相模原 障害者 優生思想 旧優生保護法 差別 抵抗

岩手県のような行政トップの強い発信は中傷を即時に止めるのに有効.:達増拓也知事は感染確認前から「感染者は出てもいい.悪ではない」と繰り返していた. 初感染発表から2日後の記者会見では,感染者への中傷について「犯罪に当たる場合もある.鬼になる必要性もあるかもしれない」と強調した. 「鬼」発言の頃を境に,当該企業への電話やメールの半数程度が「患者が復帰できる環境をつくってほしい」といった激励に変化した.東京新聞

新形コロナ 岩手 知事発言で励ましの動き 感染者中傷 官民で「NO」 「責めない社会で 安心して検査を」 東京新聞 夕刊 2020年9月18日 新型コロナウイルス感染者の勤務先や,通う学校が誹謗中傷を受ける事例が目立っている. 7月下旬まで唯一の「感染確認ゼ…

大坂なおみ選手全米オープン優勝!内外の反響・本人の思いを綴る記事を集めてみました.米メディア,大坂を称賛 コート内外で「可能性は無限大」(日本経済新聞) 大坂なおみが米社会に与えたインパクト――変化するスポーツ界でよりリスペクトされる存在に/NY Times ワルドステイン記者(スポニチ) 大坂,亡き“兄”コービーにささぐ いつものレーカーズ「8」ユニホーム姿で登場「力を与えてくれた」(スポニチ) 幼稚な国/斎藤美奈子(東京新聞) 大坂なおみ,内向きな選手が声を得てリーダーに(BBCNEWS)

米メディア,大坂を称賛 コート内外で「可能性は無限大」 日本経済新聞 2020/9/15 https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20555_V10C20A9000000/ 【ニューヨーク=共同】テニスの四大大会の全米オープン女子シングルスで人種差別撤廃を訴えながら2度目の優…

「大坂なおみは,ウエスタン&サザン・オープンを棄権する意思があると語っていたが,大会関係者が木曜日に全試合を中止したため,復帰することに同意したという」(ニューヨークタイムズ).準決勝の延期は大坂選手の意思表示に対し,主催者が連帯の意を示したとも言えるものでした.「大坂は,握りこぶしの絵と“Black Lives Matter” の文字が描かれた黒いTシャツを着てコートに向かいました(ニューヨークタイムズ).

大坂なおみ選手が,ウィスコンシン州ケノーシャでのジェイコブ・ブレイク射殺事件を受けて,黒人に対する警察暴力に抗議のために,トーナメント準決勝の欠場を表明しました. ところが,NHKは「大坂なおみ 一転して出場へ」というコメントのもと,準決勝に勝…

コロナ禍による事業所の閉鎖やサービス縮小によって,多くの家庭が支援のない状態で放置されました.介護崩壊について取り上げますが,親が子どもを介護しているケースにはなかなか目が向けられません.//「この事態なら命の選別が起こっても仕方ない」という方向性が作られつつある怖さを感じます.//トリアージの議論;出てくるなり国民的なコンセンサスを得そうなことに不気味さを感じます.「支援なき地域の中で,障害者が棄民にされている」児玉真美 毎日新聞

コロナで何が変わるのか 障害者「棄民」政策,あらわ 支援なく,ケアは家族任せ 児玉真美 日本ケアラー連盟代表理事 毎日新聞2020年8月25日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20200825/ddm/012/040/098000c コロナ禍で介護サービスが制約された結果,…

京都のALS患者嘱託殺人は「切腹の苦しみを救う介錯の美徳」だと元都知事がツイートしました. 元知事ならず,今回の嘱託殺人が「なぜ悪いのかわからない」とする声があります.反ナチ運動のドイツの牧師の言葉が残っています.「ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき,私は声をあげなかった」 人々が排除された時に自分は彼らと違うからとタカを括っていたことを悔やみます. なぜなら「彼らが私を攻撃したとき/私のために声をあげる者は,誰一人残っていなかった」.慈悲という名の殺人 北丸雄二

