読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「男性はカバンを持たないのがオーストラリアでは普通なんだ.会社やジムへ行くとき以外はね」「日本人の女性はカバンをこうもつでしょ(肘を前に曲げて,その曲げたところにカバンをかけて持つ).でもブラジルではこれはおかしいの.普通はこう持つわ(肩にかけて)」日本人のカバンの使い方は不思議なことだらけ. 『クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン』(11)

何故男性がカバンを持つの?女性が肘に提げるのは何故?

「日本人のカバンは不思議」

本日のテーマはカバン

お出かけにカバンはつきもの.でも外国人から見ると日本人のカバンの使い方は不思議なことだらけ.

クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン』

f:id:yachikusakusaki:20170412022624j:plain

「始まりましたクールジャパン.今日も世界に誇る日本のクールをじょんじゃんじょんじゃん探していきましょう」

「本日のテーマはカバン.Bagsです」

「カバンどうでしょうね.みんな普段から持っていますからね」

------

まずは,オーストラリアのクレイグさんとブラジルのハファエレさんが,カバンの不思議を探りました.

まずはクレイグさんの疑問.

クレイグ「オーストラリアで男性はカバンを持たないのが普通なんだ.会社やジムへ行くとき以外はね」

どのくらいの男性がカバンを持っているのか休日に調べました.多くの男性がカバンを持っています.結果は82人/100人中.

およそ8割の人がカバンを持っていました.

クレイグ「今日はなぜカバンを持っているんですか?」

日本人男性1

「こういう所にいろいろ入れているよりも便利なので持っています」

「お財布.(本:マジックの心理学:)趣味がマジックなで.落語の本とか.本はね,いつも持ってます.大体毎日,会社へ行くときも」

日本人男性2

こちらの男性は大きなカバン

中にはマフラーや,タブレット端末.「普段はもっといろんなもの持ってますね」

日本人男性3

そして,おしゃれなショルダーバッグの方は.

「財布と,あとは飲み物.やっぱり財布が長財布だったりするので,ポケットから落ちちゃったりすると困るので」

日本人男性4

「最近持ち始めたんですよ.っていうのは,携帯が重くなっちゃったんで.ポケットに入れておくと,何かずれ落ちちゃうんで.財布も前は二つ折りだったのが,長くなったんで.はやりで.それで持ち始めた感じです」

クレイグ「stupid」ハファエレ「stupid, right. ポケットに入らないわ」

クレイグ「そんなに大きいのは買わないよ.小さいので十分だよ」

日本人の男性は持ち物が多いのでしょうか?

 

そしてハファエレさんの不思議は---

ハファエレ「日本人の女性はカバンをこうもつでしょ(肘を前に曲げて,その曲げたところにカバンをかけて持つ).でもブラジルではこれはおかしいの.普通はこう持つわ(肩にかけて)」

本当にこの肘にかける持ち方の人が多いですね.

ハファエレ「みんなカバンをこうやって持つのはどうして?」

日本人女性1

「Why?何で?楽だから?わかんない」

日本人女性2

「何となく落ちてきちゃって,そうするとだらしなく見えちゃうので」

f:id:yachikusakusaki:20170412030235j:plain

 

バンの中身にも驚きました.

ハファエレ「それは何?」

「通帳とか鍵とかそういうのが入っているんですけど」

ハファエレ「なぜ鞄の中にカバンを入れるの?

「そうです.バックインバック」

ハファエレ「なぜ」

「次のバック使うときに入れ替えたりとか簡単に--」

クレイグ「それは日本人っぽいね」ハファエレ「日本人っぽいね」

バックインバックって最近はやってますよね.

日本人女性3

こちら女性も使っていました.しかもショルダー形.

「財布で,こっち側は小物.仕事でお昼ご飯を外に食べに行くので,財布とハンカチとか必要最低限なものを入れたバックインバックを---」

ファッションに合わせて簡単にバックを変えられる便利グッズです.

