相模原 障害者 優生思想 旧優生保護法 差別 抵抗

 敗戦直後の旧満州(中国東北部)で,岐阜県の黒川村(現白川町)周辺から渡った黒川開拓団の女性が,団幹部の指示でソ連兵に性的な「接待」をさせられた.「(夫がいる)奥さんには頼めん….あんたら娘だけ,犠牲になってくれんかと言われた.団の幹部にですよ」口を閉ざしてきた女性や遺族らは近年「悲劇を語り継がねば」と,行動を続けている. <つなぐ 戦後74年> 性接待 満州で1度死んだ 女性,遺族ら 歴史伝える決意 東京新聞 2019年8月14日 朝刊

<つなぐ 戦後74年> 性接待 満州で1度死んだ 女性,遺族ら 歴史伝える決意 東京新聞 2019年8月14日 朝刊 東京新聞:<つなぐ 戦後74年>性接待 満州で1度死んだ 女性、遺族ら 歴史伝える決意:社会(TOKYO Web) 敗戦直後の旧満州(中国東北部)で,岐阜…

植松聖被告と接見.礼儀正しく言葉づかいも丁寧だが,問題を掘り下げようとするといら立ちをみせ感情をあらわにする.意思疎通のとれない障害者が日本の財政難をはじめ,さまざまな問題の根源であると説く.しかし節約できたとしても財政難が解決するわけではない.「ムダ遣いの犯人」を探しては,バッシングを浴びせる姿勢が本当の英知とは思えない.そう語りかけようとする時のいら立ちはいっそう激しく声を荒げる.もう一つ,彼が向き合おうとしない事実.彼は『安楽死』という言葉を間違えて使っている.渡辺一史 7月26日 東京新聞夕刊

相模原障害者殺傷事件から3年 直視しない二つの事実 渡辺一史(ノンフィクションライター*) 東京新聞 6月26日夕刊 2016年に相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件から26日で3年になる. 筋ジストロフィーの男性を追った「こんな夜更けにバナナかよ」の著者…

やまゆり園 私も祈る 殺傷事件 3年  脳性マヒで生まれつき歩行が困難な東京都中野区の和田拓也さん.この3年月命日の献花を続けている.「障害者はいなくなればいい」植松聖容疑者の言葉が頭から離れなくなった. 通勤時にはすれ違う人たちから,冷たい視線を向けられているような感覚になり,居てもたってもいられず,その週末,初めて献花に訪れた.事件後は,障害者が積極的に街へ出ることが理解につながると考えるようになり,好きなアイドルのコンサートにも通う.読売新聞 7月26日夕刊

やまゆり園 私も祈る 殺傷事件 3年 都内の障害者 月命日に献花 読売新聞 7月26日 夕刊 知的障害者19人の命が奪われた「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)の殺傷事件から26日で3年. 脳性マヒで生まれつき歩行が困難な東京都中野区の和田拓也さん(26…

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(2) 障害者も,好きな場所で,社会参加をしながら生きられるように─. そんな理念の元,施行された障害者総合支援法では,常に介護を必要とする在宅の重度障害者に対し,公費負担でヘルパーを派遣する「重度訪問介護」の対象が,知的障害などにも拡大された.重い知的障害がある小林利之さんは,地元のNPOどのサポートを受け,05年から一軒家で「一人暮らし」をしている.生活を続けるうちに,できることが増えた.掃除ではちりとりを担当し,スーパーにも一緒に行く. 読売新聞7月26日

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(2) 神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から3年.園では今,入所者123人を対象とした「意思決定支援」が進む.重度障害がある入所者たちの意向をくみ取りながら,今後の住まいの選…

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(1) 事件後,「地域社会から隔離されがちになる旧来型の大規模施設」との批判の声が上がり,県は,やまゆり園を小規模化した2施設に分散させる計画を決めた.入所者を決めるプロセスは,従来とは異なる.住宅街の中で少人数が共同生活を送るグループホーム(GH)なども選択肢としたうえで,本人の意思を尊重しながらの作業.事件で重傷を負った尾野一矢さん.両親は,一矢さんが訪問介護サービスを活用し,アパートで一人暮らしをする日を夢見ている.読売新聞 7月26日 金曜日

