街 風景

わが家の前の道路では,電柱は,歩行者にとって心強い味方.歩行者を忘れたとしか思えない「無電柱化」の動きには,憤りすら感じます.歩行中に車にはねられて死亡した高齢者の割合が突出している日本.過去の日本人が想定していなかったような車社会の中で,「歩行者優先の生活道路」をどのように整備すべきかをまず考えるべきではないでしょうか?

わが家の前の道路. 子供の頃は道で遊ぶこともでき,散歩もゆっくりできる生活道路でした, 今や,時間によっては渡ることに危険も感じる道に.子どもの飛び出しは怖いし,高齢者の場合,歩行自体にも不安を感じます.車が多くなりました. 道幅はといえば,…

イチゴ1 店頭に並んでいたイチゴはとちおとめ(栃木県産),あまおう(福岡県産),さちのか(佐賀県産).今まで購入したことのなかった「あまおう」はかなりの美味.ほかにも「ひのしずく」「さがほのか」「紅ほっぺ」「きらぴ香」など,沢山の品種が開発・栽培されているようです.産業として栽培されるようになったのは第二次大戦後しばらく経ってからというイチゴ.ここにまで来るのには生産者の涙ぐましい努力が.

春. イチゴが果物売り場の主役になる季節. 今日,店頭で見かけたイチゴは,とちおとめ(栃木県産),あまおう(福岡県産),さちのか(佐賀県産). 沢山の品種があります. 現在栽培されているのはどれぐらいあるのか見当もつきません.ある苗屋さんのサ…

鎌倉の梅の花は? 鶴岡八幡宮近くの宝戒寺を目指して,梅花探索.白梅も,そして紅梅も満開. 今日見た花で最も見事だと思ったのが,ソシンロウバイ(素心蝋梅).このように見事な木をみたのは初めて.

鎌倉の梅の開花は? 目的地を宝戒寺と定めて梅の花探索へ. Google マップ 秋の萩で有名ですが,冬の梅も見事と聞いていました.この季節に訪れるのは初めて. 大気はひんやりしてましたが,太陽の光は春を思わせる暖かさ. 小町通りを少し入ったところの川…

「衣ほすてふ」vs「衣ほしたり」 百人一首と万葉集(3) 「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山  」「春過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香久山」 持統天皇

百人一首で取りあげられた万葉の歌 小倉百人一首には「万葉集」から”選ばれた歌”はありません. しかし万葉集に元歌がある歌が推定を含めて四首あります.(四首は本ブログ最後尾に記載) https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107866…

松はカミの依代(よりしろ).「門松は,正月にその年をつかさどる歳神(としがみ)の来訪のしるし,歳神を家に案内する役目をになっての依代なのである」「本来,カミの依代としては,ただマツを立てるだけでよいのである.つまり,かたちではなく,マツそのものに意味があるのだ」 神崎宣武 “しきたりの日本文化(角川ソフィア文庫)”

正月に松飾りはつきもの. 年の瀬,小さなフラワーショップにも,松が売られています. http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2017/12/28/001146 “たとえ他を省略しても,松だけは欠かさない” というお宅も多いように思います. 「松は一番縁起がい…

年の瀬の街に出ると 正月を迎える準備の雰囲気が.以前ほどではないにせよ. 小さなフラワーショップは正月飾り,縁起物の花で埋め尽くされていました. センリョウ,ナンテン,マツ,サカキ,花餅,金柳-----/ ナンテンはわが家でもまだ沢山実をつけています.そして種蒔きが遅れたビオラ:花がようやく咲きました.

今年もあとわずか. 年内に咲かないかも---と心配していたビオラ. あんなに種蒔きが遅れたのに,何とか一輪ずつ花をつけてくれました.これで一二月の本格的な寒さをしのいで,春には立派な株となってくれそう. 年の瀬の街に出ると 正月を迎える準備の雰囲…

サンキライ?知りませんでした:「お花屋さんで冬の赤い実といえば「サンキライ」 との記事も.最近はそうなっているのでしょうか? わが家の秋の赤い実はナンテン,マンリョウ,それにヤブコウジ. マン・セン・ヒャク・ジュウリョウまではおめでたいとして花屋さんに並ぶ季節になりました.イチリョウ,そしてオクリョウまであるそうです.

