2018-06-12から1日間の記事一覧

日本精神神経学会の幹部(75)が後悔を口にした. 「障害者の処遇改善に取り組んできたつもりだが,優生保護法は過去の遺物という認識だった.最近報道される事実には驚くばかり.本当の姿が見えていなかった」 / 岡田靖雄さん(87)は,被害者による集団訴訟が起こされ,国会議員らが救済策を検討している現在も,学会は旧法下の自らの責任に向き合っていないと歎いた.  科学の名の下に・旧優生保護法を問う /2 毎日新聞2018年6月5日 

科学の名の下に・旧優生保護法を問う /2 見過ごした精神学会 毎日新聞2018年6月5日 東京朝刊 https://mainichi.jp/articles/20180605/ddm/041/040/048000c 会員数1万7000人を誇る精神医学の分野で国内最大の学術団体,日本精神神経学会の幹部(75)…