相模原殺傷事件3年 共生への取り組み(1) 読売新聞 7月26日 金曜日 朝刊 神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から3年.園では今,入所者123人を対象とした「意思決定支援」が進む.重度障害がある入所者たちの意向をく…

相模原殺傷事件3年  ▽被害者家族 風化を懸念:「忘れられると,再び同じような事件が起きてしまうのではないか」 ▽笑顔の娘 誇りだった 母「心の傷」癒えず:心の傷は今も癒えず,事件のことを周囲に話そうとすると激しい動悸が襲う.それでも,心境を明かす決意をしたのは,娘のことを忘れないでほしいと願うから.▽植松被告「死にたくない」:差別的な主張を続ける一方,最近は「死にたくない」とも語り,裁判を気にするそぶりも見せている.読売新聞 7月26日 金曜日

被害者家族 風化を懸念 相模原殺傷事件3年 読売新聞 7月26日 金曜日 朝刊 神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で入所者らが殺傷された相模原殺傷事件から,26日で3年となる. 障害者への差別や偏見を社会に問いかけた事件だが,読…

事件の後,障害のある子どもの地域での暮らしを模索し始めた人がいます.52歳の長女・美志さんには重い知的障害やてんかんの発作があります.一人で介護をしてきましたが,いずれは娘を施設に入れようと考えていました.そのさなかに起きたのが,相模原障害者殺傷事件でした.娘が望む暮らしとは何か.改めて考え始めた久代さん.障害がある人の地域での暮らしを紹介する記事を見つけました.“知的障害があろうと,重複障害があろうと,地域で自立生活を送ることができる” 首都圏ネットワーク 7月26日金曜(2)

首都圏ネットワーク 7月26日金曜 NHK総合1 午後6時10分~ 午後6時52分 今日7月26日は,19人の命日です. (1) 相模原市の知的障害者施設津久井やまゆり園の前です.かけがえのない命が,理不尽な理由で奪われたあの日から3年.現場に設けられた献花台…

相模原市の知的障害者施設津久井やまゆり園の前です.かけがえのない命が,理不尽な理由で奪われたあの日から3年.現場に設けられた献花台には,多くの人が訪れ,犠牲になった19人を悼みました.「障害者というだけで,自分の息子も殺されていたかもしれず,事件を許すことができない」/ 「「笑顔が素敵で,可愛くて仕方がない自慢の娘でした.今も娘に会いたくて会いたくて仕方なく,あの笑顔がもう一度見たいです」「全然,不幸なんかではありませんでした」首都圏ネットワーク 7月26日金曜

首都圏ネットワーク 7月26日金曜 NHK総合1 午後6時10分~ 午後6時52分 首都圏ネットワーク - NHK 今日7月26日は,19人の命日です. (1) 相模原市の知的障害者施設で,19人が殺害された事件から,今日で,3年となりました. 事件の現場となった,施設…

 NHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』はすごかった.何よりも怖ろしかったのは「合法的殺人現場の,人工的明るさと穏やかさ」だ. 1973年のアメリカ映画の中で想像された『未来の安楽死施設』も,現在の安楽死施設も刑場も,『合法的に人を殺す装置を真面目に,人道的に考えると,こういうふうになってしまう』のだ. その形がたまらなく気持ちが悪い.やっぱり不自然なのだ.子供の頃見たSF映画の「公営施設」.現実はもうそこまで来ていた 青木るえか   連載テレビ健康診断 週刊文春2019年6月27日

子供の頃見たSF映画の「公営施設」.現実はもうそこまで来ていた 青木るえか 『NHKスペシャル 彼女は安楽死を選んだ』 連載テレビ健康診断 週刊文春 2019年6月27日 https://www.amazon.co.jp/ NHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』はすごかった. 全身マ…

