2021-10-10から1日間の記事一覧

今日はクヌギの近縁,栗.古事記での記載のみを簡単に.「三栗」/万葉集と同じく,「中にかかる枕詞」として「三栗(みつぐり)」が二つの歌謡の歌詞に使われています.“三つ並ぶ栗の実の その中ほどあたりの枝の 色づいたつぼみのごと 美しく輝くおとめよ” 「栗の林」/まぐわうことも叶わぬでの,それを悲しんで歌を賜ったのじゃった.“引田の 若い栗の生えた林よ 若いうちに 連れ出し共寝すればよかったに”

植物を追って古事記を読み進め,このブログに載せてきました. 古事記/植物 (67) 昨日は,イノシシを追って,クヌギに行き着いてしまいました. 「臥猪の床」として平安時代以降,和歌などに取り上げられたイノシシ.“恐ろしき猪のししも、「ふす猪の床」と…