2019-12-30から1日間の記事一覧

植松聖被告の考えと我々が思ってしまっていることの間に,そう距離はない.事件の根には「社会に対する無駄な危機感」があります.「世の中が悪くなる」という話が本当なのか問わねばなりません.優生思想を根絶できなくても,弱くすることはできます.してはならないことがあることは認めさせる.同時に漠然と抱いてしまっている不安・危機感に対して冷静になり,考え,落ち着く.両方が大切と考えます.誤った危機感 検証を 立岩慎也さん /相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞

誤った危機感 検証を 社会学者 立岩慎也さん(59) 相模原事件を考える 公判を前に 毎日新聞 2019年12月26日(木) 人を殺傷してしまったのは特異ですが,植松聖被告(29)の考えと我々が思ってしまっていることの間に,そう距離はない. 事件の根には「社会…