読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本当に一所懸命の子でしたよ.美沙子ちゃんの目を見ていると分かるんです.目だけはメイクできないんですよ.---あの時と同じ目ですよ.今も」大林信彦監督(蓮佛美沙子さん初主演作転校生の監督),『(杉本哲太さんに)あなた,ご飯食べないんですか.私は食べますよ.私は芝居で飢餓状態を表現しますから』三國連太郎さん(杉本哲太さん代表作の一つ「ひかりごけ」主演)

テレビ ドキュメンタリー,情報番組,ニュース等 ドラマ・映画

NHK朝ドラ&大河ドラマでそれぞれの主人公を支える大事な役どころを演じるお二方のインタビュー番組を見ました.同じ日1月13日金曜日NHK総合

朝ドラ「べっぴんさん」主人公スミレの姉ユリ役の蓮佛美沙子さん(「あさイチ」).

そして,

大河ドラマ「おんな城主直虎」主人公おとわ(後の井伊直虎)の父直盛役の杉本哲太さん(「スタジオパークからこんにちは」).

f:id:yachikusakusaki:20170115232957j:plain

お二人をほとんど知りません.杉本哲太さんはあまちゃんでずっとみていましたが.何となく見ていたインタビュー.それぞれ好感の持てる内容で丁寧に見てしまう事に.金曜日は仕事も休みで,兵庫行きがないときは最も時間があってテレビもゆっくり見る事が出来ます

お二人が「転機になった(蓮佛さん)」「運命を変えた(杉本さん)」と言った二つの映画について語る場面の一部を採録します.

特に印象的だったのは大林信彦監督(蓮佛さん初主演作転校生の監督)と三國連太郎さん(杉本さん代表作の一つ「ひかりごけ」主演)の言葉でした.

 

蓮佛美沙子さんへのインタビュー

f:id:yachikusakusaki:20170115233019j:plain

プレミアムトーク 蓮佛美沙子さん|NHKあさイチ

-----

(なかなか友達関係に一歩踏み出せない蓮佛さんの唯一無二の友人は荒垣結衣さん)

新垣結衣さん(ビデオで)「友達になりたいとおもった.可愛い.年下だけどきゃぴきゃぴしてない.何かしてあげたくなる.いっしょに餃子包んだり鍋したり.すごく音楽が好きな人なのでたまにギターを弾いてくれたり,YUIさんの曲を歌ったり,すごくユルくて楽しいですよ.蓮チャン.しゃべってますか?あの二人すごく優しいですよね.多分蓮ちゃんも楽しんでそこにいる事でしょう.美味しいものを食べて元気付けたいときに連絡下さい.わたしもします」

蓮佛「うれしい」「どれくらいの頻度でお会いしたり連絡したりしてます?」「連絡は結構してます.ドラマ見たよとかお互い連絡とったりとか,週一とか」「今はドラマの撮影とか忙しくなっちゃうと会えなくなる?」「いついつ空いてるとかじゃなくて,きょう空いてるみたいな感じで言える」「軽いですね」「貴重な数少ない---」「今日どう」「今日ゴメンねでも次があるって感じで」「はじめは年上だったんで敬語でガキさんとか言ってたんですけどため口で,ご飯作って,しゃべんかった」「繊細な天使.ガキ子も相談してくれる.感情見せてくれる繊細さ.基本はガキ子のうちで」

 

転機になった映画「転校生 さよならあなた」 2007年

「蓮佛さんの注目される作品を見ていきたいんですが,16歳の時に出演された映画,男女が入れ替わるこの映画----」.

