2018-08-19から1日間の記事一覧

ベートーヴェン第九交響曲 吉田秀和 終楽章にはじめて歌が導入されてくる.この歌は,精髄をつくした三つの楽章が終わった.その地点で,はじめて存在理由が生まれてくる.歌声がはじまったとき,私たちが覚えるあの感動は,その動かせない証拠である. そして「歌いたい人は,みんな来たまえ!誰にも歌えるはず」と,この音楽は,いっているのではないだろうか?」「人間はみんな兄弟になる.この輪踊りに参加したまえ」 +特別な日・霊園のサルスベリ・アベリア・ヘクソカズラ

8月18日.今日は,私にとって特別な日. そして,昨日まで四連続でNHKBS1スペシャル「鳴門の第九 歌声がつなぐ日独の100年」を取り上げていたこともあって, http://yachikusakusaki.hatenablog.com/entry/2018/08/15/004337 http://yachikusakusaki.hate…