手前の藤と違って,藤棚となっていないところが,魅力. 絡みついている木はヒバ? 自然の姿にとても近く,神社仏閣でこのような姿の藤は少ないのではと思います. 緑なる松にかかれる藤なれどおのがころとぞ花は咲きける 紀貫之 

桜が終わり,そろそろ藤が咲き始めているのでは?と光則寺まで行ってきました. 藤は咲いている?光則寺へ1 藤は咲いている?光則寺へ1 寺院・神社に,藤を植えているところは多く,こちらはそろそろ咲き始めているのでは?と光則寺まで行ってきました. …

藤は咲いている?光則寺へ1  寺院・神社に,藤を植えているところは多く,こちらはそろそろ咲き始めているのでは?と光則寺まで行ってきました. 途中の家々の植物を楽しみながら.モッコウバラ,ツツジ,ツツジ,マンナトネリコ(?),サクラソウ,モチノキ---- 光則寺に到着すると,咲き始めた藤の花が元気に迎えてくれました.

桜が終わると,藤の季節.毎年,連休の頃,鎌倉の山を彩ってくれます. 寺院・神社にも植えているところは多く,こちらはそろそろ咲き始めているのでは?と光則寺まで行ってきました. 途中の家々の花を楽しみながら. 光則寺に到着です. 光則寺は山門手前…

山桜以外に桜の品種名が詠み込まれた短歌を,古今短歌歳時記(鳥居正博 教育社)から,いくつか選んで紹介します.木の間なる染井吉野の白ほどのはかなき命抱く春かな 与謝野晶子//  清水のひがんざくらの下をゆく濃き緋の帯とむらさきの扇 与謝野鉄幹//  ひつ川の岸に匂へる樺桜散るこそ花のとぢめなりけり 藤原家良// 昼みてし牡丹桜の豪(おほ)いさや守宮(やもり)ゐすくみ障子暮れおつ 坪野哲久// ひがし山いでたる月をいざなふと大枝垂桜はなこぞるかな 上田三四二  

昨日取り上げたように, yachikusakusaki.hatenablog.com 短歌に詠まれた桜は,古歌ではヤマザクラと考えられていますが,単に「桜・桜花」と呼ばれる場合も,「山桜」と呼んでいる場合もあります. (桜・山桜以外にも,「花」「花散る」「散る花」として桜…

鎌倉の桜は,この間の雨にも関わらずまだ花を楽しむことができます.現在市中で見かける桜はほどんどソメイヨシノですが,ソメイヨシノが生まれたのは明治時代ですから,それ以前の桜はソメイヨシノではないということ.短歌に詠われてきたのはほとんどがヤマザクラと思われます.一方,「山桜」と特定した短歌もあります. あしひきの山桜花一目だに君とし見てば我恋ひめやも 大伴家持  うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かむとすなり山桜花 若山牧水

冬のような寒い雨が続き,桜も散ってしまったのでは? と思って出かけてみると--- 外見上は未だ立派な花を咲かせたままの桜が目につく鎌倉でした.よく見るとかなり散ってはいましたが. 後2-3日は楽しめるように思います.その後は桜吹雪も楽しめますね. …

鎌倉八幡宮の桜 & 桜を詠んだ短歌  鎌倉鶴岡八幡宮の桜といえば---- 何と言っても八幡通のいわゆる「段葛(だんかずら)」:今年は元の華やかさを取り戻してきていました.今一番桜が楽しめるのは源平池の周りの桜です. さくら花ちりぬる風のなごりには水なきそらに波ぞ立ちける 紀貫之 // さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり 馬場あき子   

鎌倉の桜を紹介してきました. 今日は.このシリーズの最終回として,鶴岡八幡宮の桜をとりあげ,数多ある桜を詠んだ歌からいくつかを紹介したいと思います. 鎌倉鶴岡八幡宮の桜といえば---- 何と言っても八幡通のいわゆる「段葛(だんかずら)」 :「葛石…

明月院の桜  明月院の桜は,お寺に続く通りから始まっています.参拝料を払ってすぐの広場では,ソメイヨシノが,そして中庭園,中門横更にその奥で,枝垂桜が見事な花を咲かせています.有名な丸窓(悟りの窓)を通してみる景色は趣があります.裏庭から本堂を見たときの景色はなかなかのもの.菖蒲が無くても,紅葉で無くても入らせてもらう価値があります. 今の季節,楓の新芽が美しいですね.

明月院は紫陽花寺として知られてきましたが,現在は四季を通して花・紅葉を楽しめるように整備されていて,桜の行楽スポットとしてもどこにも負けないお寺になっています. 明月院の桜は,お寺に続く通りから始まっています. 参拝料を払ってすぐの広場では…

東慶寺,浄智寺の桜  東慶寺は円覚寺の鐘楼の真向かいに位置していて,山門から円覚寺鐘楼横の茶屋が見晴らせます.このお寺で一番美しい桜は本堂横の枝垂桜でしょうか. 浄智寺の境内の桜はそれほど多くありませんが,囲んでいる山に咲く桜を合わせて楽しむことができます.浄智寺にも,かなり樹齢を重ねた柏槇が植えられています.建長寺,円覚寺のものに比べると若いように思いますが.

今日は,東慶寺,浄智寺の桜を取り上げます.どちらも,こぢんまりした美しいお寺です. 東慶寺は,北鎌倉駅からすぐ. ちょうど,円覚寺の鐘楼の真向かいに位置していて,山門から円覚寺鐘楼横の茶屋が見晴らせます. 境内には桜が何本も植えられていますが…

鎌倉円覚寺の桜. まず強調すべきは,総門の外の桜の見事さ.全てを合わせれば,鎌倉一かもしれません.参拝料入りませんからお得でもあります.円覚寺境内に入ると,まとまつてはいませんが,全域に桜が植えられています.バランスという点では,建長寺よりいい雰囲気かなっと思えます.ほとんどの方が出かけない左手の墓地からは対面に当たる山々の桜を見渡すことができます.桜以外では,柏槇,コブシ,ハクモクレンなどが楽しめます.

昨日の建長寺に続いて,今日は円覚寺の桜. まず強調すべきは,総門の外の桜の見事さ.北鎌倉駅を通つたことがある方ならご存じのこととは思いますが. 以下全てを合わせれば,鎌倉一かもしれません.参拝料入りませんからお得でもあります. 駅舎のすぐ近く…