フラワーショップの店先のリースの赤い実. 勇気を出して?店員さんに名前を聞いたところ--「サンキライ」とのこと. 知りませんでした. 「お花屋さんで冬の赤い実といえば『サンキライ山帰来』」との記事も.【植物図鑑】サンキライ(サルトリイバラ) 最…

スクーター: 毎日港に現れる ホーマー:いつも外で遊び歩いて---すごいジャンプでネズミを捕獲!  早足サンディ:犬と大の仲良し.犬よりずっと早い! プリンスエドワード島という素晴らしい場所で,伸び伸びと暮らすネコたち.野生の輝きを見せてくれます.赤毛のアンもこんなネコたちと遊んでいたのかな?

「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち⑤〜⑦ Google マップ :岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(3) 岩合光昭の世界ネコ歩き - NHK [ プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち① http://yachi…

林明子原画展に行ってきました. 「はじめてのおつかい,原作筒井頼子,絵 林 明子(絵本歴代発行部数17位)」は,子育て中私も何回か読んだ絵本. もう40年前の作品になるんですね.とてもステキな空間で,穏やかな気持ちにさせてくれる一時を過ごすことが出来ました.足を伸ばした昆陽池公園.晩秋をゆったり満喫. 

1ヶ月に一回の兵庫行き. 今回は帰り道,絵本好きのステキな案内人を得て伊丹へ. 場所は伊丹市立美術館. Google マップ アクセス | 伊丹市立美術館 「みやのまえ文化の郷」の一角にあるこじんまりとした,でも他の美術館とはひと味違う美術館. 絵本の絵・…

モミとドイツトウヒとクリスマスツリー: ホワイトハウスのクリスマスツリーはモミが主.ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは,1978年以来,ドイツトウヒ.evergreen tree常緑樹であれば,何でも良さそう.「針葉樹は冬も落葉せずに緑を保つ.そのためその生命力を授かろうと身近に置いた.これがクリスマスツリーの原型と言われる」 

クリスマスまで1ヶ月. ということで,生花店の店先は,半分はクリスマス用の花やリース素材. ポインセチアは定番.目立ちます. クリスマスツリー用の常緑樹も小さいものが並んでいますが--- 高級店には本物も. モミとドイツトウヒ. 昨年,クリスマスツ…

正面から見ると,ボールに足が生えてるみたい.かっこいいスカーフしちゃって.体揺らしてどこ行くの?名前はミスターボタンズ.(②ストラットフォード)/  ん?どうしたの?あっ.(岩合さん:ネズミを捕まえました.厩舎でのお仕事です.)お仕事頑張ってるね.(③シャーロットタウン)/  じーっと待つこと20分.あっ.来た.網戸を直した跡があるのは,ウィンストンが飛びかかって破いちゃったからなんだって. こうして,毎日飽きずに鳥を待っている.(④バーノンリバー)  岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(2)

「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち②〜④ Google マップ :岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」(2) [ 「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち① http://yachikusakusak…

シーシー,この広いお庭,野原いっぱい遊んで,家に帰ると沢山食べます.その暮らしぶりは,カナダの人にも通じています.本当に広いところで,人とネコが仲良く暮らす.プリンスエドワード島というのは,ネコが暮らす環境としては,とても良い場所に思えます.いい所ですよ.岩合光昭 世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」

岩合光昭の世界ネコ歩き「プリンスエドワード島」 冒頭の部分のみ,再録します. 「赤毛のアン」の島,プリンスエドワード島で岩合光昭さんが出会った猫たち ①パークコーナー 朝6時半. 優しい光がネコを照らしている.あっ三毛猫なんだ. (岩合さん:朝の…

