葦になったシュリンクス2  シュリンクスの名前は,ドビュッシー作曲の無伴奏フルート曲の曲名にもなり,ヨーロッパ全体にとてもよく知られた名前になっているようです.転身物語に,父親の名前は特に記載されていませんが,河や流れのナイアド(ナーイアス)は,河神の娘とされています. 従って,父親は河神ラドン(ラードーン).河神はギリシャ語でポタモイと呼ばれる河川の神々.オーケアニデスの兄弟で,全員が地球を取り囲む大河オーケアノスの息子たち.

ギリシャ神話に数多く登場するニンフ(ニムフ,ニュンペー).

山,水,森,木,場所,地方,都市,国などに固有な神的力を擬人化した精で,若い乙女の形をとって現れます.

名が通ったニンフを取り上げていくシリーズ その3はシュリンクス.

 

葦になったシュリンクス2 

オウィディウス/転身物語/変身物語(Metamorphoses、メタモルポーセース)では, ゼウス(ユピテル)の命により,牝牛に変えられたイーオー(イオ)を盗みにやって来たヘルメース(ラテン語読み メルクリウスMercurius/英語読み マーキュリーMercury).

番をしているアルゴス(アルグス)に,このシュリンクスとパーンの物語を語って聞かせます. 

f:id:yachikusakusaki:20200128233314j:plain

Argus Panoptes - Wikipedia

シュリンクスは,ラドン川のナイアド-ニンフ(ニュンペー).好色な神パーン(英語パンPan)に追いかけられ,逃れるために川葦(ギリシャ語でシュリンクス)に変身しました. (葦になったシュリンクス1  http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2020/01/28/234613 )

f:id:yachikusakusaki:20200128232508j:plain

Syrinx - Wikipedia

シュリンクスの名前は,いわゆるパンパイプの別名シュリンクスとして残されているほか---

 

syr・inx ランダムハウス英語辞典(小学館

【1】〘鳥類〙鳴管

【2】⦅S-⦆〘ギリシア神話シュリンクス:Arcadia のニンフ;牧羊神 Pan に言い寄られ,身を守るためアシ(reed)になった;Pan はそれを使って笛を作った.

【3】=panpipe.

【4】(古代エジプトの墓の中のトンネル状の)通廊.

【5】〘解剖〙=Eustachian tube.

[1606.<ギリシャ語 sŷrinx 管,管状の物]

 

pan・pipe ランダムハウス英語辞典(小学館

⦅時に P-⦆パンの笛,パンパイプ:長短の管を長さの順に並べて作った原始的な吹奏楽器;牧神 Pan に由来するとされた; syrinx, mouth organ ともいう.

 

ドビュッシー作曲の無伴奏フルート曲の曲名としてもよく知られているようです.

ただし,曲名の綴りは英語と同じsyrinxですが---日本語に訳す場合には,フランス語読みで『シランクス』.

 


EMMANUEL PAHUD | Claude Debussy, "Syrinx" for solo flute

 

“牝牛になったイオ(イーオー)の物語中の挿話でありながら,葦になった妖精シュリンクスは,ヨーロッパ全体にとてもよく知られた名前になっているようですね.

 

 

ナーイアス(ナイアド)と河神.そしてオーケアニデス,ネーレーイデス

シュリンクスは,アルカディア地方のラドン川(ラードーン川)のニンフでナイアド(ナーイアス)と呼ばれます.

転身物語に,父親の名前は特に記載されていませんが,河や流れのナイアド(ナーイアス)は,河神の娘とされています.

従って,父親は河神ラドン(ラードーン).

f:id:yachikusakusaki:20200130001247j:plain

LADON - Arcadian River-God of Greek Mythology

 

シュリンクス同様,追いかけられて月桂樹になったダプネー(ダフネ)はペネウス川(ペーネイオス川)のナイアド-ニンフ.

DAPHNE - Laurel Nymph of Greek Mythology

ペーネイオス - Wikipedia

追いかけたのがあのアポローンであったためでしょうか.シュリンクスよりずっと名前が知れわたっているダプネー.

yachikusakusaki.hatenablog.com

かの女もラドン川のニンフと書き記した文献もあるそうで,その場合には,シュリンクスとダフネは姉妹になりますね.

DAPHNE - Laurel Nymph of Greek Mythology

 

河神については,以前オーケアニデスを取り上げたときに解説も添えましたが,

http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2019/04/20/003942

以下に改めて系譜とともに書き留めておきます.間違いの訂正も含めて.また,小川や雲・雨の女神・オーケアニデス,海のニンフ(一部は女神扱い)・ネーレーイデスの系譜を書き改めました.

 

河神

ギリシャ語でポタモイと呼ばれる河川の神々.オーケアニデスの兄弟に当たります.

the Theoi projectでの解説は次の通り.

POTAMOI - Greek River-Gods (Roman Flumina)

ポタモイは地上の河や流水の神々で,全員が地球を取り囲む大河オーケアノスの息子たち.

彼らの女兄弟は小川や雲や雨の女神オケアニデスで,彼らの娘ナーイアス(ナイアド)は泉や噴水のニンフ.

THE POTAMOI were the gods of the rivers and streams of the earth, all sons of the great earth-encirling(encircling?) river Okeanos (Oceanus). Their sisters were the Okeanides (Oceanids), goddesses of small streams, clouds and rain, and their daughters were the Naiades, nymphs of springs and fountains. POTAMOI - Greek River-Gods (Roman Flumina)

 

f:id:yachikusakusaki:20200130002104j:plain