欲望の資本主義2018(3) 第3章 ショウの幕があがる時 「今日の資本主義の世界は,『商品の生産そのもの』になった.見せるための『Showショウ』なのだ」「今のアメリカの政権が富を生み出す方法は,まさしくショウ形式によるものだ」//ウォール街の投資家風の男性「資本主義は,自然な形だと思う.お金も食べ物もなく路上で暮らして,心の問題を抱えている人もいる.見るには悲しいけど,『自由な社会』が払うべき代償だね」 NHKBS「欲望の資本主義2018 闇の力がよみがえるとき」

私たちは働く.生きるため,お金のため,社会のため.雨の日も,風の日も.

それは資本主義のルール.でも---.

 NHKBS

「欲望の資本主義2018 闇の力がよみがえるとき」

   世界経済のフロントランナー達が紡ぐ,お金と欲望をめぐる物語

f:id:yachikusakusaki:20180107220144j:plain

 

欲望の資本主義2018(1) 第1章 分断する世界 

「一方にはテクノロジー分野の発展.そして一方には低成長. 両者は,この10年間分断されていることが分かる.この逆説はミステリーだ」

「新しいテクノロジーがもたらす果実は,賃金体系のトップにいる一握りの人たちが圧倒的な恩恵を受けている」

「新しいテクノロジーは,大多数の生産性を向上させるどころか,職を奪う.つまり,人々の生産性が失われていくのだ」

欲望の資本主義2018(2) 第2章 革命の夢のあとさき

 「資本主義は,カール・マルクスが定めた定義:『資本主義とは,人がお金を商品に投資して,より多くのお金を獲得することを目的としたシステム』」

「技術革新は,常に大きな需要があって実現される.でも,労働者が低賃金で購買力がなければ,技術革新は機能しない」

マルクスによれば,お金は労働者の所に行くべきだ.すごく単純化するなら,そういう事だ. しかし彼は労働者にはお金が行きようがないことに気がついた」 

 

第3章 ショウの幕があがる時

《言葉》第三章

マルクス・ガブリエル

「今日の資本主義の世界は,いわば『商品の生産そのもの』になった.そもそも,produce(生産する)とは何か?語源は『Pro(前に) Duce(持ってくる)』だ.つまり,『商品の生産』とは,いわば,見せるための『Showショウ』なのだ」

「今のアメリカの政権が富を生み出す方法は,まさしくショウ形式によるものだ」

フェイクニュースのような偽物があふれている理由の1つは,大量生産がなされる状況において,恐らく偽物が理想的な商品だからだ」

ウォール街の投資家風の男性

「資本主義は,自然な形だと思う.ライオンやサルが住むジャングルに社会主義なんてないだろう.結局私たちも動物だ.資本主義はずっと続いていくだろう.お金も食べ物もなく路上で暮らして,心の問題を抱えている人もいる.見るには悲しいけど,『自由な社会』が払うべき代償だね」

 

 

《内容の記録》第三章

▽今日の『資本主義』は生産produceそのもの.生産とは『新たに「見せる」(ショウ)』こと.

ドイツ ボン大学哲学インターナショナルセンター

トマス・セドラチェク(経済学者 チェコ

「マジな人間がクレイジーになるとただのクレイジーな人よりやっかいだよね」

 

マルクス・ガブリエル(ドイツ 哲学者 ボン大学教授 注目を集める気鋭の哲学者)

f:id:yachikusakusaki:20180110000831j:plain 

https://www.cinra.net/news/20171228-yakushimaruetsuko https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2225527/index.html 

「僕もまったくそう思うよ」

「資本主義と定義するならば,『商品生産に伴う活動全体』となるだろうね」

 

生産の体系=資本主義

 

「そして,今日の資本主義の世界は,いわば『商品の生産そのもの』になった.

そもそも,produce(生産する)とは何か?語源は『Pro(前に) Duce(持ってくる)』だ.つまり,商品の生産とは,いわば,見せるための『Showショウ』なのだ」

 

▽フェイクさえ商品(ショウ)になる.ショウほどステキな商売はない.新たな欲望の世界の幕があがった.

フェイスブックの『いいね』や,この会話も商品の生産だ.その意味では,カメラやディレクターや、私たちの今の気持ちも,そこに含まれる.今では資本主義は全てがショウ化している経済システムだ.

偶然かもしれないが,ドナルド・トランプは資本主義の顔のようだ.彼は,テレビショウを作っている.資本主義は代替案のないショウだと思うよ.

ドナルド・トランプの戦略は,従来の戦略とは全く異なると言える.重要なのは鉄鋼会社を守ることでも雇用を守ることでもなく,ショウを売ることだ.今のアメリカの政権が富を生み出す方法は,まさしくショウ形式によるものだ」

 「そうなると,最近のアメリカの最強のモノの1つは--」

 セドラチェク「見世物だね」

「その通り.フェイクニュースのような偽物があふれている理由の1つは,大量生産がなされる状況において,恐らく偽物が理想的な商品だからだ.

ベストな商品は,安く作れて浮ついたモノなんだ」

 

ショウほどステキな商売はない.新たな欲望の世界の幕があがった

 

▽資本主義=自由?

ウォール街でのインタビュー 

「景気はあがってきているが,トランプの振る舞いはまずいね.彼はまともなことを言えなくなったようだね」

「人々は彼の能力と目指すところを信頼していると思う.だから,この国のことも信頼できるし,私も安心して投資ができるよ」

「資本主義は,自然な形だと思う.ライオンやサルが住むジャングルに社会主義なんてないだろう.結局私たちも動物だ.資本主義はずっと続いていくだろう.お金も食べ物もなく路上で暮らして,心の問題を抱えている人もいる.見るには悲しいけど,『自由な社会』が払うべき代償だね」

資本主義=自由?

 

 

欲望の資本主義2018(1) 第1章 分断する世界 

欲望の資本主義2018(2) 第2章 革命の夢のあとさき

欲望の資本主義2018(3) 第3章 ショウの幕があがる時

欲望の資本主義2018(4) 第4章フォースの覚醒-第5章前半  

欲望の資本主義2018(5)第5章イノベーションの呪縛 後半

[以上,前編]

後編

欲望の資本主義2018(6)第6章 幻想の貨幣愛

欲望の資本主義2018(7)第7章 二つの欲望が世界を覆った

欲望の資本主義2018(8)第8章交換だけが駆け巡る

欲望の資本主義2018(9)第9章 闇の力が目覚める時

欲望の資本主義2018(10)第10章ゲームは終わらない 前半

欲望の資本主義2018(11)第10章ゲームは終わらない 後半