街 風景

紫陽花とドクダミ 梅雨が近づきつつある寿福寺までの道のり.目立っていたのは紫陽花とドクダミ.額紫陽花と手鞠型が色とりどりに鮮やかな紫陽花.小さな花に注目してみるとまた印象が変わるよう.しつこい雑草ドクダミも,道ばたで咲きそろっていると美しいように思えます.花びらのように見えるのは苞葉(総苞)とのこと.変わった花と思いますが,カラー,水芭蕉,ポインセチアなども同様と聞くと植物の不思議を感じます.

そろそろ梅雨かなという6月. 明日は雨ということもあり,母親の運動をかねて,ゆっくり寿福寺まで. 山門の横の実朝を偲ぶ碑(生誕100年 平山郁夫氏書). 花をつけているサツキの蔭から,カラスが一羽. 食べ物捜し?暇つぶしの散歩のようにも.かなり近…

春から初夏の花6 鎌倉源氏山公園・ゴールデンウィークの花たち: 登り口の前の崖を見上げると,見事なヤマツツジ.横に今年はひっそりと咲くフジ.山道を登り始めると,マルバウツギ,シャガ,そしてスミレ.入口の平地には,新芽が赤いもみじ.芝生の間には,タンポポとハルジオン.そして,今の季節,最も目立つのは植栽のツツジ.ウグイスの鳴く源氏山公園.今年は市外からも来て下さいと誘えないのが残念です.

朝食後,運動不足解消もかねて,鎌倉源氏山公園へ. ただし,今日は,買い物デー. 入口までと決めて. 登り口の前の崖を見上げると,見事なヤマツツジ. 昨年も同じ場所で出会った株. あの時は見事なフジがまわりを覆って圧巻でしたが---.探してみると---…

鎌倉扇ガ谷巽荒神.“住宅街の中にあって,派手さは一切無い”「神社」.しかし, “荒神”を辞典・事典類で調べてみると,[1]仏教における三宝荒神.[2]竈神.「神社における“荒神”」を解説したものがほとんど見当たりません.もちろん,神社で「荒神」が前面に出ている所は,巽荒神だけではありません.巽荒神と同じように奥津日女命・奥津日子命・火産霊命を祀っている神社はかなりありますが,仏教・民間の竈神との絡み合いはよく分かっていないようです. 

庭にはハルジオンが咲き, “住宅街の中にあって,派手さは一切無い” 鎌倉扇ガ谷巽荒神. 正式名は巽神社で,巽荒神社は通称名. 1200年以上の歴史(言い伝えでは)を誇る「神社」とのこと. しかし, “荒神”を辞典・事典類で調べてみると----- 大別して二つ …

雨の夕刻.窓越しに見た柿の葉.新芽がこんなにきれいだったとは!そして寿福寺の参道を取り囲む取り囲むモミジの新芽の美しさ.高校時代,栂尾高山寺で見たもみじの新芽の美しさを思い出しました.新聞記事で,新緑のもみじは「青もみじ」として,静かなブームになっていることを知りました.その通り!「もみじは紅葉だけではありません」

一昨日,関東地方は雨. 夕方,暗くなってきた頃,ふと窓越しに見た柿の葉.暗がりの中,新芽がこんなにきれいだったとは! iPhoneカメラではうまく撮れません.空は青くみえますが,実際には曇っていて暗く,その中に見える黄色が映えていたのですが---- 今…

鎌倉海蔵寺2020春.このお寺でよく知られているハナカイドウは,咲き始めたところ.開花宣言直後といった趣き.本堂の裏の書院の裏山は鎌倉らしいとてもよい雰囲気.遠景の桜は満開に見えます.カイドウ以外は低木が多いこのお寺.最も美しいと感じたのは,山門近くのユキヤナギ.このユキヤナギ,ハナカイドウと結構近い植物なんですね.

