2021-07-28から1日間の記事一覧

スイカの歴史〜赤いスイカができるまで  4000年前のエジプトの墓に描かれたスイカ.水分貯蔵が主な目的で栽培されたと考えられています.紀元前400年〜紀元500年頃,アフリカ北東部から地中海に広まり,200年頃には甘い果物の仲間に分類されました.この頃のスイカは黄色っぽいオレンジ色.赤いスイカの絵が最初に登場するのは11世紀アラビアの書物と考えられます.スイカの赤い色の遺伝子は,糖度を決定する遺伝子とペアになっているため,糖度を元に選抜した結果かも知れません.

現在のスイカに最も近い野生種は,アフリカスーダンの「コルドファンメロン」であることが明らかにされました. yachikusakusaki.hatenablog.com この系統の野生種から,古代エジプトで栽培種が選抜され,墓に描かれることになります. https://academic.oup…