 

皆さんどんなカバンを持っているのか.カバン好きの家族を訪ねました.

二人「ハロー」

沢田久美さん「はーい.今日は」

夫婦は共働き.一人息子の理人(まさと)くんは小学校3年生.

ハファエレ「この家にどんなカバンがあるか見せていただけますか?」

久美さん「ではお見せします」「プリーズ」「はい」

全てのカバンを出していただきました.すると---あるわあるわ.リビングがカバンで一杯になるほど.

久美さん「これで全部です」クレイグ「ビックリした」

ハファエレ「何でこんなにカバンがあるんですか?」

ハファエレ「基本的に全部使っています.全てのカバンに理由があって--」

茂さんのカバンは全部で9個.

茂さん「普段仕事で使うカバンはこれ(トートバッグ風.おそらくチャックが付いている?)です.電車こう乗ってて,(肩にかけて)こうだとぶつかるけど,(下に垂らして足の前に提げる)こうだと,他の人にあたらないので,これくらいの(手提げの)長さがちょうどいい」

ハファエレ「日本人らしいわ.他人のことを考えてかばんを選んでいるのね」

他に出張用のカバンや,近所に出かけるときのカバンもありました.

そして妻の久美さんのカバンはなんと62個.

ハファエレ「普段一番使っている優秀な子はこの子で,仕事でパソコンを入れるって事があるので,この辺りはパソコンが入るカバン.季節とか行く場所とかによっても,違う物を持っていくようにしてます」

他にも和服を着るときのカバン.ここ一番の時のブランドバッグもありました.

小学校3年生の理人くんのカバンは15個.

理人くん「これがランドセルで学校にいつももってってるやつで---.」「スクールバッグ」

学校用のカバンは他にもあります.

これは体操着入れ.そして,辞書を入れるカバンです.他にもサッカークラブに行くためのカバンや,プール用のカバンもありました.

久美さん「用途別というか,はい,あります」

ハファエレ「本当に驚いたわ」クレイグ「衝撃的だね」

 

「まあいろいろ,日本人から見てもびっくりしたのもありましたですけどね」「すごい数でしたね」「はい,ビックリしましたね」「鴻上さんはカバン持ち歩きますか?」「持ち歩きます.でも,まあ,休日は持ち歩きませんね」

「さて,クレイグさん.日本人男性の多くがカバンを持ち歩くという疑問は晴れましたか?」

クレイグ(オーストラリア)「いまだに謎だよ.大きな財布や大きなタブレットを持ってたけど必要ないよね.(使っている)カバンはファッショナブルでクールだと思うけどね.興味あるね」

「さあ,皆さんの国では,クレイグさんが言うようにジムとか会社に行く以外は,カバンを持たない?」

ドイツ,スペイン,中国,フランス,オーストラリア,ブラジル,アメリカ,ベトナム 

「はあー,全員持たない!」「日本人の男性が8割以上の人がカバンを持っていることについては,どう思うんですか?」

ライアン(アメリカ)「日本に最初に来たときは本当に驚いたよ.アメリカでは男性はカバンを持たないものだと思っていたからね.でも今はボクもカバンを持つようになったよ」(笑い)

イヴァン(スペイン)「仕事に行くときもカバンを持つものと思われていますよね.私は,仕事でもカバンを持たないので,(日本人に)『帰るのにカバンはどうした?』って聞かれますよ」

「待って下さい.---って事は,きっとあなたは会社からちょっとこの書類はうちでやっとかなみたいな.もって帰ろうみたいな発想はないわけですね?」

ライアン(アメリカ)「ありません.仕事のものは職場に置いておくべきですよ」

ハファエレ(ブラジル)「I agree.」他ほぼ全員がそのとおり(拍手も)