f:id:yachikusakusaki:20170115233104j:plain

邦画/転校生 さよなら あなた 特別版  Yahoo!ショッピング

 「この作品はどうでしたか」

蓮佛「もの作品はもう---.11年ぐらいやらせてもらっているんえすけど,自分の中での基礎というか,3作品目だったんですけど,一作・二作とものすごく怒られて,現場で.何に怒られている事すら分からない,右も左も分からないまま現場入って,分からないまま終わってしまって,自分はむいてないのかなとか思っていたとき,大林監督の転校生という作品に出会って,悩んでいた事を見抜かれていたんだと思うんですけど,『お芝居に正解も間違いもないから,そのままでいなさいって』毎日毎日そうおっしゃって下さって,そのままで美沙子の思うようにやりなさいって,それまで怒られてきていたから,監督に怒られないためにどうやって芝居したらいいかなっていう思考回路になっちゃってて,自分でもどうやって出したらいいかわかんなかったんですけど,芝居に正解も間違いもないっていわれたときに,ものすごく救われたというか,根拠のない自信を持つ事が出来て,だったら私ぐらい私を信じてあげなくちゃダメだなって.監督も『とりあえずやってみなさい』って言って,私がやってみた事に対して,いまだったらちがうって思ってらっしゃるって分かるんですけど,当時は,『そういう表現もいいね,でも,こういう切り口でいってみたら,もっと違ってくるかもしれないから,次これでやってみて』っていう感じで,すごく,お芝居のいろんな選択肢があるっていう無限化(?)を教えて下さって.今でも,べっぴんさんでもそうですが,お芝居で迷う事があっても,そこは揺るがないものとして,自分の気持ちを信じ続けてみようっていう思いを強く教えてもらったので.この作品がなかったら,多分,今の心持ちでお芝居は出来てなかったんじゃないかなーって思うぐらい,導いて下さった方ですね」

 「大林監督にインタビューをしておりまして,お忙しいときにお答え下さいました」

f:id:yachikusakusaki:20170115233216j:plain

大林宣彦監督が選ぶ!『外国映画オールタイム・ベスト』 OZAWA'S DIARY

大林(ビデオで)「いつまでも初々しい一所懸命の彼女がここにいて,本当に一所懸命の子でしたよ.美沙子ちゃんの目を見ていると分かるんです.

目だけはメイクできないんですよ.目だけはその人の心であって,目を見ていると彼女の心模様が見える.その心模様をつかみ出して,撮影していけば,それが結果としていい演技になる.あの人がね.あの時と同じ目ですよ.今も目を見ていると,今何考えているかなって言うのがすぐ分かる.観客を引きつける無垢な目を持っている.

今度の役は彼女にとってとてもいい経験だったと思う.

主役を演ずるときは,どう間違ってもどう転んでも一生懸命であれば許されるんですよ.ところがね,妹のような新人の主役を支える役になると,もう転ぶ事は出来ないんです.

そういうことを分かってやる人だから.その自覚があって取り組んだと思いますよ.うん,美沙子やっぱりいいな.いい子だね.と.賢い子だねと.これはおばあちゃまになるまで,いい女優になるぞと思わせてくれますね

その内またこのおじいちゃまの里に帰ってお出でよ.いっしょにおこたに身を寄せ合って,あったまってミカンむきながらいっしょに暖かい映画を作ろうよ.待ってるよ.おじいちゃまは,美沙子さん」

蓮佛 「嬉しいし,目が変わってないっておっしゃって下さった事がすごく嬉しいですね.転校生が7年前,初めての主演で,ほんとうに体当たりでやった作品だったので,あの芝居はもう出来ない,って思っていて,あの時だから出来た芝居だって思うところがすごくあるんですけど,あそこから変わっていない部分も持っていたいっていう思いもすごくあって,それがいろんな経験を経て,いろんな現場を経験させて頂くろ,経験知も増えていくし,それによって,ちょっとした,うーんなんていうか---,これが来たらこうだよねみたいな,そういう自分の中での段取り的なことを,覚えていっちゃう,良くも悪くも、覚えたことが沢山あるので,それによって真剣さだったり,一番大事な心の部分ていうのが失われてたらすごく嫌だな,って.それで監督はそれを見抜く方だなって思うし,ちょっとだから,お会いするのが怖い方でもある.もし変わってたら,お前は何やって来たんだ,思われてたらどうしよう,とたまに思ったりするし.そう思われないようにブレずにやっていくぞ,っていう背中を押して下さってる力になっているし.すごく,今みたいな言葉をいただけたのは,ありがたいし,純粋に頑張ろうって思う」「そういう方がいて下さるっていうのは心強いですよね」「心強いですし,うれしい.あのタイミングであのとき監督が出会わせてくれた役,教えて下さったことがあって,ていうのは,本当に恵まれているなって思います」