慈悲という名の殺人 北丸雄二 東京新聞 本音のコラム 2020年7月31日 京都のALS患者嘱託殺人は「切腹の苦しみを救う介錯(かいしゃく)の美徳」だと元都知事がツイートしました. ALSを「業病(ごうびょう)」と呼ぶなど,ナチスの「慈悲死(Guadentod)」と…

相模原事件後も止まらない「命の選別」 作家の雨宮処凛さんがこの流れに対抗するために実践していることとは?  医療の世界の「自己決定」と「自己責任論」//刷り込まれてきた「障害=不幸」「高齢者=お荷物」という図式.そんな刷り込みをどの段階でも修正することができない//複雑な議論を飛ばしてなぜか「統治者目線」//「本音」を言う統治者と一体化する人々//生きることは何かを成し遂げた人の報酬じゃない//「かわいそう」だと思ったら,そこから助ければいい BuzzFeed岩永直子

相模原殺傷事件から4年の7月26日にあわせ,「命の選別」に関わる優れたインタビュー記事がBuzzFeedに掲載されています. インタビューアーは,新型コロナウイルスでタイムリーな記事を発信し続けているBuzzFeed岩永直子さん.優生思想に関わる問題にも積極的…

「相模原事件」から4年.死刑判決も確定したが,解決した気はしない.繰り返し表に現れる優生思想の言葉に私たちはどう立ち向かえばいいのか.詩人の岩崎航さんにお話を伺った.「次の事件が起きる怖さが今の社会にはある」「ALSの患者を医師が死なせた.私たちができることは,短絡して安楽死是非論争に飛び込むのではなく,なぜ,女性が,切実に安楽死を望むほど,生きることを辛く感じていたのかを考えることではないかと思います」BuzzFeed 岩永直子

相模原殺傷事件から4年の7月26日にあわせ,「命の選別」に関わる優れたインタビュー記事がBuzzFeedに掲載されています. インタビューアーは,新型コロナウイルスでタイムリーな記事を発信し続けているBuzzFeed岩永直子さん.優生思想に関わる問題にも積極的…

「とっぴな行動で人に認めてもらいたかったのでは」「障害があることによって『生きる価値がない』と思わせてしまう社会の空気」「生産性で人の価値を測る今の風潮で,誰しもが生きづらさを抱えている」危機感抱く障害児の父 // 「美帆に会いたいです.会いたくて,会いたくて仕方ありません」「裁判中もたくさんの人が彼の話を真剣に聞いてくれて嬉しかったのではないでしょうか」「差別は容易になくならないでしょう.でも少しでも減ればいいと思います」美帆の母 相模原殺傷事件4年

相模原殺傷事件4年 誰もが生きやすい社会に やまゆり園で献花 東京新聞 2020年7月27日 https://www.tokyo-np.co.jp/article/44987 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者十九人が殺害され,職員二人を含む二十六人が重軽傷を負った事件は二…

相模原の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され,26人が重軽傷を負った事件から26日で4年.重傷を負った尾野一矢さんは,この夏にも1人暮らしを始める.父親の剛志たかしさん「施設で暮らす多くの重度障害者の生活について,考えるきっかけになれば」.母親のチキ子さんは「精神的に落ち着いて,大人になってきた気がする」. 障害者団体要望「やまゆり園事件 利用者虐待の影響 県議会で究明して」 東京新聞

重傷を負った男性が踏み出す自立への一歩 相模原殺傷から4年 東京新聞 2020年7月25日 重傷を負った男性が踏み出す自立への一歩 相模原殺傷から4年:東京新聞 TOKYO Web 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され,26人が重…

自民党がダーウィンの進化論を誤用した言い回しを使って憲法改正の必要性を訴えた問題で,日本人間行動進化学会は,誤用に反対するなどとする声明を出した.進化論に「思想家や時の為政者によって誤用されてきた苦い歴史がある」と指摘.「生物の進化のありようから,人間の行動や社会がいかにあるべきかを主張することは,論理的な誤り」//「ダーウィンの進化論」に関して流布する言説について 日本人間行動進化学会 // 進化をめぐる誤謬 価値判断は別個のもの 長谷川真理子 毎日新聞

