2017-08-15から1日間の記事一覧

浦上は古くからキリシタンが集中して暮らしていた地域でした. 1万2000人のカトリック信者の内,8500人が原爆で亡くなりました.その南の外れに被差別部落がありました. 1000人の住民の内,およそ300人が亡くなり,300人が行方不明になりました.「浦上のピカドンと言われよった.差別があったと.原爆というのは隠す.隠し通した.必死に」「学校に入ったときに,『原爆』という名前が私の代わりです.被爆者を見て差別をする.長崎の被爆も差別があったんです」NHK“原発と沈黙 〜長崎 浦上の受難〜”より(1)

8月9日長崎に原子爆弾が投下されて,72年がたちました. 長崎市長田上富久さん「私たちは決して忘れません.1945年8月9日午前11時2分,今私たちがいるこの丘の上空で,原子爆弾が炸裂し,15万にもの人々が死傷した事実を」 式典が行われた長崎浦上は,原…