美術,工芸

沖縄の風をはらむ芭蕉布3 三つ目の壺:布の記憶を未来に伝える.芭蕉布の始まりは,およそ600年前の琉球王国の時代.当時は,王に仕える士族たちの正装としても.受け継がれていた伝統は,ある出来事によって途絶えます.第二次世界大戦と戦後の混乱です.立ち上がったのが,喜如嘉の女性たち.苗を植えることから始め,様々な努力を続けます.しかし,全てを守り伝えることはできませんでした.今,一度途絶えた芭蕉布をよみがえらせようという動きが始まっています.

沖縄の風をはらむ芭蕉布 NHKBSプレミアム 美の壺File445 2020年10月7日(水) (初回 2018年5月18日(金)) 【出演】草刈正雄,【語り】木村多江 沖縄の風をはらむ芭蕉布1 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2020/11/23/234837 沖縄生まれの布,芭蕉…

沖縄の風をはらむ芭蕉布2 『糸の結び目が残っているのが味なんだ』「芭蕉布を着る時は,田舎娘とか漁師,畑仕事.庶民を演じる時に,芭蕉布を着て踊ってます」「乾燥するとやっぱりよく切れますので,すすみません.湿った天気の時は1メートルちょっとぐらいも織ますけど、織れない時は30センチぐらいです」模様を生み出すのは琉球藍など天然染料で染めた糸.部分的に染められた糸を使い様々な模様を作ります.伝統の中で育まれてきた豊かな織り柄の世界. その一つ一つが島の心を今に伝えます.NHKBSプレミアム美の壺

沖縄の風をはらむ芭蕉布 NHKBSプレミアム 美の壺File445 2020年10月7日(水) (初回 2018年5月18日(金)) 【出演】草刈正雄,【語り】木村多江 「沖縄の風をはらむ 芭蕉布(ばしょうふ)」 - 美の壺・選 - NHK 沖縄の風をはらむ芭蕉布1 http://yachikusakusaki.…

沖縄生まれの布,芭蕉布. 始まりは,およそ600年前の琉球王国の時代.風通しが良く,高温多湿の沖縄に最適な布として愛されてきました. 素材は,バナナの仲間の植物から取り出した繊維そのもの. 壺一:“自然をまとう 沖縄の糸” 一本一本作られた芭蕉布の糸.島の恵みと技の賜物です. NHK 美の壺 「沖縄の風をはらむ芭蕉布」1

沖縄の風をはらむ芭蕉布 NHKBSプレミアム 美の壺File4452020年10月7日(水) (初回 2018年5月18日(金)) 【出演】草刈正雄,【語り】木村多江 「沖縄の風をはらむ 芭蕉布(ばしょうふ)」 - 美の壺・選 - NHK 草刈正雄「え〜,どんなのが来たのかな」 草刈さん,…