名前も良いテントウムシ:「行き場がなくなると上に飛び立つ.お天道さまにむかった」英語公式名 lady beetles. アメリカではladybugs , イギリス,オーストラリア,カナダでは ladybirds.名前は中世にまでさかのぼり,"beetles of Our Lady(virgin Mary 聖母マリア)"としての神聖な地位の証.科名・ナナホシテントウ属名はスカーレットの意.ナミテントウはハーモニーを司る女神ハルモニアーの名前.中国語ではヒョウタンムシ?瓢虫.

テントウムシ

これほど愛されている昆虫は他にいない?

(昨日は,ここに紛れ込んだ害虫,ニジュウヤホシテントウを取り上げましたが---.

これは例外ですね)

 

子どもの絵本にも,沢山取り上げられています.

f:id:yachikusakusaki:20180812003131j:plain

(動画あり)あなあきしかけえほん かわいいてんとうむし|絵本ナビ : メラニー・ガース,ローラ・ハリスカ・ベイス,きたむら まさお  (数ページ読める)てんとうむし どーこ?|絵本ナビ : 得田 之久  https://www.amazon.co.jp/

 

名前も良いですね.天道虫.

「行き場がなくなると上に飛び立つ習慣がある.それを見た民衆はお天道さまにむかったのだ,と考えたのでこういう名をつけたのであろう」(吉田金彦 編著 , 吉田, 金彦, 1923-. 語源辞典 動物編. 東京堂出版, 2001)

とのこと.

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000164566

crd.ndl.go.jp

漢字で「瓢虫」と書いて,テントウムシと読ませることもありますが---

これはテントウムシの中国語ピャオチョン(瓢虫).

瓢虫の読み方・発音・意味|天道虫の中国語:ネーミング辞典

瓢はヒョウタン,ユウガオなどの総称ということですから,ヒョタンムシ?

中国で愛されているかどうかは,この名前からだけは不明ですね. 

 

昆虫をあまり好まないとされるヨーロッパ.テントウムシは例外のようです.

英語では,公式には lady beetles.

アメリカではladybugs ともっぱら呼ばれ,

イギリス,オーストラリア,カナダでは ladybirdsだそうです.

 

以下,http://www.eol.org/pages/7459/overviewの拙訳

テントウムシ科(the family Coccinellidae)のメンバーは公式には“lady beetles”と呼ばれますが,アメリカでは“ladybugs”,イギリス,オーストラリア,カナダでは“ladybirds”が一般的な名として知られています.

テントウムシ科はヒラタムシの系統の科(ヒラタムシ上科の中の科)で最も大きく,世界で,370の属と6000の種からなっています.

テントウムシ科の昆虫は,昆虫の中で最も親しみ深く愛されているといえます.アブラムシやscale insect(何を指すか分かりませんでした)など,植物の貪欲な害虫が広がるのを防ぐ役割を果たしていることは広く認められています.

テントウムシ科の昆虫が幸運や豊作の前兆と考えられているのは,驚くに当たりません.

一般的な名前は.中世にまでさかのぼり,"beetles of Our Lady(virgin Mary 聖母マリア)"としての神聖な地位の証です.

 

Although officially called lady beetles, members of the family Coccinellidae are more commonly known as ladybugs (American) or ladybirds (Great Britain, Australia, Canada). This is the largest of the cucujoid families with nearly 6,000 described species and about 370 genera worldwide. They are among the most familiar and beloved of insects, and are widely recognized for their role in controlling voracious plant pests such as aphids and scale insects. Not surprisingly, in many cultures coccinellid beetles are considered harbingers of good luck and a bountiful harvest. Even the common name, which dates back to medieval times, is a testament of their sacred status as "beetles of Our Lady" (in reference to the virgin Mary).http://www.eol.org/pages/7459/overview

 

聖母マリアの昆虫!?

(由来については,異説もあるようですが Ladybugs and Mary : University of Dayton, Ohio )

 

フランス語では,

    '' les bêtes du bon Dieu '' 「主が造りたもうたもの」

      または'' les vaches de la Vierge '' 「聖母マリアの雌牛」

ドイツ語は,

    '' Marienkafer ''「聖母マリアの甲虫」

http://tidcf.nrcan.gc.ca/en/insects/factsheet/1492

The French call them '' les bêtes du bon Dieu '' or '' creatures of the good Lord '' and '' les vaches de la Vierge '' or '' cows of the Virgin ''. The Germans call them '' Marienkafer '' or '' Mary’s beetles ''.

 

このように愛されているテントウムシ

その代表と言えば,日本でもヨーロッパでもナナホシテントウ

f:id:yachikusakusaki:20180812014221j:plain

コウチュウ目(鞘翅目)Coleoptera,カブトムシ亜目(多食亜目)Polyphaga

Cucujiformia下目,ヒラタムシ上科 Cucujoidea

テントウムシ科 Coccinellidae

テントウムシ亜科 Coccinellinae

テントウムシ族 Coccinellini

Coccinella属

ナナホシテントウC. septempunctata

属の名前Coccinellaは,スカーレットを意味するラテン語coccinusに由来.

Coccinella | Definition of Coccinella by Merriam-Webster

テントウムシ科Coccinellidae は,このナナホシテントウが属するCoccinella属からとられた名前となっています.

 イタリア語読みではコッチネッラらしく,日本では,このコッチネッラという名前のレストランが結構あるようですよ

 

テントウムシ代表はナナホシテントウですが,少し前までテントウムシといえば,ナミテントウを指すというのが「公式な(学術的な?)見解」でした.

テントウムシ科 Coccinellidae,テントウムシ亜科 Coccinellinae,テントウムシ族 Coccinellini,Harmonia属,ナミテントウ H. axyridis

 

このナミテントウ.私はてっきり次のような柄,と思っていましたが---

f:id:yachikusakusaki:20180812014300j:plain

実は

柄,色は変幻自在なよう.

f:id:yachikusakusaki:20180812014523j:plain

Harmonia axyridis - Wikipedia

 

とても同じナミテントウとは思えません.

 

なお,このナミテントウの属名は,Harmonia.

ラテン語の意味は一致,調和

ギリシャ神話,ハーモニーを司る女神ハルモニアーの名前としても知られています.

HARMONIA - Greek Goddess of Harmony (Roman Concordia)

このテントウムシも愛されているんですね.