「無属の人」と「8050問題」 このような事件(川崎殺傷事件)は「拡大自殺」とも呼ばれる.ひろゆき氏は「無敵の人」が増えると予見.私見では,「無敵」というより「無属の人」と呼ぶべき.背景には,個人主義の台頭と「包摂型社会」から「排除型社会」への移行が指摘できる.私たちは三つの「排除への不安」を抱えている.「死にたいなら一人で死ぬべきだ」は社会的排除に苦しむすべての人々の現状を「自己責任」論へと収斂しかねない.「個人的」に「家族だけ」で背負うにはあまりに重い.水無田気流 東京新聞社会時評

「無属の人」と「8050問題」 「家族だけ」では解決困難 水無田 気流 東京新聞 2019年6月12日(水曜日)夕刊 社会時評 「社会から孤立した中高年」を軸に,やりきれない事件が続く.五月二十八日に,川崎市で五十一歳の男が登校時間にスクールバスに乗ろうと…

旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決  慶応大教授・小山剛氏 請求が棄却されたことに原告は不満だろうが,明確に違憲と断じ,立法府に対応を促した判決の意義は大きい.今後も救済立法の不作為を国が漫然と継続した場合には,将来,同様の国家賠償請求が認められうることを示唆している. 立教大教授・関礼子氏 「悪法も法なり」との観点で,差別が正当化された社会の中で声を上げられなかった弱い立場の人たちの置かれた状況を全く踏まえていない. 毎日新聞5月28日  

旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決 毎日新聞2019年5月28日 15時10分(最終更新 5月28日 17時40分) 旧優生保護法を問う:旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 仙台地裁判決 - 毎日新聞 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され…

「あの事件(相模原障害者施設殺傷事件)がきっかけになってるということは間違いない」/ 「与死.終末医療の患者なんかが,対象として想定されている.ナチスドイツにも,日本の優生思想の中にも埋め込まれていた. 13人を2回にわたって,刑を執行するという事があった.相模原の事件に重なる」「在るからには,こうしなければならない,というのが国家の教えであり,さとくんの考えたことではないか.存在物に,意味を強要してはいけないと同時に,その存在を剥奪するのもいけない」 “在る”をめぐって4 辺見庸 NHKこころの時代

“在る”をめぐって4 辺見庸 NHKこころの時代 【出演】作家…辺見庸 【朗読】ミッツ・マングローブ こころの時代~宗教・人生~/宗教の時間 - NHK “在る”をめぐって1 辺見庸 NHKこころの時代 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2019/02/02/000633 …

「あの事件(相模原障害者施設殺傷事件)がきっかけになってるということは間違いない」/  「あの小説においては,敵がいる.書かれていない敵が.それは,おためごかしのこと」「僕らの現実に持っている社会自体が,実は,優生思想的である」「存在っていうのは,悲しいもんだ.明日にはわからない.そこに,善だとか悪だとかを,持ち込む必要はないことではないか」「徐々に,極めてね,極めて徐々に,しかし,極めて確実にね,ディスアピアランスが来る」 “在る”をめぐって3 辺見庸 NHKこころの時代

“在る”をめぐって3 辺見庸 NHKこころの時代 【出演】作家…辺見庸 【朗読】ミッツ・マングローブ こころの時代~宗教・人生~/宗教の時間 - NHK “在る”をめぐって1 辺見庸 NHKこころの時代 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2019/02/02/000633…

「あの事件(相模原障害者施設殺傷事件)がきっかけになってるということは間違いない」/ 「あの夏の日の未明に,ふき上がった血潮に,私たちが染まっていないわけがない」「打ち倒れた人々は,何かを感じてるか,そちら側から眺めようとする努力は,あってもいい」「在るも何も,在っちゃたんだ.はじめもへちまもない.今,在っちゃったんだと.しょうがないじゃないか」「在っちゃうものを,どのように,他者が受容できるかかどうか,ここの問題」 “在る”をめぐって2 辺見庸 NHKこころの時代

“在る”をめぐって2 辺見庸 NHKこころの時代 【出演】作家…辺見庸 【朗読】ミッツ・マングローブ こころの時代~宗教・人生~/宗教の時間 - NHK “在る”をめぐって1 辺見庸 NHKこころの時代 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2019/02/02/000633…

