2019-01-19から1日間の記事一覧

七夕の日,ひっそりと,ある30代の障害のある女性が横浜市内のグループホームに入所した. 二年前に一九名もの障害者が殺害された事件のあった津久井やまゆり園(相模原市)に入所していた女性だ.今,ようやく二人目の地域移行である.「穏やかな素顔を取り戻しました.言葉と一緒に」 津久井やまゆり園での彼女の車いすのベルト固定は「身体拘束」であった.渡邉 琢 「障害者の傷、介助者の痛み」

渡邉 琢 「障害者の傷、介助者の痛み」 青土社 2018/12/10 (帯の言葉: 関係性にとまどいながら,つながり続けるために 相模原障害者殺傷事件は社会に何を問いかけてきたのか.あらためて,いま障害のある人とない人がともに地域で生きていくために何ができ…