3月23日(月)は寒い一日. 午後2時,“今の気温”検索---なんと9℃!.ダウンジャケットを着て仕事. 昨日までは春の陽気でした. 土曜日は,鎌倉海蔵寺へ. このブログでも,昨年,一回取り上げましたが,ハナカイドウでよく知られたお寺です. Google マッ…

「日本は,ギリギリの状態でなんとか踏みとどまっているという状態」「保健所とか,感染症研究所,地方自治体の皆さん,さらに地方衛生研究所,クラスター対策班の若手の研究者.こういった人たちの不眠不休の努力で,なんとかクラスターを見つけて,それを最小限に抑えている.それによって,なんとか大規模な流行につながらないような状況をつくれている」「今までの対策を続けているだけでは,第二波は乗り越えられないと我々は考えています」厚労省クラスター対策班押谷仁氏 NHKスペシャル

この土曜・日曜(3/21,3/22)は温かい春の陽気. 土曜日は鎌倉海蔵寺,日曜日は藤沢の携帯修理店へ(8年使用したiPod touchの電池交換:この機種だとうまく交換できるかどうか分からないと言われました). この時期の土日としては,人出は少ないものの,かな…

庭の梅が開花.我が家は日蔭が多く,例年他所より開花が遅れます.鎌倉の梅は多分もっと開いて,見頃間近か?と,開花状況を探索に.英勝寺;外から見ると5分咲きといったところでしょうか.今日はいつもの宝戒寺ではなく,荏柄天神を目指すことに変更.道すがらの八幡宮平家池の島に白鷺を発見.源氏池の島には大きな紅梅.遠目でも見事.荏柄天神;本堂の向かって右に紅梅.左が白梅.どちらもや英勝寺と同程度には開花. ゆったりとした気分で帰途へ.

この何日か,寒さが身にしみる日々が続きましたが---- 今日(2月11日)は,昼間は日射しがあって,風も穏やかで,陽気は上々. 我が家の庭の水仙は今が盛り. 菜の花のつぼみも膨らんで,もうすぐ食べ頃?見頃? 二三日前に梅も開花しました! 我が家は日蔭…

花の少ない11月下旬.でも,鎌倉のおんめ様では,かわいらしい花たちが迎えてくれました.この季節,定番のホトトギス,マンリョウに加えて---私が知らなかった花々も.ツルウメモドキは,気に入りました.これを機に,以前,集めた「梅/梅花の名前が付けられた植物」を更新しました.ただし,画像をお借りして貼り付けただけで時間切れ.「梅/梅花の名前が付けられた植物」1

「梅/梅花の名前が付けられた植物」1 日曜日,昼食後,いつもの散歩道にお客様をご案内. 鎌倉のおんめ様(大巧寺)から宝戒寺ー鶴岡八幡宮ー寿福寺のコース. 花の少ない11月下旬でしたが,おんめ様では,かわいらしい花たちが迎えてくれました. この季節…

季節外れの花が咲いていました.初夏に咲くバイカウツギ.春先に咲くスミレ.”狂い咲き”. こう書いて--- 「話し言葉ならま〜いいとしても,ブログに載せるのに,少し抵抗感がある. 他の言い回しはないのか?」 調べてみました.代替できる言葉として“返り咲き/返咲”が見つかりました.より古くから用いられ,英語reflorescence の日本語訳にもなっていました.これからこの言葉を使いたいのですが---理解してくれる方がどれ位いるのか?

昨日・今日は,本格的な秋晴れといってよい天候でした. 我が家の庭の秋の定番,真っ盛りなのは クジャクアスター, パイナップルセージ(サルビア・エレガンス). 二週間前に播いたビオラも芽を出してくれました. 今年も,遅れに遅れた種まきでしたが--- …

ギンモクセイ銀木犀/モクセイ 金曜日の大雨とはうって変わった穏やかな秋の日曜日.大仏殿での展覧会を見た後,銀木犀に出会いました.近くではっきりと見たのは今回が初めてです.穏やかな気持ちにさせてくれる花.とても気に入りました.モクセイの基本種で,今が盛りのキンモクセイは,銀木犀の変種扱いだそうです.かなり大きな樹の根元にはぎざぎざの葉が芽を出していました.どこにでもある樹の子供だと思いますが---,特定するには力不足.もっと早くから植物に興味を持っていたら---.

4日前,日曜日に,久しぶりに鎌倉大仏を訪れました. 展覧会を見るため. なんと,鎌倉大仏の後方を取り囲む回廊の壁を利用した,ぜいたくな展示でした. 金曜日の大雨とはうって変わった穏やかな秋の日.いい時間を過ごさせてもらいました. 一通り見終わ…

鎌倉海蔵寺 花のお寺の春.ハナカイドウは特に知られていますね.リンゴ属の美しい花です.その他にも沢山の花々を楽しめます.しだれ桜(多分),シャガ,ユキヤナギ,そしてミツマタ.モミジの赤い新芽.緑ももちろん.ツツジ・シャクナゲ・ヤマブキ・アセビ----.鎌倉駅から海蔵寺に向かう道では,満開のサクラを何本も.