「今日は,最新作の『月』について話してくれという事できたわけですけども」「書いて良かったのか,書くべきではなかったのか」「あの事件(相模原障害者施設殺傷事件)がきっかけになってるということは間違いない」「外側から見るのではなく,内側から見るということをするにはですね,小説という手段,詩という手段を使わなければできない」「全体として,この社会というものが,あの青年を突き動かしたんではないか」 “在る”をめぐって1 辺見庸 NHKこころの時代

こころの時代~宗教・人生~「“在る”をめぐって」1 【出演】作家…辺見庸 【朗読】ミッツ・マングローブ こころの時代~宗教・人生~/宗教の時間 - NHK 辺見庸「皆さん今晩は」「今晩は」 「辺見です.あの〜,子供の頃にですね.今,老人である私のような…

七夕の日,ひっそりと,ある30代の障害のある女性が横浜市内のグループホームに入所した. 二年前に一九名もの障害者が殺害された事件のあった津久井やまゆり園(相模原市)に入所していた女性だ.今,ようやく二人目の地域移行である.「穏やかな素顔を取り戻しました.言葉と一緒に」 津久井やまゆり園での彼女の車いすのベルト固定は「身体拘束」であった.渡邉 琢 「障害者の傷、介助者の痛み」

渡邉 琢 「障害者の傷、介助者の痛み」 青土社 2018/12/10 (帯の言葉: 関係性にとまどいながら,つながり続けるために 相模原障害者殺傷事件は社会に何を問いかけてきたのか. あらためて,いま障害のある人とない人がともに地域で生きていくために何がで…

レーベンスボルン8 NHKBS1「ヒトラーの子供たち」より(3)総集編−2 戦後,レーベンスボルンについて被害を訴え出る女性はいませんでした./おぞましい思想のもと,子供たちを産ませ,母親から子供を奪っていたのに,連合国側はそのことを把握しきれなかったんです./責任者は医師や弁護士として活躍する一方で,レーベンスボルンで発見された子供たちの問題解決には,長い年月が必要でした.ヨーロッパ各国に,生まれも,名前すらわからない子供たちが大勢いたのです.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(3)総集編−2 「ヒトラーの子供たち」より(3)総集編−1 yachikusakusaki.hatenablog.com ナチスの様々な計画は,実は,一つの壮大なたくらみだったのです. その核心にあったのが,ナチスの子供たちを…

レーベンスボルン7 NHKBS1「ヒトラーの子供たち」より(3)総集編−1 ナチスの様々な計画は,実は,一つの壮大なたくらみだったのです. その核心にあったのが,ナチスの子供たちをつくることでした. その子供たちが,いつの日か世界を征服し,ヒトラーこそが英雄だとたたえる日のために.ヨーロッパ各地に建てられたレーベンスボルンは,ゲルマン民族により多くの子供たちを提供し,最強の帝国を作ることを目的としていました.わずか10年で何千人もの子供たちが誕生しました.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(3)総集編 −1 NHKドキュメンタリー - BS世界のドキュメンタリー「ヒトラーの子どもたち」 ヒトラー「ドイツの若者諸君.君たちこそ,国の希望だ.いよいよという有事の際は,我が国の命運を,諸君が担…

“レーベンスボルン”6 NHKBS「ヒトラーの子供たち」より(2)ー4 エリザベスはフランスでアーウィンと再会すると,隠れるように暮らし始めます.レーベンスボルンのことを,話したがる人はいません.そこで生まれた子供たちは恥と見なされたからです.フランスに限らず,ヨーロッパ各国に生まれも,名前すらわからない子供たちが大勢いたのです.皆,見捨てられた子供たちでした.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(2)アーウィン・グリンスキー 4 「ヒトラーの子供たち」より(1)イングリット・デフォー http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/12/24/114002 終戦間近,ドイツ・シュタインへーリングの施…

