2018-03-29から1日間の記事一覧

相模原のような悲劇 繰り返さぬために--- 義姉「優生思想 考えるきっかけに」 / 旧優生保護法で初弁論、仙台地裁 東京新聞(夕刊)2018年(平成30年)3月28日.  妹が手術された年齢に驚いた.当時の法律でも結婚ができない15歳だった.「ひどい……」.言葉が続かないほど怒りに震えた.厚労省に実態調査を求めた.しかし,応対した担当者は「当手術は適法に行われた」と繰り返すばかりだった.そのかたくなな態度は,現在に続く障害者差別の「元凶」のように思えた.「もう,提訴しかない」/ 強制不妊手術

不妊手術、国は争う姿勢 旧優生保護法で初弁論、仙台地裁 www.tokyo-np.co.jp http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018032801001033.html 東京新聞(夕刊)2018年(平成30年)3月28日(水曜日) 仙台地裁 全国初訴訟弁論 不妊強制「救済怠った」 旧優生保…