春らしい,暖かな1日. 花のお寺で知られる海蔵寺へ.(以前は特に特徴のないお寺だったのですが---) この時期は,海棠(かいどう 正式にはハナカイドウ)が見頃のはず.(以前,鎌倉の海棠と言えば,長谷の光則寺でしたが) Google マップ 扇ガ谷の一番奥…

イワヤツデ つかの間の時間を利用して植木市に.岩石を覆った植物2種だけを扱ったコーナーが.見たこともない,名も聞いたことがない イワヤツデとイワマツ.ロックガーデンや盆栽/山野草愛好家の諸氏にとってはよく知られているようですが---.イワヤツデは,湿った岩場に生育するユキノシタ科イワヤツデ属の植物.正式和名はタンチョウソウ. +ユキノシタ科の花々

先週の金・土曜日は出張.帰宅前のつかの間の時間を利用して植木市に.場所は姫路城の大手前公園. 明け方の雨もやんだすがすがしい日でした. 見慣れた植物,名前だけ知っている植木---.その中に岩石を覆った植物2種だけを扱ったコーナーが. 見たことも…

一週間前のこと.鎌倉八幡宮を通っての帰路.小袋谷方面の出口に向かう途中,そろそろ散りかけている花木を発見.拡大してみると,やはり桜でした.早咲きの桜は,何種類かあるようですが---.写真の解像度が悪く,特定は困難.寒桜?寒咲大島?

今日は,予報にない雪. まだ咲いていたパイナップルセージにも雪が.花の咲いたままの冬越しはやはり無理? 一週間前の木曜. 仕事の仲間の突然の訃報.お別れに行った帰り道. 昨年,同じ頃訪れた鶴ヶ岡八幡宮を通って,帰路に. 昨年と同じように満開の源…

りんご1 カキはほぼ終わり,青果店にはミカンとともにリンゴが沢山並べられています.サンふじ,ふじ,王林.リンゴの品種について少しだけ調べてみました.生産量断然トップのふじ.袋がけをしないとサンふじと呼ばれて店頭へ.生産量2位のつがるは早生種で今日見た店では扱っていませんでした.緑黄色ながら生産量3位と頑張っている王林.香りが良く甘い品種です.

青果店の果物売り場. リンゴが全面に並べられていました. 品種は,サンふじ,ふじ(この写真にはない),王林. リンゴの品種を少し調べてみると--- ▽有袋りんごと無袋りんご https://www.ringodaigaku.com/main/bag/bag.html サンふじと,ふじは同じ品種 …

花を求めて,〜鎌倉宝戒寺〜おんめさま(大功寺)を散策.家々の庭には山茶花・夏みかんが目立ちます.宝戒寺では,センリョウ,マンリョウの赤い実.スイセンも咲き始めていました.おんめさまの散策路,ホトトギス,ノギクなどがかわいらしい花々の中に,見慣れぬ花.赤花のハクチョウゲ.本来は初夏の花のはずですが----.アカネ科アカネ亜科ヘクソカズラ連ハクチョウゲ属で「剪定すると切断面は強い臭気を放つ」そうです.

日曜日(11月25日),花を求めて,鎌倉駅〜鎌倉宝戒寺〜おんめさま(大功寺だいぎょうじ)を短時間の散策. 花を楽しむにはあまり良い季節とはいえませんが,線路際のカンナはまだたくさんの花を残していました. 道すがら,家々の庭に目立つのは,花木とし…

線路際の花々:ジュズダマ,ハゼラン,エノコログサ,オシロイバナ.ハゼランは名前を知りませんでした.そして,ジュズダマがハトムギと同種ということも知りませんでした.ハトムギは小麦の代わりに使うことも可能とか.ジュズダマも食べようと思えば食べられるのでしょうね.

