2019-08-01から1日間の記事一覧

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(3) 当たり前の存在に(ロバート・キャンベル);何気ない経験でいい.健常者と障害者が触れ合う機会を積み重ねていくことが,共生社会の実現に向けた第一歩 // 経済偏重 見直す時(最首悟);頼り頼られる関係なくしては,社会は成り立たない.行き過ぎた経済主義から立ち止まる必要がある.// 住民との信頼必要(野村恭代)国は「地域移行」というだけではなく,障害者が地域で受け入れられる環境づくりに重点を置いてほしい.読売新聞 7月26日

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(3) 当たり前の存在に ロバート キャンベル 東大名誉教授 日本ではここ数年で,障害者に対する理解が深まっていると感じる. 一昔前までは,電車やバスで障害者が大声を上げると,潮が引くように離れていく印象があっ…