進化論をマンガが誤用 学会が反対声明「論理的に誤り」 小坪遊 朝日新聞DIGITAL 2020年6月28日 15時00分 進化論をマンガが誤用 学会が反対声明「論理的に誤り」:朝日新聞デジタル 自民党がダーウィンの進化論を誤用した言い回しを使って憲法改正の必要性を…

スウェーデン方式ほころび コロナ対策で独自路線  集団免疫達成ほど遠く,GDP見通しも減,死亡率北欧で突出 東京新聞 //スウェーデンの「集団免疫」をとる戦略に注目が集まっていますが,問題の本質は,『高齢者の介護をどのようにすすめるか,そしてその命をどのように考えるのか』に在るように思います.

新型コロナウイルスのパンデミックに対し,独自の路線をとるスウェーデン.必ずしもうまく対応できていないことに対し,様々な報道がなされ,日本でも話題に. このブログでも毎日新聞の記事を引用させて頂きましたが, http://yachikusakusaki.hatenablog.c…

アメリカニューヨーク州バッファローの抗議デモの現場で,先週75歳の男性が警察官に突き飛ばされて後頭部から転倒し大けがを負いました. この男性について,トランプ大統領は,ツイッターへの投稿で,反ファシズムを掲げるアンティファの関係者で,自ら転倒した可能性があるという認識を示し,ニューヨーク州のクオモ知事などから非難の声が上がっています.アメリカABC NHKキャッチ 世界のトップニュース

NHK キャッチ 世界のトップニュース 2020年6月11日 アメリカニューヨーク州バッファローの抗議デモの現場で,先週75歳の男性が警察官に突き飛ばされて後頭部から転倒し大けがを負いました. この男性について,トランプ大統領は,ツイッターへの投稿で,反フ…

 NHKのニュース番組「これでわかった!世界のいま」の公式ツイッターアカウントが,米国の抗議デモについて「背景には黒人と白人の貧富の格差がある」としたアニメ動画を投稿し,その説明や黒人の描き方について「差別を助長している」と批判が集まっている.NHKは9日,動画の掲載を取りやめ,おわびの文書を投稿し,同日夜のニュースでも謝罪した.なぜ,動画は「炎上」したのか 毎日新聞

ステレオタイプの「怒る黒人」,レベル低い歴史認識…NHK,米抗議デモ解説動画を削除,謝罪 毎日新聞2020年6月9日 19時40分(最終更新 6月9日 23時31分) 藤沢美由紀 和田浩明 mainichi.jp NHKのニュース番組「これでわかった!世界のいま」の公式ツイッターア…

SMILE "If you just smile" この短い一文を見ただけで,一つの楽曲が生まれるクリエーターの感性.七尾旅人さんの新曲がツイッター上で話題に. "If you just smile"は,よく知られた「SMILE」の歌詞の結びの言葉.「SMILE」の作曲者はチャーリー・チャップリン.歌詞がついたのはNat King Cole ナット・キング・コールの「Smile」.カバーした歌手は数知れず.ナタリー・コール,バーブラ・ストライサンド,マイケル・ジャクソン---

ツイッター上で,"If you just smile" が話題になっていることを知りました. シンガーソングライターの七尾旅人さんの新曲だそうです. 最近の音楽シーンには全く疎い私.ごめんなさい.七尾旅人さんのお名前も知りませんでしたが--- ご本人の素敵なブログ…

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,日本をはじめ,多くの国々で差別問題が噴出し,特に医療関係者へのいやがらせ(ハラスメント)が深刻と報道されています. そして現在でも収まる様子はみえません.日本の一般市民の大多数は偏見はいけないと眉をひそめています.しかし,そうは思いつつ,いざ白衣を見ると----. 強い気持ちが同時に必要になるでしょう.'Be strong, be kind' 「強く,優しく」ジャシンダ・アーダーン/ニュージーランド首相

'Be strong, be kind' 「強く,優しく」 ジャシンダ・アーダーン/ ニュージーランド 首相 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,日本をはじめ(⇒*),多くの国々で(⇒**)差別問題が噴出し,特に医療関係者へのいやがらせ(ハラスメント)が深刻と報道さ…

