2021-06-06から1日間の記事一覧

ハハコグサ  最後に出会ったのが線路脇にポツンと花を咲かせていたハハコグサ.春の七草「ごぎょう(御形おぎょう)」は.このハハコグサ(母子草,ほうこぐさ/そきくそう 鼠麹草)のこととされています.また,ヨモギを使うのが一般化する以前は,草餅はこのハハコグサが本流.中国の風習だったとか.ハハコグサを食べる部分は,若苗(茎が立っていないもの)や,花のかたまり.「採取する期間は,秋から翌春の3月〜4月ごろまでである.食べ方は,若い葉や茎を天ぷらにする」有岡利幸

1週間前の鎌倉街中花巡り散歩. yachikusakusaki.hatenablog.com 最後に出会ったのが,線路脇にポツンと花を咲かせていたハハコグサ. せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ (年中故事要言 蔀遊燕著 1697) の「ごぎ…