Pink の語源はPink: カーネーション以外のナデシコ属を、英語圏では “Sweet William” 及び “Pink”と呼んでいるようです.そして,「この花こそが,ピンクの語源なのである」.ビックリでした.しかしよく考えれば「色の名前が,身の回りの物の名前,例えば植物の名前がつけられた後からになるのは当然」ですね.付録: 基本の色名 

10月5日のブログでは,次のような記事を書きました.

 

カーネーション以外のナデシコ属を、英語圏では

“Sweet William”  及び

“Pink” (主なもので9種類)

と呼んでいるようです」

http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2017/10/05/021933

そして,「Pink」のお借りした画像を3つ掲載しました. 

f:id:yachikusakusaki:20171005001432j:plain

The Deptford pink: a plant on the verge | Life and style | The Guardian Maiden Pink, Dianthus deltoides - Flowers - NatureGate Dianthus carthusianorum "Clusterhead Pink" - Buy Online at Annie's Annuals

 

「どれも,『Pink』の名にふさわしい色」 

「当然,この色から,これらの植物は『Pink』と名付けられた」

と思ったのですが---

 

その後,

「身近な花の知られざる生態 稲垣栄洋 PHP研究所」のダイアンサス(ナデシコ科)を開いてみると---

最後の一言:

 

「この花こそが,ピンクの語源なのである」

あわてて調べてみました.

 

pink | Definition of pink in English by Oxford Dictionaries

では, 

pink [1]:形容詞(赤と白の中間色の 拙訳),名詞(ピンク色)

語源:

17世紀中頃,pinkから.初めはこの植物の花の色を表す形容詞として(拙訳)

Origin

Mid 17th century: from pink, the early use of the adjective being to describe the colour of the flowers of this plant. 

そして,

pink[2](ユーラシアに分布する草本性植物--,ダイアンサス属=ナデシコ属-- 拙訳)

語源:

16世紀後半,おそらくpink eyeの短縮形.意味は「小さな半分閉じた眼」.---(拙訳)

origin

Late 16th century: perhaps short for pink eye, literally ‘small or half-shut eye’; compare with the synonymous French word oeillet, literally ‘little eye’.

 

pink | Origin and history of pink by Online Etymology Dictionary

では,もう少し詳しく記載がありましたが,基本的には同様の解説が.

 

 

pink 色と花の名前の関係をまとめると:

16世紀後半,ナデシコ属 Dianthusの幾つかの種が「pink」(おそらく小さく閉じた眼の略)と呼ばれるようになった.

⇒17世紀中頃,植物pinkの花と同じ色を持つ様々なものを「pinkの---」と表現するようになった.

⇒色そのものを「pink」と呼ぶようになった.

 

 

英語でも植物由来の色名があり,しかもPinkが!

驚きました.

日本では沢山あるだろうな,とは何となく思っていました.

実際,「植物由来の色の名前」で検索すると,沢山の記事が見つかります.トップの記事では,ざっと40以上の名前が挙がってきました.

植物の色関連の一覧:日本の色【いろは】

実際はもっと多いと思います.

 

しかし,英語ではそれほどないのでは,となんとなく考えていたら---

「ピンク」という基本の色の名前が植物ダイアンサス由来!

しかもピンクが日本でも完全に市民権を得た色の名前なので,驚きも倍加.

 

(日本にも「ナデシコ色」はあるそうです.ほとんど使われていない気がしますが,別名「似桃色」「Rose Buvard」で,ピンク色の1種類

撫子色 (なでしこいろ) の色見本 | 日本の色名 - color-sample.com

 

 

でも,よく考えれば「色の名前が後から」は当然ですね

オレンジは,果物のオレンジ由来だろうと多くの人が思っているでしょう.

実際,

orange | Definition of orange in English by Oxford Dictionaries

のオレンジ色の説明は

「熟したオレンジのような明るい赤みがかった黄色」

(当然,改めて「語源」など記載していません)

 

ピンクが植物由来だからといって,ビックリしている私がおかしい.

単に「ピンク」という植物を知らなかっただけ.

「色の名前が,身の回りの物の名前,例えば植物の名前がつけられた後からになるのは当然」と思うようになりました.

 

付録:

基本の色名 

・言語研究から基本色(basic colour )として,次の11種類の名前があるとされているとのこと.

ブラック,ホワイト,レッド,イエロー,ブルー,ピンク,グレイ,ブラウン,オレンジ,パープル

black, white, red, green, yellow, blue, pink, gray, brown, orange and purple 

Column: How colors get their names | PBS NewsHour

 

ほとんどの言語は基本色のうちの2〜11色の色を表す言葉を持っているそうです.

(注:ヒトが認識できる色全体をカバーする言葉が2つであったり,11であったりするだけで,少ない色名しか持たない言語のスピーカーが少ない色しか認識できないということではありません.

ヒトが色を区別する=光の波長の違いを識別する能力はほぼ同じで,色を識別する眼の働きが通常と異なる病気が色覚異常

 Column: How colors get their names | PBS NewsHour 色覚異常 - 目の病気百科|参天製薬 日本眼科学会:目の病気 先天色覚異常

 

・「英語の色の名前は,インド・ヨーロッパ語族の諸言語に共通の祖先『インド・ヨーロッパ祖語Proto-Indo-European、PIE』にさかのぼることができる名前(ブラック,ホワイト,レッド 等)とそれ以外の色名がある」

 ピンクは最も最近になって使用されるようになった色名の1つ.

https://gizmodo.com/how-the-colors-got-their-names-1510522700

gizmodo.com