神奈川県医師会からのお願い 「侮らないで」「ごまかされないで」「PCR検査の本当」「胸部レントゲン検査やCT検査の困難」「医療機関の現状」「医療機関への偏見や差別」「一緒に戦いましょう」

神奈川県医師会では,新型コロナ感染症対策の現状を,積極的に発信しています. かながわコロナ通信 | 公益社団法人神奈川県医師会 https://kanagawa-med.or.jp/corona_news/ 現場の医師たちの切実な思い,県民への切羽詰まったともいえるお願いも掲載され,…

”相模原殺傷植松被告に死刑判決” 死刑判決を聞いて,私の胸中は2つの思いに引き裂かれる気がした.一つは「死刑は当然だ」という思い.その被告に対して,「いや,お前こそいらない」という判決を突きつけたのが今回の死刑である.被告と同じ論理で被告を社会から排除することになる. もう一つは,「ネット空間」が植松被告に与えた影響についてである.植松被告が,その世界観をゆがませていったのもネット空間かもしれない.渡辺一史さん 読売新聞湘南版 

相反する2つの思い ノンフィクションライター 渡辺一史さん 読売新聞 3月17日朝刊 湘南版 死刑判決を聞いて,私の胸中は2つの思いに引き裂かれる気がした. 一つは「死刑は当然だ」という思いだ. 過去の判例に照らすまでもなく,この事件で奪われた生命…

全国障害者問題研究会は二日,政府による全国の小中高などへの休校要請について「障害のある子と家族に深刻な問題をもたらす」として,撤回を求める声明を出した.声明は「全国一律の休校要請は,科学的根拠と十分な検討のない施策」と批判.障害のある子にとって,生活リズムの乱れなどによる行動の不安定化の懸念がある.地域の障害者福祉サービスなどは,現状から学校以上のリスクがある.保護者の就労と所得の保障,職員の体制確保への対応を求めている.東京新聞2020年3月3日夕刊D版

障害者団体 休校の撤回要請 「子と家庭に深刻な問題」 東京新聞2020年(令和2年)3月3日(火曜日)夕刊D版 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り,全国障害者問題研究会(東京都新宿区)は二日,政府による全国の小中高などへの休校要請について「障害のあ…

「自分が多数を殺傷して社会と国に訴えたというのだから『テロリズム』である」要因は3つ.1.悪意・侮蔑感がやまゆり園で職に就いて増幅された.2.「役に立たない自分」を挽回.3.目立てなくなってきた中で,「ゆがんだ自己実現」を図った./滝本弁護士.大変であっても共に生きることこそが本当の豊かさを導くのだと覚悟を決めるかどうか.本当の勝負は裁判が終わってからになる./奥田牧師 相模原殺傷 結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは2

結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは 2 WEB特集 結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは | NHKニュース www3.nhk.or.jp 相模原市にある知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されるなどした事件で,元職員の植松聖被告(30…

「私,普通のお母さんだから,たいしたこと言えないのだけど….でも美帆のことだけは誰よりもわかっているから,法廷でしっかり伝えなきゃって思うんです.諭すように話した方もいてそれも大事だと思ったけれど,私はあえて悲しみも厳しいことばもぶつけようと思っています.被告には何一つ届かなかったとしても」障害者殺傷事件 結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは 1

結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは 1 WEB特集 結審した“命をめぐる法廷” 最後に語られたのは | NHKニュース www3.nhk.or.jp -----(前略) 相模原市にある知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されるなどした事件で,元職員の…

「兄としての自覚もあったし,正義感も持っていました.誕生日にはカレンダーの日付を指さしておめでとうという気持ちを表現しました」「聞いてみると,単なる思いつきだったと思いました」「何げないこんなことが娘にも家族にも喜びでした」「娘の笑顔に会いたい」相模原殺傷事件公判 被害者遺族らの意見陳述 3 + 「むかつきました.一ミリも謝罪された気がしません.冗談じゃないです.美帆にはもう会えないんです」遺族や家族の席からすすり泣く声が聞こえた.相模原殺傷死刑求刑 東京新聞