昨日は,暑い暑いといいながらも,午後に買い物. 線路際には久しぶりに見る数珠玉. そのとなりにあった赤い花は何?ネットで調べるかぎりは,多分ハゼラン. 線路際は,いろいろな草花が,思い思いに生を楽しむ場所にみえます.JRがそれほど草刈りをしない…

ベートーヴェン第九交響曲 吉田秀和 終楽章にはじめて歌が導入されてくる.この歌は,精髄をつくした三つの楽章が終わった.その地点で,はじめて存在理由が生まれてくる.歌声がはじまったとき,私たちが覚えるあの感動は,その動かせない証拠である. そして「歌いたい人は,みんな来たまえ!誰にも歌えるはず」と,この音楽は,いっているのではないだろうか?」「人間はみんな兄弟になる.この輪踊りに参加したまえ」 +特別な日・霊園のサルスベリ・アベリア・ヘクソカズラ

8月18日.今日は,私にとって特別な日. そして,昨日まで四連続でNHKBS1スペシャル「鳴門の第九 歌声がつなぐ日独の100年」を取り上げていたこともあって, http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/08/15/004337 http://yachikusakusaki.hate…

場所は,鎌倉大仏の裏手. 高徳院の裏門に当たるところでしょうか?人知れず枝いっぱいに花を咲かせるサルスベリがあります.お寺とサルスベリは相性がいいように思います.少なくとも鎌倉では,どのお寺にも植えられている?楽しめます.

人知れず枝いっぱいに花を咲かせるサルスベリ 病院の母を毎日訪ねるのが,このところの日課. その道すがら,とても気になっていた花がありました. 今日は門が開いていたので,停車して写真を撮ることができました. サルスベリの花. このように枝振りが立…

わが家の前の道路では,電柱は,歩行者にとって心強い味方.歩行者を忘れたとしか思えない「無電柱化」の動きには,憤りすら感じます.歩行中に車にはねられて死亡した高齢者の割合が突出している日本.過去の日本人が想定していなかったような車社会の中で,「歩行者優先の生活道路」をどのように整備すべきかをまず考えるべきではないでしょうか?

わが家の前の道路. 子供の頃は道で遊ぶこともでき,散歩もゆっくりできる生活道路でした, 今や,時間によっては渡ることに危険も感じる道に.子どもの飛び出しは怖いし,高齢者の場合,歩行自体にも不安を感じます.車が多くなりました. 道幅はといえば,…

イチゴ1 店頭に並んでいたイチゴはとちおとめ(栃木県産),あまおう(福岡県産),さちのか(佐賀県産).今まで購入したことのなかった「あまおう」はかなりの美味.ほかにも「ひのしずく」「さがほのか」「紅ほっぺ」「きらぴ香」など,沢山の品種が開発・栽培されているようです.産業として栽培されるようになったのは第二次大戦後しばらく経ってからというイチゴ.ここにまで来るのには生産者の涙ぐましい努力が.

春. イチゴが果物売り場の主役になる季節. 今日,店頭で見かけたイチゴは,とちおとめ(栃木県産),あまおう(福岡県産),さちのか(佐賀県産). 沢山の品種があります. 現在栽培されているのはどれぐらいあるのか見当もつきません.ある苗屋さんのサ…

鎌倉の梅の花は? 鶴岡八幡宮近くの宝戒寺を目指して,梅花探索.白梅も,そして紅梅も満開. 今日見た花で最も見事だと思ったのが,ソシンロウバイ(素心蝋梅).このように見事な木をみたのは初めて.

鎌倉の梅の開花は? 目的地を宝戒寺と定めて梅の花探索へ. Google マップ 秋の萩で有名ですが,冬の梅も見事と聞いていました.この季節に訪れるのは初めて. 大気はひんやりしてましたが,太陽の光は春を思わせる暖かさ. 小町通りを少し入ったところの川…

「衣ほすてふ」vs「衣ほしたり」 百人一首と万葉集(3) 「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山  」「春過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香久山」 持統天皇

百人一首で取りあげられた万葉の歌 小倉百人一首には「万葉集」から”選ばれた歌”はありません. しかし万葉集に元歌がある歌が推定を含めて四首あります.(四首は本ブログ最後尾に記載) https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107866…

松はカミの依代(よりしろ).「門松は,正月にその年をつかさどる歳神(としがみ)の来訪のしるし,歳神を家に案内する役目をになっての依代なのである」「本来,カミの依代としては,ただマツを立てるだけでよいのである.つまり,かたちではなく,マツそのものに意味があるのだ」 神崎宣武 “しきたりの日本文化(角川ソフィア文庫)”

正月に松飾りはつきもの. 年の瀬,小さなフラワーショップにも,松が売られています. http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2017/12/28/001146 “たとえ他を省略しても,松だけは欠かさない” というお宅も多いように思います. 「松は一番縁起がい…

年の瀬の街に出ると 正月を迎える準備の雰囲気が.以前ほどではないにせよ. 小さなフラワーショップは正月飾り,縁起物の花で埋め尽くされていました. センリョウ,ナンテン,マツ,サカキ,花餅,金柳-----/ ナンテンはわが家でもまだ沢山実をつけています.そして種蒔きが遅れたビオラ:花がようやく咲きました.

