2018-06-15から1日間の記事一覧

1984年,旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的で解剖し,脳の検査をしていたこと告発された. 女性は出産を望み,解剖にも同意していなかったことから「人体実験」と非難された. 調査を終えた学会は,「強制入院を背景に同意を強要した」と結論づけた.精神科医の星野征光さん「医者と患者の権力関係を利用し,中絶に持っていった」児童精神科医高岡健さん「主治医は,患者の意向より実験の利益を優先させた」 科学の名の下に・旧優生保護法を問う /5 毎日新聞2018年6月8日

科学の名の下に・旧優生保護法を問う /5 中絶胎児を「研究解剖」 毎日新聞2018年6月8日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180608/ddm/041/040/144000c mainichi.jp 岐阜大付属病院で1984年,旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的…