相模原殺傷事件公判 被害者遺族らの意見陳述 3 東京新聞 2020年2月13日朝刊より 「四回目のお正月が過ぎたのに,年賀状が書けません.“おめでとうございます”だけはどうしても」---相模原殺傷 遺族らが意見陳述1 - yachikusakusaki's blog 「好き放題言い,…

「好き放題言い,----あまりにひどいですね.自分の人生,起こした事件に真剣に向き合うときですよね.あなたはあまりにも幼い」「痛いという言葉が言えなかったのですが,さぞ痛かっただろう」「判決は通過点に過ぎません.このような出来事が二度と起きないよう,事件を語りつづけることが,被害者家族の使命と考えています」「私,心をとざしてしまいました.それでも娘のことを言いたいのです.娘の笑顔はたくさんの人を幸せにしてくれました.」相模原殺傷事件公判 被害者遺族らの意見陳述2

相模原殺傷事件公判 被害者遺族らの意見陳述 2 東京新聞 2020年2月13日朝刊より 【殺害された女性=当時(六〇)=の弟】 植松聖さんに死刑を求めます. 人が亡くなり,刃物で重傷を負い,職員,家族,世の中の人が心に大きな忘れられない傷を負って生きて…

「四回目のお正月が過ぎたのに,年賀状が書けません.“おめでとうございます”だけはどうしても」「箱根駅伝を見て一緒に笑いながら過ごす時間はとても幸せでした」「分かったのは,被告人が,息子が誰か,どんな子なのか分からないのに,刺してしまったことだけでした」「大変なときもありましたが,苦労と不幸は違うのです」殺害された男性の母 / 「『不幸をつくる』存在だと言いますが,そんなことはありません.私や周囲の人を人間的に成長させてくれました」殺害された男性の姉// 相模原殺傷 遺族らが意見陳述1

相模原殺傷事件公判 被害者遺族らの意見陳述 1 東京新聞 2020年2月13日朝刊より 【殺害された男性=当時(四三)=の母】 息子が亡くなって四回目のお正月が過ぎたのに,年賀状が書けません.「おめでとうございます」だけはどうしても書けません. 息子は…

一人ひとりに価値がある 寺町東子(新聞を読んで/東京新聞 ): 「国の借金が減る」「社会の役に立ちたい」「『重度障害者を殺す』と言ったとき,一番笑いをとれた」「半分以上の人に同意や理解を示してもらった」美容整形や衆議院議長への手紙など,被告人が他者からの承認を強く求めていたことがうかがわれる.事件以前に,一人の人として大切にされてきたのだろうか.ありのままに受け入れられた経験はあるのだろうか.続く公判に注目したい. +東京新聞 相模原殺傷事件公判 2月 13日⇒2月 7 日

一人ひとりに価値がある 寺町東子 東京新聞 新聞を読んで 2020年2月9日朝刊 二〇一六年七月,相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者十九人が刺殺され,職員二人を含む二六人が負傷した事件の裁判員裁判が一月八日,横浜地裁で始まった. 被…

2020年2月6日 相模原殺傷事件 被告人に直接質問 遺族「何も得られず」/謝罪「本当の気持ちか」// 1月28日 園での勤務経験が影響か 植松被告が主張/「暴力はない」やまゆり園長/犯行一方的思い込み//1月27日「匿名審理,問題を象徴」と主張//1月27日「施設入所 負担の証拠」//1月25日被告,正当化延々と持論/被害者家族「あきれた」「責任能力を争うのは間違っていると思います」「大麻の話をもう少し」// 1月24日 背景に「金欲しい」植松被告犯罪と認識 東京新聞 被告人質問関連記事まとめ

相模原殺傷事件公判被告人質問 これまでのまとめ 東京新聞2020年2月7日⇒1月23日 ▽2020年2月7日 朝刊 相模原殺傷 犯行、両親から制止 差別思想、幼少期からか 東京新聞:相模原殺傷 犯行、両親から制止 差別思想、幼少期からか:社会(TOKYO Web) 相模原市…

