2019-12-27から1日間の記事一覧

「意思疎通がとれない人は居てもらっては困る」.植松聖被告(二九)は,裁判員裁判でどうしても訴えたいことを尋ねた際に,これまで通りの発言をくり返した.接見したのは十一日.長男が重度の自閉症という神戸金史さん.今年二月の最後の接見では「すぐに安楽死させるべきだった」と強弁した.「感情がこもった言葉で,憎悪を感じた」.ノンフィクションライター渡辺一史さん「自分の説を堂々と展開すればいいのに,当初の発言と比べて熱がないと感じる」 差別の深淵 「やまゆり園」公判を前に ㊤ 東京新聞

差別の深淵 「やまゆり園」公判を前に ㊤ 強弁,ゆらぎ--- 見えぬ本心 幼少期,家族 接見に語らず 東京新聞2019年12月25日(水曜日) 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で,入所者十九人が殺害され,職員を含む二十六人が負傷した事件から三年余…