読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ/ドラマ 多部未華子さんの涙、緒形拳さんの涙

多部未華子さんの涙 「仰げば尊し」 第7音 9/4 TBS

事故の後遺症で音楽から離れていた元プロのサックス奏者樋熊迎一(寺尾聰)は、高校の弱小吹奏楽部を指導することに。樋熊の情熱にあてられ、青島(村上虹郎)ら問題児も加わった吹奏楽部は、音楽の甲子園を目指し真剣に演奏と向き合っていくことになった。しかし、地区予選通過後、樋熊は癌におかされ、娘の樋熊奈津紀(多部未華子)が県大会のタクトを握ることに。

青島: できんのかよ?

奈津紀 だって私以外の誰がやるのよ。私は 先生の娘だよ。(目頭が赤くなって)先生の皆への思いは私が一番よく知っている。(一筋の涙)だから私がつなぐの。

青島: 見せてやろうよ。先生に広い世界を見せてやろうよ。

 

緒形拳さんの涙 「動く壁」再放送 8/31 午後の名作ドラマ BSフジ

北島(緒形拳)をチーフとするSPグループは、政権交代の激変期の首相警護の任務についていた。北島は「敵を捕らえるより首相の壁となれ!」と説き「死ぬ覚悟はあるか」と部下に問う。そんなある日、首相歓迎祝賀パーティーが行われ、多数のSPたちの目をくぐり暗殺者のライフルが火を噴き最も信頼する部下の新村(益岡徹)が凶弾に倒れる。あくまでも首相の動く壁として行動することを促す北島チーフ。----

新村の遺体と二人きりになったとき、遺体を見つめる北島チーフの目から一筋の涙。

 

 「仰げば尊し」は必ずしも名作ドラマとはいえないでしょう。私も--- 申し訳ない---多くの部分を録画-早送りで見ています。

「動く壁」は原作が吉村昭、ドラマもいろいろな評価があるようですが、名作に数えて良いように思います。これも録画で見ましたが、とばしたのはCM部分だけ。

しかし、生徒達の前では決して涙を見せない娘、部下達の前では決して涙を見せないチーフ、が共に一瞬流す一筋の涙は、それぞれ心を打ちました。

緒形拳さんは、名優の誉れ高い。多部未華子さんは、私が好きな女優さんの一人ですが、演劇批評者として素人の私から見たとき、うまい演技者とまでは---。でも一瞬の涙を見て、その時の演技力に拍手。これからも応援します。

 

(こんな記事を書いたら 映像や文学に鋭い感性を持っていた天国のSからは やすっぽい感想といわれそうな気がします---)

 

f:id:yachikusakusaki:20160905222437j:plain

https://pic.prepics-cdn.com/momochan03/59488955.jpeg

 

f:id:yachikusakusaki:20160905222311p:plain

http://www.bsfuji.tv/pub/ugokukabe/pub/index.html