相模原市の知的障害者施設で19人が殺害されるなどした事件の裁判.殺害された女性の弟「詳しい状況を教えてください」「急に殺傷して申し訳なく思っています」「たぶん3回以上は刺したと思います」/「ただの弱い者いじめでは」「そうは思いません」「重度障害者を育てるのは間違っている」//大けがをした尾野一矢さんの父親剛志さん「『障害者はかわいい』本当に」「仕事がしやすいからかも」/「必要ない人間は1人としていないとは思いませんでしたか」「それは感情なので」NHK NEWS WEB 2/5

障害者殺傷事件 遺族ら植松被告に直接質問 やり取り詳細 NHK NEWS WEB 2020年2月5日 19時25分 www3.nhk.or.jp 相模原市の知的障害者施設で入所者19人が殺害されるなどした事件の裁判で5日,被害者参加制度を使って,殺害された60歳の女性の弟と,大けがをし…

どうして今,名前を公表したかというと裁判の時に「甲さん」「乙さん」と呼ばれるのは嫌だったからです.話しを聞いた時にとても違和感を感じました.とても「甲さん」「乙さん」と呼ばれることは納得いきませんでした.ちゃんと美帆という名前があるのに.「美帆は一生懸命生きた」 相模原殺傷事件 美帆さんの遺族手記全文 毎日新聞//読売新聞オンライン//NHK特設サイト「19のいのち—障害者殺傷事件—」亡くなった19人それぞれのエピソード

「美帆は一生懸命生きた」 相模原殺傷事件 美帆さんの遺族手記全文 毎日新聞2020年1月8日 03時02分(最終更新 1月8日 06時10分) 「美帆は一生懸命生きた」 相模原殺傷事件 美帆さんの遺族手記全文 - 毎日新聞 相模原殺傷事件で犠牲になった女性(当時19歳)の…

2016年7月,相模原市のの知的障害者施設で,入所者19人が殺害された事件,明日初公判が開かれます.植松聖被告は,一体,何故,このような事件を起こしたのか?裁判が近づくにつれて,被告の言葉に,変化が見られるようになりました.「アホなことしたなとは思います」「事件の時は,ちょっとおかしかった」奥田牧師「経済の格差の問題を越えて,生きていい人と,生きてはダメな人たちが,どっか明らかに分断されていく,そういう時代全体の中で,この事件をもう一度位置づけなおさないと,見誤るんじゃないか」

ニュースウオッチ9 NHK総合1 1月7日(火曜)午後9時00分~ 午後10時00分 ニュースウオッチ9 - NHK NHKオンデマンド|ニュース 2016年7月,相模原市のの知的障害者施設で,入所者19人が殺害された事件,明日初公判が開かれます. 殺人などの罪に問われて…

生産性がないと存在しちゃいけないという空気が社会にあり,「いつかこんな事件が起きる」と予兆のようなものを感じていました.マイノリティー性や弱者性がある人は,特権を得ているように見られている.かたや苦しいのに何の支援も受けられないと感じている人がいる.全員が「負けたら死ぬ」というゲームに強制参加させられている状況です.ゲームの怖ろしさを自覚すれば,そこから降りたり引いてみたりできます.競争の怖さ 自覚を 雨宮 処凜さん 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞

競争の怖さ 自覚を 作家 雨宮 処凜さん(44) 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞 2019年12月27日(金) 生産性がないと存在しちゃいけないという空気が社会にあり,心のどこかで「いつかこんな事件が起きる」と予兆のようなものを感じていました. 周…

植松聖被告の考えと我々が思ってしまっていることの間に,そう距離はない.事件の根には「社会に対する無駄な危機感」があります.「世の中が悪くなる」という話が本当なのか問わねばなりません.優生思想を根絶できなくても,弱くすることはできます.してはならないことがあることは認めさせる.同時に漠然と抱いてしまっている不安・危機感に対して冷静になり,考え,落ち着く.両方が大切と考えます.誤った危機感 検証を 立岩慎也さん /相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞

誤った危機感 検証を 社会学者 立岩慎也さん(59) 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞 2019年12月26日(木) 人を殺傷してしまったのは特異ですが,植松聖被告(29)の考えと我々が思ってしまっていることの間に,そう距離はない. 事件の根には「社会…