みずがめ座4 バビロニア時代の前身は智恵と水の神が星座絵.ギリシャ神話では,ゼウスにより天界に連れ去られ,“cup-bearer”となったハンサムなトロイの王子ガニュメーデースがこの星座の第1候補.ギリシャ/ローマ神話の原典では, ホメーロス(英名 ホーマー) ・イーリアスがゼウスによるガニュメーデースの略奪について記載し,みずがめ座とされたガニューメデスについては偽ヒュギーヌス・天文詩に,その記載があります.

みずがめ座

黄道十二星座の一つで,黄道十二宮に対応し,西洋占星術でも重要な星座.

 

f:id:yachikusakusaki:20181029233107j:plain

Star Myths | Theoi Greek Mythology

 

日本語名「水がめ」座は,本来の名前とややずれていて,「水を運ぶ人」が星座絵となっている星座です.

http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/10/31/005246

とても古くから星座として認められていて,バビロニア時代のこの星座の前身は,Gula, the ‘Great One’. シュメール語でEnki,アッカド語でEaとして知られる智恵と水の神が星座絵とされています.

http://www.skyscript.co.uk/babylonian_aquarius.pdf

yachikusakusaki.hatenablog.com

ギリシャ神話となると,より親しみやすいストーリーが,この星座に託されています.

英語版ウィキペディアでは,ギリシャ神話では,プロメテウスの息子デウカリオーンと関連づけられたり,イーリオス(トロイア)の王子ガニュメーデースと結びつけられているとのことですが,the Theoi projectのサイトでは後者ガニュメーデースとする説を採用しています.

yachikusakusaki.hatenablog.com

 

今日は,この星座をガニュメーデースとするギリシャ-ローマ神話の原典の記述を,the Theoi projectのサイトから,GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods 

拙訳で.

 

▽ゼウスによるガニュメーデースの略奪

f:id:yachikusakusaki:20181101233225p:plain

Ganymedes and the Eagle, Greco-Roman mosaic from Paphos C3rd A.D., Kato Paphos Archaeological Park GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods 

ホメーロス(英名 ホーマー) イーリアス20. 232 ff (Greek epic C8th B.C.)

トロースは,トロイアの王になってその名前になったのだが(?),三人の息子をもうけた.(unfaulted 意味が分かりません)イーロス,アッサラコス,そして,神に似たガニュメーデースです.ガニュメーデースは,死すべき種族(=人類)で最も美しく生まれ,そのため,ゼウスの酌取りとするため,神々は彼を自分たちのもとへ連れ去った.彼の美しさの故に不死のものたち(神々)の列に加えようと.

 

ZEUS' ABDUCTION OF GANYMEDE

Homer, Iliad 20. 232 ff (trans. Lattimore) (Greek epic C8th B.C.) :

"Tros, who was lord of the Trojans, and to Tros in turn there were born three sons unfaulted, Ilos (Ilus) and Assarakos (Assaracus) and godlike Ganymedes (Ganymede) who was the loveliest born of the race of mortals, and therefore the gods caught him away to themselves, to be Zeus' wine-pourer, for the sake of his beauty, so he might be among the immortals."GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods 

 

▽ガニュメーデースとみずがめ座

 GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods 

偽ヒュギーヌス 天文詩2.16

[星座]わし座Aquila(Eagle)

この星座は,ガニューメデスを天上へ略奪し,愛人としたヨーウェ(ユーピテル,ゼウス)といわれています.そのため,この星座は,ガニューメデスといわれているみずがめ座の上を飛んでいる様に見えます.

f:id:yachikusakusaki:20181101233647j:plain

星座図鑑・みずがめ座

 

[星座]みずがめ座Aquarius (Water Bearer水を運搬する者)

多くの人が,ガニューメデスと伝えています.ジュピター(ゼウス)は彼を神々の水を運ぶ者(Water Bearer)としました.ジュピターは両親から彼を略奪しましたが,それは彼の美しさの故でした.そのような経緯の故に,ガニューメデスは,あたかも瓶から水を注いでいるように表されています.

 

GANYMEDE & THE CONSTELLATION AQUARIUS

Pseudo-Hyginus, Astronomica 2. 16 :

"[Constellation] Aquila (Eagle).

 

This is the eagle which is said to have snatched Ganymede up and given him to his lover, Jove [Zeus] . . . And so it seems to fly above Aquarius, who, as many imagine, is Ganymede."GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods 

 

Pseudo-Hyginus, Astronomica 2. 29 :

"[Constellation] Aquarius (Water Bearer).

Many have said he is Ganymede, whom Jupiter [Zeus] is said to have made cupbearer of the gods, snatching him up from his parents because of his beauty. So he is shown as if pouring water from an urn."GANYMEDE (Ganymedes) - Greek Cup-Bearer of the Gods