2020-10-02から1日間の記事一覧

カリテス4 ルネサンス期の三美神は,モティーフこそ古代ギリシャローマと同じものでしたが,意味内容は異なったものとなっていました.哲学者ピコのメダルでは プルクリトゥード(美),アモール(愛),ヴォルプタース(快楽)の名前が刻印されています.「互いにそっぽを向き合っている〈美〉と〈快楽〉を結びつけて,一つの“循環”を完成させる統一原理が〈愛〉である」美・愛・快楽の女神像は,ルネサンス期のネオプラトン主義哲学から導き出され,プラトン的愛を造形化したといえるものでした.

カリテス4 カリテス3 ローマ神話ではGratiae.優雅と美のギリシャ神話の女神カリテスは,ローマ期になると感謝と博愛の女神とみなされるようになっていきます.このローマ期,三人のカリスたちの像は,恩恵(gratia)の行為を表現しているとされ,その像が…