2019-12-31から1日間の記事一覧

生産性がないと存在しちゃいけないという空気が社会にあり,「いつかこんな事件が起きる」と予兆のようなものを感じていました.マイノリティー性や弱者性がある人は,特権を得ているように見られている.かたや苦しいのに何の支援も受けられないと感じている人がいる.全員が「負けたら死ぬ」というゲームに強制参加させられている状況です.ゲームの怖ろしさを自覚すれば,そこから降りたり引いてみたりできます.競争の怖さ 自覚を 雨宮 処凜さん 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞

競争の怖さ 自覚を 作家 雨宮 処凜さん(44) 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞 2019年12月27日(金) 生産性がないと存在しちゃいけないという空気が社会にあり,心のどこかで「いつかこんな事件が起きる」と予兆のようなものを感じていました. 周…