「大林監督は10年に一度の逸材とい,転校生のあとも蓮佛さん主演の作品を三本も書いていらっしゃるといいます」

----

有働「わたしなんか目の中曇りまくって---」井ノ原「唯一出来ないという目の中にメイクした?」

-----

-----

杉本哲太さんへのインタビュー

f:id:yachikusakusaki:20170115233602j:plain

ゲストプロフィール 杉本哲太 |NHK スタジオパークからこんにちは

http://moogry.com/index.php

(運命を変えた三つの出会いの2番目について.ちなみに1番目は横浜銀蠅との出会い,3番目は岩崎良美さん:愛妻神津葉月との出会いを取り持つ)

続いての杉本さんの運命を変えた出会い,こちら

フリップひかりごけ

f:id:yachikusakusaki:20170115233628j:plain

シネマヴェーラ渋谷 | 近日上映予定

杉本「これは映画のタイトルなんですけど,内容自体はヘビーな話でして,戦時中に知床のみさきを軍用船が座礁してしまいまして,命からがら知床の洞窟に逃げ込んで,真冬の中,何とか暖をとって,男四人で,生き延びてたんです.三國連太郎さんが主演で,奥田瑛二さん,田中邦衛さんで,僕の四人が船員で,洞窟の中生き延びるんですが,ぼくが一番若いんですが,海水をしこたま飲んでしまって,一番最初に衰弱して死んでしまって,残った三人は食べるものがないので,亡くなった僕の肉を食べるという映画.僕が29歳の時に出演しまして,ものすごく自分の中では,役者を続けていく大きな転機になった作品ですね」

「中でも杉本さんが印象的だったというシーンご覧頂きたいと思います」

(映像)洞窟に着いた四人---誰が一番先に死ぬんだ---俺かー黙ってるが----壮絶な---

杉本「台本のト書きには男たち寒さに身を寄せ合っている,位の一行しか書いてないんですけど,熊井啓監督が,延々長回しでカットをかけず,その洞窟のシーン,真夏の日活のセットで,ホントは暑い中,寒い寒いって芝居するんですけど,皆さんアドリブを始めるんですよね.寒さをどうしのぐかっていう.でさっきありましたけど,たたき合ったりとか、全部アドリブで顔とか叩きまくって,僕の中では30分位続いてるんじゃないかって思うくらい,一緒にそのシーンに出演しているにもかかわらず,ホントに傍観者になっちゃって,この人たちスゲーなって,三国さん,田中さん,奥田さん,僕は29で,こんなすごい人たちと,こんな芝居ちゃんとやっていく,もっとちゃんとやっていかなきゃダメだ,って

「俳優としての取り組み方を学んだ?」

「僕が最初に死ぬと,で,飢餓状態を表すのには,食べないしかないって思ったんですね.最初4人で食堂に行って,全部ひげが凍っている特殊メイクとかも付けていたんで,食事して終わったら見んな4人で風呂入ってたんです.ある日僕が食べないでいようと思ったとき,食堂にじゃ行くぞっていうときに,田中邦衛さんに『僕ちょっとご飯食べないです』『何でだお前』『ちょっと食べないでいる事ぐらいしか出来ないんで』『おめー食わないんだったら,俺も食わない』ってなって,邦衛さんも食べないって言い出したら,奥田さんも『お前たち二人食べないんだったら俺も食べないよ』ってなったら,それを聞いた三国さんが,僕のとこに来て『あなたご飯食べないんですか』『はい』『私は食べますよ.私は芝居で飢餓状態を表現しますから』って言ったんですよ.

f:id:yachikusakusaki:20170115233651j:plain

http://www.allnightpress.com/main/movie/166.htm

鳥肌立って『濃いなー』『そーか』って打ちのめされましたね」

清水ミチコ「(田中邦衛さん奥田瑛二さん三國連太郎さんの声色)すごい似てましたね」

杉本「有り難うございます.清水さんに言って頂けると嬉しいです」