今年もあとわずか. 年内に咲かないかも---と心配していたビオラ. あんなに種蒔きが遅れたのに,何とか一輪ずつ花をつけてくれました.これで一二月の本格的な寒さをしのいで,春には立派な株となってくれそう. 年の瀬の街に出ると 正月を迎える準備の雰囲…

サンキライ?知りませんでした:「お花屋さんで冬の赤い実といえば「サンキライ」 との記事も.最近はそうなっているのでしょうか? わが家の秋の赤い実はナンテン,マンリョウ,それにヤブコウジ. マン・セン・ヒャク・ジュウリョウまではおめでたいとして花屋さんに並ぶ季節になりました.イチリョウ,そしてオクリョウまであるそうです.

フラワーショップの店先のリースの赤い実. 勇気を出して?店員さんに名前を聞いたところ--「サンキライ」とのこと. 知りませんでした. 「お花屋さんで冬の赤い実といえば『サンキライ山帰来』」との記事も.【植物図鑑】サンキライ(サルトリイバラ) 最…

スクーター: 毎日港に現れる ホーマー:いつも外で遊び歩いて---すごいジャンプでネズミを捕獲!  早足サンディ:犬と大の仲良し.犬よりずっと早い! プリンスエドワード島という素晴らしい場所で,伸び伸びと暮らすネコたち.野生の輝きを見せてくれます.赤毛のアンもこんなネコたちと遊んでいたのかな?

「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち⑤〜⑦ Google マップ :岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(3) 岩合光昭の世界ネコ歩き - NHK [ プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち① http://yachi…

林明子原画展に行ってきました. 「はじめてのおつかい,原作筒井頼子,絵 林 明子(絵本歴代発行部数17位)」は,子育て中私も何回か読んだ絵本. もう40年前の作品になるんですね.とてもステキな空間で,穏やかな気持ちにさせてくれる一時を過ごすことが出来ました.足を伸ばした昆陽池公園.晩秋をゆったり満喫. 

1ヶ月に一回の兵庫行き. 今回は帰り道,絵本好きのステキな案内人を得て伊丹へ. 場所は伊丹市立美術館. Google マップ アクセス | 伊丹市立美術館 「みやのまえ文化の郷」の一角にあるこじんまりとした,でも他の美術館とはひと味違う美術館. 絵本の絵・…

モミとドイツトウヒとクリスマスツリー: ホワイトハウスのクリスマスツリーはモミが主.ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは,1978年以来,ドイツトウヒ.evergreen tree常緑樹であれば,何でも良さそう.「針葉樹は冬も落葉せずに緑を保つ.そのためその生命力を授かろうと身近に置いた.これがクリスマスツリーの原型と言われる」 

クリスマスまで1ヶ月. ということで,生花店の店先は,半分はクリスマス用の花やリース素材. ポインセチアは定番.目立ちます. クリスマスツリー用の常緑樹も小さいものが並んでいますが--- 高級店には本物も. モミとドイツトウヒ. 昨年,クリスマスツ…

正面から見ると,ボールに足が生えてるみたい.かっこいいスカーフしちゃって.体揺らしてどこ行くの?名前はミスターボタンズ.(②ストラットフォード)/  ん?どうしたの?あっ.(岩合さん:ネズミを捕まえました.厩舎でのお仕事です.)お仕事頑張ってるね.(③シャーロットタウン)/  じーっと待つこと20分.あっ.来た.網戸を直した跡があるのは,ウィンストンが飛びかかって破いちゃったからなんだって. こうして,毎日飽きずに鳥を待っている.(④バーノンリバー)  岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(2)

「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち②〜④ Google マップ :岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(2) [ 「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち① http://yachikusakusak…

シーシー,この広いお庭,野原いっぱい遊んで,家に帰ると沢山食べます.その暮らしぶりは,カナダの人にも通じています.本当に広いところで,人とネコが仲良く暮らす.プリンスエドワード島というのは,ネコが暮らす環境としては,とても良い場所に思えます.いい所ですよ.岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」

岩合光昭の世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」 冒頭の部分のみ,再録します. 「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち ①パークコーナー 朝6時半. 優しい光がネコを照らしている.あっ三毛猫なんだ. (岩合さん:朝の…