“レーベンスボルン”5 NHKBS「ヒトラーの子供たち」より(2)ー3 エリザベスは,ドイツのおばを頼ります.1944年7月,親子3人で施設を出ました. たどり着いたドルトムントは,毎日,連合軍の爆撃にさらされていました.ドルトムントのエリザベスにはある不安がありました.レーベンスボルンで生まれた子供たちは,ナチス親衛隊に属していたからです.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(2)アーウィン・グリンスキー 3 NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(1) http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/12/24/114002 終戦間近,ドイツ・シュタインへーリングの施設…

“レーベンスボルン”4 NHKBS「ヒトラーの子供たち」より(2)ー2 「出てきたのは写真の束だったのです」ついに手がかりを発見したのです.ドイツ人の恋人とほほえんでいる母の写真でした.アーウィンはその男性を知りませんでした.「母が笑っているところを生前には見たことがありません」隣に座っているのは,施設を運営していたグルンヴァルト夫妻.グルンヴァルトは親衛隊の軍曹でした.エリザベスは分かっていたはずです.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(2)アーウィン・グリンスキー 2 NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(1) yachikusakusaki.hatenablog.com 終戦間近,ドイツ・シュタインへーリングの施設に入ったアメリカ兵は,300人近い…

“レーベンスボルン”3 NHKBS「ヒトラーの子供たち」より(2)ー1 「役所の記録には1944年に生まれたアーウィン・グリンスキーの名前が書かれていました.その男性に電話をかけたんです」「「ボリスは『自分がどこで生まれたか知っていますか?』と聞きました.私は『ムニエのチョコレート御殿で生まれたとしか聞いていない』と答えました.母はその件について語ろうとしませんでした」ばらばらだった,アーウィンの記憶の断片がつながり,彼の忘れがたい過去がよみがえりました.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」より(1)イングリット・デフォー http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/12/24/114002 終戦間近,ドイツ・シュタインへーリングの施設に入ったアメリカ兵は,300人近い見捨てられた子供たちを発見…

“レーベンスボルン”2  NHKBS「ヒトラーの子供たち」より(1)終戦間近,ドイツシュタインへーリングの施設に入ったアメリカ兵は,300人近い見捨てられた子供たちを発見します.レーベンスボルン計画で初めて作られた拠点施設でした.しかし,終戦後長い間,レーベンスボルンの詳細は不明でした.かなりの年月を経て.クラリッサ・ヘンリーらが,シュタインへーリングにいたイングリット・デフォーとの接触に成功し,彼女宛ての手紙と彼女の記憶から,フランスでのレーベンスボルンを特定し,活動内容を解明します.

NHKBS13/06(木)放映「ヒトラーの子供たち」(Gedeon フランス 2017年). ナチスの施設“レーベンスボルン”(生命の泉)についてのドキュメンタリー番組です. NHKドキュメンタリー - BS世界のドキュメンタリー「ヒトラーの子どもたち」 レーベンスボルン…

“レーベンスボルン”(生命の泉) 私が全く知らなかったこのおぞましいナチスの施設.BS世界のドキュメンタリー「ヒトラーの子供たち」(Gedeon フランス 2017年)は,フランスの “レーベンスボルン”で生まれた二人の人物の生い立ちを通して,レーベンスボルンの全貌に近づいていく好番組.

「ヒトラーの子供たち」(Gedeon フランス 2017年)を視聴しました. NHKBS13/06(木)放映のものを録画. NHKドキュメンタリー - BS世界のドキュメンタリー「ヒトラーの子どもたち」 私が全く知らなかったこのおぞましいナチの施設“レーベンスボルン”(生…

校閲に定評のある新潮社さん,どうして?(エッセイスト・小島慶子)性的少数者に関する知識と人権感覚の欠如/ 同性愛を「性的嗜好(しこう)」と表現していますが,正しくは「性的指向」です. 「生産性がない」など真の保守は言わない(漫画家・小林よしのり) 資本主義の「生産性」を基準に人を見たら,障害者の「生産性」にもつながってしまう.それは「ナチスの優生思想」と同じ/ LGBTが趣味ではなく,少数派の「宿命」であることが分かった今,それは認めるべきで,保守としての新たな常識です. サンデー毎日