鎌倉八幡宮の大銀杏が倒れてから既に7年.台風のおかげで他の黃葉/紅葉も鎌倉では? 生きた化石・奇跡の樹 イチョウの黃葉を楽しみたくなりましたが--,どこへ? イチョウ(1)

秋晴れの暖かな日.近くに用があったついでに鎌倉八幡宮へ足を伸ばしました. 途中の川喜多映画記念館の銀杏.そろそろ黃葉が美しくなり始める頃.のはずですが,全体にくすんで見えます. 落ち葉も褐色の葉が多く,黄色く色づいたものはわずか. 秋の台風が…

芦屋 大阪から,尼崎,西宮,芦屋,神戸と続く街の中で,一番小さな市にして高級住宅街.JR芦屋駅のまわりをほんの少し散策.収穫はアベリア(ツクバネウツギ属)の花.似て非なる「ウツギ」の花を沢山見たいと願っていたので.虛子三代の句碑や美しい蔦の葉も.

今日は一ヶ月に一回の神戸行き. 雨の続く中,ちょっと憂鬱な気分でしたが----. 朝から雨はほぼ止んで, 新大阪からJR新快速に乗り換えるときに「仕事は明日.ちょっと寄り道しても--.でもどこに?」 芦屋駅で降りることにしました. 大阪から,尼崎,西宮…

おんめさまの散策路の花々: 秋明菊(ジャパニーズアネモネ),ホトトギス(鳥のホトトギスのような斑点が).そして鉢植えのガマ(蒲).+蒲の話題1(因幡の白ウサギ),2(蒲鉾).3(蒲焼き)

昨日 秋雨の中のムラサキシキブ.そして初めて見る金糸梅.おんめさま(大巧寺)の散策は気持ちを穏やかにさせます./ 「ウメ(梅)/ バイカ(梅花)」が名前に組み込まれた植物 Ⅱ - yachikusakusaki's blog に引き続き,鎌倉おんめさま(大巧寺 だいぎょう…

秋雨の中のムラサキシキブ.そして初めて見る金糸梅.おんめさま(大巧寺)の散策は気持ちを穏やかにさせます./ 「ウメ(梅)/ バイカ(梅花)」が名前に組み込まれた植物 Ⅱ

おんめさまの秋の花々1.(付 金糸梅と「ウメ(梅)/ バイカ(梅花)」が名前に組み込まれた植物 Ⅱ ) 寒い秋雨の中,鎌倉「おんめさま」(大巧寺だいぎょうじ)の境内を散策しました. Google マップ 門が2つあって,通り抜けるための歩行者専用道を歩く…

オシロイバナ どこにでもあると見過ごしがちですが,よく見るとなかなか可愛らしい美しい花姿.調べてみると,話題となるような性質を様々持った花のようです.「おしろい」の代用?英語では「Four-o'clock,Marvel of Peru」,花色についてはいまだに研究途中とか.近縁の花にはブーゲンビリアが.

夕方,町へ出ると,夕焼け. 先日の夕焼けも美しい空でしたが, yachikusakusaki.hatenablog.com 今日は穏やかな優しい夕焼けでした. 線路沿いの空き地は,オシロイバナが群生. どこにでもあると見過ごしがちですが,よく見るとなかなか可愛らしい美しい花…

小雨の中,神戸三ノ宮駅 〜「神戸」の由来に関わる最古の神社の1つ生田神社まで散策.駅周辺は,花で飾られなかなか見事.交差点横のカボチャの作品は話の種に十分なると思うのですが---.目を向けているのは私だけ.皆さん忙しいようですね.

