2018-03-26から1日間の記事一覧

日本のブドウとワイン ブドウの栽培が広く行われるようになったのは,江戸時代の甲州から.現在は巨峰・デラウェア・ピオーネがベスト3.ヴィニフェラ種とラブルスカ種の交雑種で生食用. 一方,評価の低かった日本産ワインですが,涙ぐましい努力で,日本のワインは権威ある国際コンクールでプラチナ賞をとるまでに.大手の酒造メーカーから,小さなワイナリーまで,様々なワインコンクールでの授賞が続いているようです.

日本のブドウ ブドウは,日本において,江戸時代に広く栽培が始まった“近世的果実”の代表とのこと(原田信男 江戸の果実 歴博くらしの植物苑だよりhttps://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/plant/column/2007/176.pdf). 日本書紀に「蒲陶 えびかづら」また…