サンデー毎日10月14日号 サンデーオピニオン LGBT差別と「言論」 『新潮45』休刊騒動 私はこう考える! ウェブ: サンデーオピニオン:LGBT差別と「言論」 『新潮45』休刊騒動 私はこう考える! ジャーナリスト・江川紹子 - 毎日新聞 サンデーオ…

彼らは,私たちを奮起させる「ために」生きているのだろうか,と. もし今,あのころ一緒に遊んだ養護学級の子どもたちに,何か言うことがあるとすれば,「一緒に遊んでくれてありがとう」以外に,何も浮かばない./ 職場のダイバーシティー(多様性)推進の理想とは裏腹に,この国には悪しき現場主義が横行している. そこにあるのは,理想は実現できないもの,という冷ややかな視線だ.水無田 気流 東京新聞夕刊2018年9月19日

社会時評 「障害者雇用」の二枚舌 横たわる冷ややかな視線 水無田 気流(みなした きりう) 東京新聞夕刊 2018年9月19日 一九七〇年代半ばすぎ.私の通っていた相模原市の小学校には,養護学級が一クラスあり,昼休みによく遊びに行った. 緑色の軟らかい絨…

時代の風 追悼文見送りを巡って=中島京子・作家 人類とは,そういう場所,そういう状況に置かれると,とんでもない犯罪に手を染めてしまうものだと,学ぶべきなのだ./ ---デマに踊らされず,虐殺の悲劇から朝鮮人を守った日本人もいると知ることができる.そこにこそ,希望があると気づくべきだ.人類は,そういう状況に置かれてすら,とんでもない犯罪に手を染めないこともできるのだと.人類の愚かしさが引き起こす犯罪に関しては,過去の過ちから正しく学ぶ以外に,希望のもちようがない.毎日新聞2017年9月17日

関東大震災 デマで虐殺…朝鮮人慰霊式典 都知事,追悼文送らず 毎日新聞2018年9月2日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180902/ddm/041/040/094000c 1923年の関東大震災から95年となった1日,震災直後に「朝鮮人が放火した」などのデマを信じ…

「福島のこの子らに,この(原発事故の)内部被ばくで,子どもが産めるんでしょうかとか,この子らは結婚できるんでしょうかとか,普通に飛び交ってて------(障害者が)できる前に予防せなあかんということにつながるわけでしょ?みんなの心の中にあるのが,ここに来て吹き出たんやなと思った」 / 「この裁判,勝ったとしたら,終わりますか?」「心が晴れることはないです.人生がなくなってるんですもん.消えることはないです.これは」  「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」5

NHK ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」5 「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」3 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/08/23/002022 「不幸な子どもの生まれない運動」.運動の目的は,安全なお産の普及と障害児が生…

障害者への不妊手術によって,障害のある子どもの誕生を防ごうとした旧優生保護法.1972年の改正案はそれに加えて,胎児に障害が見つかれば中絶してもいいと明確に定めるものでした.障害者団体は猛抗議.法律の改正は見送られ,優生保護法が障害者を差別しているという認識を広げていきます.「私たち,障害者を見て,『あんな姿になったらおしまいや』とか,勝手に人のこと」「不幸であるかないかは,本人が決めることであって,他人が決めることではありません」NHK ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」4

「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」3 http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/08/23/002022 yachikusakusaki.hatenablog.com 障害者が生まれないことを目的とした優生保護法. 1960年代後半,不妊手術以外にも障害者の誕生を妨げる手段…

「不幸な子どもの生まれない運動」しかし,兵庫県のこの運動は,障害者本人たちからの激しい反発を引き起こします.抗議活動を行った古井正代さん.脳性マヒと診断された一歳半の時.母親は障害を悲観し,古井さんに手をかけようとしたといいます.「生きてる障害者を殺すのも,お腹の中で(障害が)わかって殺すのも,いらない存在やと思うから殺すわけでしょ.いる存在やったら誰も殺さへんわけや」NHK ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」3

NHK ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」3 ETV特集 - NHK NHK ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」1 「何も告げられないまま子どもをうめなくされたんで,ずっと今日に至るまで,毎日苦しい思いできたんで,うん----(涙)…