月一回の兵庫行き.神戸に来ています. ほんのわずかの時間,小雨の中,神戸三宮駅周辺を散策. 神戸市はがんばって美化に取り組んでいて,駅の周辺には花が沢山飾られています(他の場所は?). この凝った形のプランターを見て下さい. 駅から歩いて5分…

虹は本当に七色? 町へ出てふと東の空を見ると, 虹! 欧米では虹を七色と数えないと聞いたことがあります. 改めて調べてみました.「日本人が虹は七色としたのは明治以降,欧米の影響から(もともとはニュートン)」「欧米人もひと昔前までは,虹を7色と考えていた---教育方針が変わり,6色と教えるようになった」「ショナ語にもバサ語にも,もっと細かい色を表わす用語が多数ある」.

久しぶりの虹 今日は,夜明け前から大雨.その後も降ったり止んだり. 夕方になって,やっと陽射しが.町へ出てふと東の空を見ると. 虹です. 全体が夕焼けといってよいような,やや珍しい空.虹も赤く見えます. 拡大してみても,七色の虹とはかなり違いま…

トクサ:ツクシと親戚筋なんですね.やや地味ながら今でも良く植えられているようです.子供の頃,わが家にあったな〜,ハサミのサビを落としてみたことがありました.土を吸収して硬くなっている!知りませんでした.

お花屋さんの店先で,トクサを見つけました. 地味な植物ですが,子供の頃,わが家にあったな〜,ハサミのサビを落としてみたことがあったっけ,と懐かしく眺め--- その後ぶらぶらと街を歩いて行くと:スキヤキを食べさせるお店の入り口横にもトクサが!今で…

トルコギキョウは私が最も好きな切り花の一つ.キキョウ科ではなく,リンドウ科の植物;アメリカの原種はリンドウにかなりよく似た花をつけます.アメリカリンドウではなくてトルコギキョウとなぜ名付けられたのかは不明ですが,今となってはこれ以外の名前は考えられなくなってしまいましたね.

一昨日に引き続き,フラワーショップの店先から--- 切り花コーナーには,日本の代表的な夏/秋の花,リンドウとオミナエシが. オミナエシがこの様に売られていることには,今まで気づきませんでした. そして,私が最も好きな切り花の一つが,トルコギキョウ…

ケイトウとヘクソカズラ 街の中を歩き,また霊園で,今日見た花たち.その中で万葉集に詠まれている花はこの二種でした. 熱烈な恋や若い美しい女性を表す:からあゐ(韓藍)/ 万葉集 恋(こ)ふる日の,日(け)長くしあれば,我が園の,韓藍(からあゐ)の花の,色に出でにけり / 悪臭で知られかわいそうな名前をつけられた くそかずら / 万葉集 さう莢(けふ)に,延(は)ひおほとれる屎葛(くそかずら),絶ゆることなく宮仕へせむ

真夏の季節というのに,雨模様の空が続いています. だからといって,春や秋の花が咲くわけではありません.街を飾っている花々は,夏の花.ニチニチソウ,マリーゴールド,クレマチス,コリウス---- 街を歩いて見かける花は,ほとんどが最近海を渡ってきた…

サルスベリとミソハギを鎌倉のお寺とお店で見かけました.夏を代表する花木と代表的な盆花: 見た目は全く違うのに---植物としてはとても近い属に分類されていました.

猛暑も一休みの中,鎌倉妙本寺まで散策. 往路は大巧寺(おんめさま),復路は本覚寺(日朝さま)を通って. どのお寺にも,大小はあるものの,サルスベリ(百日紅)が満開. 7月から9月まで,暑い中,紅い花を咲かせ続ける百日紅(さるすべり:そのまま「ひ…

鶴岡八幡宮の蓮: 水面からツンと立ち上がった蓮の葉と花.見ているとすがすがしい気持ちにさせられます.でも--- スイレンと違って,午後に花を閉じてしまう.知りませんでした.睡蓮と蓮の違いをまとめてみました. なお,平家池のほとり旧神奈川県立美術館の建物は残されて活用されるそうです.よかった.