「中国も男性はバッグを持たない?休みの時とか持ってない?」

シン(中国)「持っていません.中国ではカバンを持つ男性は女性っぽく見られるからです」ほぼ全員から「同じだよ」

ハファエレ(ブラジル)「ブラジルでも男性は仕事や旅行に行くとき以外はカバンは持たないわ.でも彼女や妻のカバンを持ってあげることはあるの.まわりの人はそういう男性を紳士的で優しい人だと見るわ」

「なので余計女性っぽく見えるっていうこと?もし男性がバッグを持ってると」

何人かから「イエス」

ハイケ(ドイツ)「今はかわりつつありますが,カバンを持つ男性は女性っぽく見られがちね」

「それはでもフェミニンに見られたらダメなの?」

(全員から笑い)「ダメですよ」

クレイグ(オーストラリア)トートバッグならこう肩にかけて男らしくしなきゃ」(全員から笑い)

ライアン(アメリカ)「アメリカでもカバンを持つ男性は女性っぽく見られるよ.時には同性愛者にもね.ただのカバンだけどそういう見方をする人がいるんだよ」

「ということはライアンは日本ではバッグを持つようになったけど,アメリカに戻ったらもうバッグは持たない訳ね」

ライアン(アメリカ)「持つよ.でも『何でカバンを持つの?』「どこに行くの?」って聞かれるよ」

「スペインも一緒?イヴァン」

イヴァン(スペイン)「スペインにいるときパソコンを入れて出かけようとすると,母が『カバンなんて持ってどこへ行くの?』と聞いてくるんですよ」(笑い)

「最近タブレット端末大きくなってきたじゃん.なんかさタブレット端末がさ.これどうするよ.これ.ポケット入らんよ」

クレイグ(オーストラリア)「そもそも何で持ち歩かないといけないの?どうせカバンから出すことなんてないんだから.いらないでしょう.家のおいておけば良いんだよ.

ニコラ(フランス)「日本ではあらゆる状況に備える必要があるんだよ.男でもティッシュとか必要な物をすぐ取り出せるように,いかなる状況にも対応できなければいけないと思っているんだよね」

「なるほどね」

ハイケ(ドイツ)「ドイツの男性は何も持ちたくないのよ.手を自由にしておきたいのよ.ポケットに物を入れて自由にしていたいという気持ちがあるわ」

「なるほどね」

ハファエレ(ブラジル)「どんな種類のカバンなのかによるわ.リュックサックは男らしいから問題ないわ.でもビデオで革のカバンを持っている人がいましたよね.男性としてはおしゃれすぎると思うわ

シン(中国)「そんなこと言わないでよ」

ライアン(アメリカ)「僕たちはみんな人間だよね.人間だから男性もカバンを持っていいんだよ.日本で学んだよ.男性はカバンを持つと女性っぽく見られるのを恐れているだけだよ.かばんだよ.これは」

 

「こういう風に日本人の女性がカバンを肘にかけて持つ.この疑問は解決しましたか?」

ハファエレ(ブラジル)「いいえ.わからなかったわ.とても日本的なバッグの持ち方よね.日本人の真似をするときは,これがひとつのしぐさになりますよ」

ハイケ(ドイツ)「日本では私もやるわ.でも最初は何をしているんだろうと思ったけど.改札でカバンから電子マネーを出してそのままタッチできるから便利なのよ.でもドイツではやらないわ」

「なるほど.これを(カバンを肘にかけて持つ)やってる国はある?」

ライアン(アメリカ)のみ手を挙げる.

「アメリカやってるの!?ああそう」

ライアン(アメリカ)「アメリカの女性はやってるよ.こちら(肩にかける)方が一般的だけど,女の子はこう(肘にかけて)やってるね」

「どういうガール?What kind of girl?」

ライアン(アメリカ)レディっぽい人たちだね.ちょっとエレガントに見せたい女性たちだよ」

女性っぽく振る舞いたいときにこういう風にするのかな?」

ライアン(アメリカ)「ああそうです」

「そうですか.フランスも一緒?」ニコラ(フランス)うなずく.

