しし座2 ギリシャ・ローマの人々は,古代メソポタミアで描かれた星座絵をそのまま用い,自分たちの神話にあるネメアーの獅子を,この星座の主としました.ヘシオドス「神統記」:女怪はまたネメア(ネメアー)の獅子を生んだが この獅子を ゼウスの栄ある妃ヘラが育みたまい----この獅子はここに棲みついて 人間どもの族を喰い殺し ネメアのトレトスとアペサスの山を支配した. だが これを力強いヘラクレスその人が撃ち殪(たお)した.

春の星座,しし座.

f:id:yachikusakusaki:20190326003938j:plain

星座図鑑・しし座

 

ラテン語ではLeo(学名)ですが,ギリシャ語ではLeon.

そして,古代メソポタミア,シュメール語では,UR.GU.LA.これもライオンという意味.

Star Myths | Theoi Greek Mythology

 

ギリシャ・ローマの人々は,古代メソポタミアで描かれた星座絵をそのまま用い,自分たちの神話にあるネメアーの獅子を,この星座の主とした」

ということですね.

 

“由緒正しき怪物”ネメアーの獅子.

http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2019/03/26/012705

yachikusakusaki.hatenablog.com

次のような,ギリシャ神話の代表的著作に取り上げられています.

 

ヘーシオドスの「神統記」では,ネメアーの獅子の系譜とヘーラクレースに退治された経緯が語られ,

偽アポロドーロス「ビブリオテーケー(ギリシャ神話)」では,ヘーラクレースの十二の偉業の第一に位置づけられました.

そして,星座にあげられたことを記しているのが,ヒューギヌス「天文詩」

 

ヘシオドス「神統記」 廣川洋一訳 岩波文庫

さて女怪(エキドナ⇒*脚注)は 手のつけられぬ火を吐くキマイラを生んだが

これは 怖るべき怪物で 体躯巨大 脚も迅く 剛力であった.

怪物(キマイラ)には三つの首があって ひとつは 目つき鋭い獅子の首

ひとつは牝山羊(キマイラ)の首で もうひとつは猛だけしい竜(ドラゴーン) 蛇の首であった.

(前は獅子 後ろは竜 まん中は牡山羊で

 燃えさかる火の勢いをすさまじく吐くのだった.)

f:id:yachikusakusaki:20190327013752j:plain

CHIMERA (Khimaira) - Three-Headed Monster of Greek Mythology

この女怪(キマイラ)をペガソスと気高いペレロポンテスが撃ちとった.

だが女怪はまた テバイ人らの破滅の因(もと) 忌まわしいピックス(スピンクス,英語読みスフィンクス)を生んだ

オルトス(オルトロス)の愛をうけて.またネメア(ネメアー)の獅子を生んだが

この獅子を ゼウスの栄ある妃ヘラ(ヘーラー)が育みたまい

人間どもにとっての災厄として ネメアの山峡(かい)に棲まわせられたのだ.

この獅子はここに棲みついて 人間どもの族を喰い殺し

ネメアのトレトスとアペサスの山を支配した.

だが これを力強いヘラクレスその人が撃ち殪(たお)した.

f:id:yachikusakusaki:20190327013408j:plain

NEMEAN LION (Leon Nemeios) - Labour of Heracles in Greek Mythology

 

f:id:yachikusakusaki:20190326232200j:plain

 

岩波文庫版では,キマイラを生んだ女怪をヒュドラとしています.しかし,the Theoi project にある英文翻訳文では,エキドナとなっていましたので,これに従いました.

Hesiod, Theogony 319 ff (trans. Evelyn-White) (Greek epic C8th or C7th B.C.) :
"She [Ekhidna (Echidna)] bore the Khimaira (Chimera), who snorted raging fire, a beast great and terrible, and strong and swift-footed. Her heads were three: one was that of a glare-eyed lion, one of a goat, and the third of a snake, a powerful drakon (serpentine-dragon).

CHIMERA (Khimaira) - Three-Headed Monster of Greek Mythology