2019-05-30から1日間の記事一覧

旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決  慶応大教授・小山剛氏 請求が棄却されたことに原告は不満だろうが,明確に違憲と断じ,立法府に対応を促した判決の意義は大きい.今後も救済立法の不作為を国が漫然と継続した場合には,将来,同様の国家賠償請求が認められうることを示唆している. 立教大教授・関礼子氏 「悪法も法なり」との観点で,差別が正当化された社会の中で声を上げられなかった弱い立場の人たちの置かれた状況を全く踏まえていない. 毎日新聞5月28日  

旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決 毎日新聞2019年5月28日 15時10分(最終更新 5月28日 17時40分) 旧優生保護法を問う:旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決 - 毎日新聞 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され…