「そうなんだ.じゃあ,女っぽくみえるわけなんだ」

クレイグ(オーストラリア)「オーストラリアでは高齢の女性だと思われるよ.お年寄りがこうやっているからね」

ハファエレ(ブラジル)「最初に日本に来たときは女性たちが年をとってみえたわ」

 

そして最近女性の間で人気のバッグインバッグをご紹介.

「こういういろんなポケットが付いていて,例えば印鑑とかペンとかそれから鍵.これだけ入れ替えれば忘れ物をしないので,便利なんですよね」

「どう思います」

何人かの外国人女性ゲスト「とてもクールですね」「便利ですよね」

リン(ベトナム私は大きなカバンにいろんな物を入れます.一所懸命探さなければいけません.これの方がずっと便利ですよ」

「本当?ハイケはどう?これ」

ハイケ(ドイツ)「実用的だと思うけど,自分では使わないと思うわ.出かけるときに必要なものは7個か8個ぐらいでしょ.数えて入れれば良いだけだからもう一つのカバンなんて必要ないわ」

「ああ,ほうとう.ハファエレは?」

ハファエレ(ブラジル)「とても便利だと思うわ.日本ではカードとか素早く出さないといけないでしょ.こうやって整理されていればとても素早くできて良いわね」

 

「このVTRであそこの家庭は山ほどたくさんバッグがありましたけど,皆さんの国でもああいうふうにたくさんのバッグを持っている人が割と普通ですかね」

全員「そんなことないよ」

「ノー.ないですか」

ニコラ(フランス)「狭い部屋に62個もカバンがあるというのは驚きだよ」

「その通りですよ」

ハイケ(ドイツ)「女性ならあのくらい多くのカバンを持っている人を知っているわ」

ハファエレ(ブラジル)「あの女性は全て目的が違うって言ってたわ.ファッションの問題ではないのよ」「実用性の問題」

シン(中国)「日本人は季節によってカバンも変えますよね.夏には夏向きのもの冬には冬用のカバンを使います.だから多くのカバンを持っているんだと思いますね」

 

「子どもの時から用途別にいろんなバッグを持つ事が始まってんだけど.これはどうよ」

クレイグ(オーストラリア)「スポーツバッグだけでもいろいろあったね.野球用だとか,サッカー用とか.個人的には必要ないと思うよ」

ライアン(アメリカ)「子どもにしては持ち過ぎだね.利便性を考えれば良いかもしれないけど.ボクは4個持ってるけどそれも多いと思うよ」

ハファエレ(ブラジル)「日本は先進国で金銭的に余裕があるからカバンを買えるのよ.でも私の国ではそのお金で必要な物を買うわ.日本人はカバンを買うお金があるのよ」

「そう思うよ」

 

中村伊知哉(慶大大学院教授)「歌舞伎の女形がしぐさを女性らしく見せる秘訣って脇を締めること.腕を上げない言って事なんですって.

女性の日本の着物ってここ(袖の下)に切り口,切れ目があって,身八つ口(みやつぐち)っていうんですけど,その中を見せるのははしたない事なんですね.日本の女性って,腕時計もこっち側(手のひら側の手首)にする人多いじゃないですか.それも同じ理由なんですね.

肘にカバンを提げるって言うのは,そのようなエレガントに見せるっていう日本の見せ方と言うのが絡んでるんですよね.

一方で男もカバンを持つと.それは車で移動することが少なくって公共交通機関が使えますからね.自分の荷物を置く場所がないっていうことだとか,仕事を家に持ち帰らないっていう海外と違って,24時間家でも仕事してるっていう日本人の働き方とか,そんなことも関係してるんでしょうね」

「大変ですね」「大変です」

 

その他

f:id:yachikusakusaki:20170412030502j:plain

この日のbest of coolは,“豊岡ブランド” でした