2020-10-03から1日間の記事一覧

カリテス5 ボッティチェッリの「春 」に描かれた三美神〈愛〉〈貞節〉〈美〉は,ルネサンス期のネオプラトニズムの影響下で描かれています.「〈貞節〉は〈愛〉を拒否しようとする.〈愛〉は〈貞節〉を無視しようとする.〈美〉への憧れに支えられたとき〈愛〉と〈貞節〉は矛盾なく結びつく」そして,ボッティチェッリは,冷ややかな〈貞節〉を激しい〈愛〉の世界に引き入れようとする瞬間を描きます.モティーフも古代のものをそのまま借りるのではなく自身の創意によるものでした.

カリテス5 初期ルネサンス期を代表するボッティチェッリの「春 プリマベーラ」. Primavera (painting) - Wikipedia ここに描かれた三美神は,左から, アモール〈愛〉/〈愛欲〉 カスティタース〈貞節〉 プルクリトゥード〈美〉 これは,ジョヴァンナ・トリ…