蓮の花を見ようと,鎌倉鶴岡八幡宮へ. 折しも,ぼんぼりまつりの初日. http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2017/08/07/005507 ぼんぼりを見て回った後,源平池へ. 元気な蓮の葉,つぼみ.そしてほとんどは閉じているものの,それでも美しい花を…

ぼんぼり祭に行ってきました.鶴岡八幡宮で毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間行われる鎌倉の夏の風物詩.でも,「ぼんぼり」と「あんどん」「ちょうちん」「とうろう」.どこがどう違うのでしょうか?

ハスの花を見ようと, 鎌倉八幡宮に出かけてみると--- 今日(8月6日)からぼんぼり祭が始まっていました. 夜になると灯明がともされて風情があるのですが---- 鶴岡八幡宮 | 祭りの意味 | 夏のお祭り ぼんぼり祭は,毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間…

新緑が美しく,ツツジ咲く,書寫山圓教寺(書写山円教寺)に行ってきました.下山時に出会ったツツジは「モチツツジ」? ツツジ / 万葉集 物(もの)思(も)はず,道行く行くも,青山(あをやま)を,振り放(さ)け見れば,つつじ花,にほえ娘子(をとめ),桜花(さくらばな),栄え娘子(をとめ),汝(な)れをぞも,我れに寄すといふ 柿本人麻呂歌集

書寫山圓教寺(書写山円教寺)に行ってきました. もう1週間以上前のこと.そして,途中雨がふり,摩尼殿だけで戻ってきてしまいましたが. 圓教寺と言っても--- 関西以外の方は,ご存じない方も多いかと思いますので---簡単に説明を www.e-himeji.com より…

藤の花が山を彩っていました.古事記には「藤のツルで作った衣・袴・靴・弓」が藤の花になる,というお話があるそうです.万葉集には藤の花を詠んだ歌は26首. 平安期にも藤の花は描かれ続けます.フジ / 万葉集 こいしけば,かたみにせむと,わがやどに,うゑしふじなみ,いまさきにけり 山部赤人

我が家から,ふじいろの山が見えます. 慣れない望遠レンズをつけて写真を撮ってみました.できるだけ近づこうと斜め向かいの駐車場の奥へ.そして,崖を見上げて. 望遠レンズの威力を再確認.写真としてはイマイチでも,裸眼で見たよりずっと美しく見えま…

夙川(しゅくがわ.西宮市)のサクラは,つぼみがふくらんできてはいるものの,色づいてもいません.でも我が家の前のサクラの老木:幹から顔を出したつぼみがピンクに色づいていました. 桜(1)/ 万葉集 わがせこが,ふるきかきつの,さくらばな,いまだふふめり,ひとめみにきね 大友家持 

夙川のサクラ 今日は,神戸にいます.仕事は明日なので,途中下車して夙川の川べりを夕方に散策.この時期なのにまだ寒い.そんな気候にもめげずに. 夙川と言えばサクラで有名.「全国さくら100選」に選ばれているそうですが----.(日本さくらの会:自民党…

神戸元町ユーハイム〜ジャズ喫茶〜シネリーブル「この世界の片隅で」:片淵監督「『普段見せている姿や喋っていることがすべてではない』という肉体を伴った存在感を醸し出せる人"のん"

月一の神戸行き. 仕事は昼に終わったので,元町へ. 帰りの新幹線にちょうど間に合う時間帯に「この世界の片隅で」(広島住まいのTから薦められた映画)の上映があることがわかり,普段なかなか時間がとれない中,チャンスとばかりに. ハーバーランドから…

梅が早くも満開 鎌倉鶴岡八幡宮

鎌倉鶴岡八幡宮で早くも梅がほぼ満開でした.鎌倉駅から八幡宮まで裏道を通って梅を見に行ってきました. 鎌倉駅西口です.長く住んでいる方々は「裏駅」って呼んでいますが. 西口正面の道を行かずに,線路沿いの細い道へ.古い素泊まりのホテルがある道で…