2020-12-02から1日間の記事一覧

「健全な身体に健全な精神を与え給えと祈るがいい」神に祈るのは,それが現実にはなかなか得られないからである.石原慎太郎「(三島は)文学では天才だが,肉体の行使,つまり身体を使った運動については全くダメで,天才的に運動神経のない人だった」「変な肉体を持ったから持てあましてしま」い,行き着いたのが楯の会や割腹自殺だったというのが石原の見立てだ.石原の見下し,嘲笑するような口ぶりは不快だ.文章そのものが,やはり健全な肉体を持っても,健全な精神を持つことは難しいことを示している. 東京新聞 大波小波

大波小波 健全なる身体,健全なる精神 東京新聞 2020年12月2日 夕刊 「それでもあなたが,神々に何かをお願いしたいのならば(中略),どうか,健全な身体に健全な精神を与え給えと祈るがいい」 古代ローマの詩人,ユウェナーリスはこう歌った(国原吉之助訳…